「ハリケーンアワー」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

ハリケーンアワーの紹介:2013年公開。巨大ハリケーン「カトリーナ」に襲われ、都市機能が麻痺した中、生まれたばかりの娘を助けるために奮闘する父親の姿を描いた作品。主演・製作総指揮は「ワイルド・スピード」シリーズのポール・ウォーカー。巨大ハリケーンのカトリーナが猛威をふるう中、早産で病院に運ばれたノーランの妻、アビゲイル。ノーランが見守るが、彼女は命を落としてしまう。娘は無事だが人工呼吸器につながれている状態。一部患者の避難に行った医者や看護師が戻ってこず、ノーラン達は病院に取り残され、人工呼吸器のバッテリーが切れるのだった。

予告動画

ハリケーンアワーの主な出演者

ノーラン・ヘイズ(ポール・ウォーカー)、アビガイル・ヘイズ(ジェネシス・ロドリゲス)

ハリケーンアワーのネタバレあらすじ

【起】- ハリケーンアワーのあらすじ1

ニューオリンズでは巨大ハリケーン「カトリーナ」が猛威をふるいながら迫ってきていました。その頃、5週間後に出産予定で痛みを訴えるアビゲイルは夫のノーランに付き添われて、病院に搬送されてきます。
一階のロビーで妻と子の無事を祈るノーランでした。しかし、カトリーナの猛威は病院の窓を破壊します。ロビーで待っている人は2階へと避難を言われます。
2階のロビーで待っていたノーランに担当医師のエドモンズが話しかけてきます。娘は生まれましたが、アビゲイルは肝臓が持たなくて死亡したことを伝えられます。
娘は自分で呼吸ができないため、人工呼吸器に繋がれて個室に運ばれていました。48時間後には外せるとエドモンズ医師は言います。
ノーランはアビゲイルに会いに霊安室に入ります。人手不足なため、床に遺体が置かれていました。病院の職員に、せめて上に乗せてくれと頼みます。
アビゲイルの死に納得できないノーランは、彼女の留守電を何度も聞いています。そしてアビゲイルと出会った頃の事を思い出しては悲しみます。ついに携帯電話が圏外へとなってしまいます。

【承】- ハリケーンアワーのあらすじ2

娘の担当看護師のシェリーがやってきます。娘の出生証明書にアビゲイルと名前をつけるノーランでした。停電を心配したノーランにシェリーは自家発電に切り替わる事、人工呼吸器には予備バッテリーがついていることを説明します。
病院では人手不足なこともあり、一部の患者を大病院に移そうとしていました。エドモンズ医師も子供の患者を抱いて向かいます。また戻ってくると言われてノーランは納得します。
看護師達が食料を持って行ってしまったため、ノーランは食堂に行っても食べる物がありませんでした。これから移動するコックが少し食料を分けてくれ、自販機用に小銭を両替してくれます。
病院は停電して真っ暗になります。人工呼吸器は予備バッテリーに切り替わりますが、故障しているのか3分でバッテリー切れを起こす表示が出ます。
ノーランが懐中電灯で辺りを捜索すると、手動式のバッテリーを見つけて人工呼吸器に装着します。起動しますが、充電ができずに3分ごとに手動でハンドルを回さなければならなくなります。
病院には人の気配が全く無くなります。ノーランが大声で叫ぶと、子供を避難させているシェリーが現れます。エドモンズ医師は堤防が決壊して戻ってこれなくなったと話します。

【転】- ハリケーンアワーのあらすじ3

手動式のバッテリーや人工呼吸器は重くて運ぶことは困難でした。避難ができないため、シェリーが助けを呼びに行ってくれます。
再度ノーランにピンチが訪れます。娘の点滴が切れかかります。薬品保管室を破壊して、中から点滴を取り出します。
何とか付け替えることに成功します。しかし、バッテリーが充電するごとに2分50秒、40秒と減っていくことが分かっていきます。
カトリーナによって道路は水で溢れかえり、住民達の孤立状態が続きます。無線機なら助けを呼べると考えたノーランは外の救急車に行きます。無線機を発見して話しかけますが、つながりませんでした。
次にノーランは発電機を動かそうと考えます。水浸しの発電機を見つけてスイッチを入れると感電して気絶します。しばらくして目を覚ましたノーランは急いでハンドルを回して、娘は助かります。
すると外からヘリが飛んでいる音がしてきます。屋上に上がって発煙筒で合図するノーランでした。しかし、隣のビルの屋上から男がヘリを銃で撃ちます。人数が多い事もあり、ヘリはそちらに向かいます。
どうやらニュースでは男が看護師を人質にとって、救助を無理やり要請した様子です。

【結】- ハリケーンアワーのあらすじ4

再度娘の病室に戻ったノーランは物音を聞きます。向かうと救助犬を発見して、腕にからまった縄を解いてあげます。
救助犬をシャーロックと名付けて餌をあげます。空になった点滴袋を投げて遊んであげます。
すると銃を持った男が近づいてきます。救助を頼んでも、男はノーランの食料を奪うだけでした。シャーロックが男を追い払って追いかけていきます。
置いて行った男のバッグから点滴が出てきます。そして辺りを捜索すると点滴をもったシェリーが死んでいるのを見つけます。ノーラン達を助けに戻ってきていたシェリーは男に殺されたのです。
寝ずにハンドルを回しているノーランは限界がきていて、薬品室からアドレナリンを取って自らに注射します。バッテリーの充電が1分30秒ごとになり、ノーランは頑張ります。
食料をあさりにきた強盗まがいの新たな二人の男がやってきます。隠れたノーランは薬品に夢中の一人を注射して気絶させます。娘に目がいったもう一人を奪った銃で殺します。
限界にきたノーランはバッテリーのハンドルを壊してしまいます。48時間が経とうとしていて、ノーランは娘に人工呼吸をします。
倒れたノーランにシャーロックが助けを呼んできてくれます。娘が産声をあげて一緒に救助されてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は手動式のバッテリーを3分ごとに回さなければならない事と、助けを呼ぶ事を同時にしなければならないスリルあふれる展開を描いている所だと思います。バッテリーが徐々に充電時間が減っていくこともスリルを高めていて、見ていてノーラン急げ急げ~と何度もハラハラしながら心の中で思いました。
特にハラハラした場面は、発電機に感電して気絶した時です。もうあの時は駄目だと思いましたが、ワイルドスピードに出演しているポール・ウォーカーだけあって、ワイルドなスピードで気絶から回復してくれて、さすがだと思いました。
また、シャーロックの賢さには感心させられました。最後に救助を呼んできた場面はすごいワンコだと思いましたし、助かったノーランと娘の姿には感動しました。
アクションものを予想していた映画でしたが、娘を救う父親を描いている作品でハラハラドキドキもして面白かったです。ノーラン役のポール・ウォーカーは交通事故で亡くなられてしまって、彼の演技を見られる貴重な映画の一つです。多くの人に見てもらいたい映画になります。
印象的だったのは、災害が起こった時の人間達の非道さが映し出されているニュース映像でした。こうならないためにも、災害が起こった時の備えをきちんとしておくべきだと痛感させられました。この映画を見て、防災グッズや食料を買っておかなければと改めて認識しました。

映画の感想を投稿する

映画「ハリケーンアワー」の商品はこちら