「ハンニバルライジング」のネタバレあらすじ結末

ハンニバル・ライジングの紹介:2007年公開のアメリカ・イギリス・フランス合作映画。「ハンニバル・レクター」シリーズ4作目となる同名小説の映画化。レクター博士の幼少期から青年期にかけてを描く、時間軸では1番目の作品。

この映画を無料で観る

予告動画

ハンニバルライジングの主な出演者

ハンニバル・レクター(ギャスパー・ウリエル)、レディ・ムラサキ(コン・リー)、グルータス(リス・エヴァンス)、ドートリッヒ(リチャード・ブレイク)、コルナス(ケヴィン・マクキッド)、ミルコ(スティーヴン・ウォーターズ)、ポピール(ドミニク・ウェスト)

ハンニバルライジングのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①終戦直前のリトアニアで戦争で両親を失ったハンニバルは、妹・ミーシャと隠れ家で過ごしていた。そこへ6人のドイツ協力者がソ連から逃げこむ。空腹に耐えかねた連中はミーシャを殺して食べ、ハンニバルは記憶を失う。 ②医学生となり記憶を取り戻したハンニバルは、復讐相手5人の手掛かりを得た(仲間の1人が認識票を持ったまま屋根の下敷きになったのを思い出し)。認識票から名を知ったハンニバルは全員に復讐した。

【起】- ハンニバルライジングのあらすじ1

1944年、リトアニア。
幼少期のハンニバル・レクターは、両親と妹・ミーシャと4人家族でした。元は名門貴族のレクター家は裕福で、レクター城に住んでいます。
ハンニバルは妹・ミーシャといつも一緒に遊んでいました。「M」という文字を地面に書いて「ミーシャのM」と教えます。
第二次世界大戦の終末期、東部戦線での戦いが厳しくなったリトアニアでは、空襲がひどくなっていました。
ある時、両親は身の回りの荷物と財宝を持って、山の奥にある隠れ家に避難します。城が大きいので狙われやすく、隠れ家だと命の危険がないと思われました。
国道沿いでは敵軍・ナチスドイツが迫っていました。ユダヤ人を引き立てて、殺す命令をしています。
レクター家の山の隠れ家にソ連軍の戦車がやってきました(当時リトアニアはソ連から独立しているが、再び侵攻されていた。ドイツもリトアニアに侵攻、ドイツもソ連もリトアニアを狙っている)。
ソ連兵は両親を引き立てて水の補給を要求すると、子どもたち2人は家の中に入るように告げます。これが運命の分かれ道でした。ハンニバルとミーシャは家に避難します。
その時、ソ連軍の戦車がドイツ軍の軍用機を見つけ、銃撃を開始しました。軍用機も撃ち返し、銃撃戦が始まります。
ドイツ軍用機は撃墜され、ソ連軍の戦車のところに墜落しました。戦車も軍用機も炎上します。
ソ連兵はハンニバルの母たちをかばってくれていましたが、炎上に巻き込まれました。両親共に亡くなります。
ハンニバルとミーシャのみ生き残りましたが、まだ幼いハンニバルはどう生き延びればよいのか分かりません。
そのまま隠れ家でひっそり暮らしていた2人のところへ、ある時ドイツに協力していたリトアニア市民の男たちがソ連軍から逃げてやってきました。彼らは隠れ家で過ごそうと考えます。
リトアニアは北部の国なので、夜はうっすら雪が積もりました。野犬もいるので、安全な隠れ家が身を隠すのにうってつけだと彼らは考えます。
隠れ家に住んでいるのが子どもだけだと知ると、彼らは横柄な態度を取りました。
ハンニバルは妹・ミーシャを人質に取られ、抵抗すると妹を撃つぞと言われます。
金目のものを奪い、ハンニバルたちの持っていた食糧を食べつくした男たちは、やがて妹・ミーシャの頬や腕の肉を触り始めました。そしてメンバーの中でリーダー格の男性・グルータスが決断を下します。
彼らは妹・ミーシャを殺してその肉を食べました。ハンニバルはそのつらい過去から逃避するために、この当時の記憶を失ってしまいます。
(注:劇中で少し触れられるのだが、ハンニバルが住んでいたこの地域では元々古くからカニバリズム・食人の習慣があった模様。だから空腹をまぎらすためにすぐに食人行為に発想が及ぶのは不自然ではないようだ)
男たちは6人ほどいました…。

それから8年後。
第二次世界大戦も終わり、リトアニアはソ連の支配下に置かれていました。10代半ばとなったハンニバルは戦争孤児として、他の戦争孤児同様に同じ場所に収容されています。
その場所はよりにもよって、レクター城でした。レクター城はソ連に召し上げられ(奪われた)収容所として利用されています。
他の仲間たちからは、ハンニバルは聾唖者(ろうあしゃ 口のきけない者)と思われていました。極端に無口だからです。
夜毎ハンニバルは、8年前の悪夢の出来事の夢にうなされていました。その時だけ、大きな悲鳴を上げます。
夜中に騒ぐハンニバルを快く思っていなかった仲間と乱闘になったハンニバルは、相手にケガを負わせました。その少年に地下牢へ閉じ込められたハンニバルは、なつかしい自分の両親の私物を見つけます。
母宛の手紙の束の中に叔父の封書を見つけたハンニバルは、そこへ向かうと決めました。
勝手知ったる自分の城なので、地下牢に閉じ込められても抜け道を知っています。そこを通って地上に出たハンニバルは、列車に乗ってフランスのパリ南西部にあるエタンプに行きました。
該当の住所に行き、手紙を見せると相手は理解してくれました。
しかし叔父のロベール・レクター伯爵は1年前に他界しており、結婚相手の日本人女性レディ・ムラサキしかいませんでした。若くして未亡人となったムラサキは、華奢で美しい女性でした。快く甥を迎え入れます。
夜になるとうなされるハンニバルを見たムラサキは、心に傷を負っているのだと理解しました。自らも広島の原爆で故郷の家族、親族を失ったムラサキも天涯孤独で、ムラサキはハンニバルと深い絆で結ばれます。
ハンニバルは叔父宅でムラサキが持ってきた日本の武具を見ました。鎧兜やさまざまな日本刀…特に日本刀は丁子油(ちょうじあぶら クローブ)で手入れをしないと錆びてしまいます。
日本の文化に興味を持つハンニバルに、ムラサキは戦国時代の絵巻も見せました。大坂の陣の戦いを描いた絵巻を見せながら、敵の大将の首を刎ねて掲げる戦国武将の話をします。
ムラサキはハンニバルに剣道も教え、鍛えました。 この映画を無料で観る

【承】- ハンニバルライジングのあらすじ2

ムラサキと市場に出かけた時、肉屋の男性ポール・モマンに「日本人」とムラサキがバカにされているのを見たハンニバルは、ムラサキが汚(けが)されたような気がして腹を立てました。市場で乱闘騒ぎを起こします。
数日後ポールが釣りをしているところを襲い、斬首して魚と共に持ち帰りました。魚はその日の晩餐に、ポールの首はムラサキへのプレゼントとして、ムラサキの武具を置く場所に飾ります。
ポールの首なし死体の捜査担当となったポピール警視は、数日前のポールの喧嘩を聞きつけ、喧嘩相手の青年・ハンニバルを同行して聴取しました。
嘘発見器にかけられたハンニバルですが、犯行を否定しても機械は無反応です。
ポールとの諍い、犯行があった日の夕食が魚料理だったこと…すべて状況はクロを示していながらも、年齢に似合わず落ち着き払ったハンニバルを見て、ポピール警視は「ハンニバルは要注意人物だ」と思いました。
ポピール警視がハンニバルの聴取をしている間、騒動が起きます。
バイクに乗った黒づくめの人物が広場の中央に、ポールの生首を置いたのです。額の中央にはナチスドイツのマークが付け加えられていました。ムラサキの仕業です。
ポピール警視とハンニバルが話している間の出来事だったので、ハンニバルのアリバイが立証されました。ポピール警視はハンニバルを解放しますが、以後も目をつけます。

その後、ハンニバルは医学校に最年少で入学を果たしました。実務奨励生です(医学校の仕事を手伝えば学費は無料という扱い)。
同じ時期、ムラサキも叔父の館を手放さなくてはならなくなり、ハンニバルと共にムラサキもエタンプからパリへ引っ越しました。ハンニバルは医学校近くの下宿に、ムラサキもパリ市内の別の場所に暮らします。
聖マリー医学校の解剖室の担当を、ハンニバルは任されました。
深夜に作業をしていると、そこでポピール軽視と再会します。ポピール警視は容疑者ルイに自白剤を使っていました。
(注:自白剤は致死性の高いものも多いので、本来警察側が使うことはない。ポピールは悪人なのに戦後ベルヴィルの市長として成功している人物の捜査を進める最後の手段として使用したものと思われる)
その人物はその後、死亡しました。
なるほどと思ったハンニバルは自白剤を持ち帰り、自分に打ってみます(死ななかったのは薄めたのではないか)。
そして戦争末期の、失った記憶を取り戻そうと自分に問いかけました。効き目があり、その当時のことを思い出したハンニバルは、憎い相手5人の男性の顔を思い出し、精巧な絵を描きます。
(映画『羊たちの沈黙』でも絵が達者だと分かるハンニバル。この頃から既に絵は上手だった)
本当はその当時、男は6人いました。しかしその中で眼鏡の男性だけはハンニバルたちに優しく、ミーシャを殺害する時も消極的でした。
この眼鏡の男性は、空爆で隠れ家が倒壊した時に逃げ遅れ、屋根の下敷きになって死亡します。
そして最も重要なのは、その時の会話の応酬で、眼鏡の男性が他のメンバーの認識票を運ぶ係だったことです。バッグに入れたそれを運べることなく、眼鏡の男性は下敷きになって死にました。つまり、隠れ家に行けば、他の5人の名前が手に入るかもしれないのです。
ハンニバルは早速次の休みを利用して、ソ連国境メディニンカイでパスポートを提示しました。その時の入管局の軍人が、実はメンバーの1人・ドートリッヒなのですが、ハンニバルは知りません。
ソ連リトアニア、カウナス地方に行ったハンニバルは、隠れ家に移動しました。ドートリッヒが尾行します。
隠れ家はまだそのままの状態でありました。母親が隠していた真珠を回収し、妹の形見のくまのぬいぐるみを手に取ったハンニバルは、襲ってきた男性・ドートリッヒを気絶させます。
その後、目的の認識票の入ったバッグを手に入れたハンニバルは、妹・ミーシャの小さな頭蓋骨を埋めて供養しました。
ドートリッヒは太い縄で身体を樹に結びつけられています。
ハンニバルはドートリッヒの身体の縄の一部を首にかけ、さらに反対側の縄の先端を見せます。
それはちょうど首吊り用の縄に見えました。ドートリッヒは仲間の現在の居場所を吐き始めます。
メンバーの1人はすでにカナダに移住していると言い、ミルコは死んだ(これは嘘)と言います。リーダーのグルータスについては「知らない(これも嘘)」と言いました。
首吊り用の縄に見えていたその太い紐を、ハンニバルはドートリッヒが乗ってきた馬につけます。そして口笛を吹き、ゆっくり移動させました。馬が遠ざかるにつれ、ドートリッヒの身体に巻かれた縄が縛り上げられます。首にかけたところはより一層強く締まります。

【転】- ハンニバルライジングのあらすじ3

「コルナスに聞け。奴が知ってる。フォンテンブロー(フランス)にいる」とドートリッヒは言いますが、ハンニバルは馬を引導してドートリッヒの首を切り、殺します。
その後、山で採れたキノコと一緒にドートリッヒの頬肉を焼き、食べました。
切り株の上に飾られたドートリッヒの首を見た地元警官は、猟奇事件と思って捜査を開始しますが、その頃ハンニバルはとうにフランスに戻ったあとでした。

戻ったハンニバルの下宿にムラサキが訪ねてきました。ハンニバルはムラサキに、妹を殺した相手の名前が分かったと言います。
コルナスという名ではなく別人の名で営業許可証が出されていましたが、コルナスの料理店を見つけました。その店は生きたコマドリを飼っており、客の注文に応じてその場で殺して出すお店です(生きたコマドリがたくさん飼われていることは覚えておいてください~、あとで出てきます)。
客として店に行ったハンニバルとムラサキは、ちょうど店主・コルナスが帳簿を見に立ち寄った現場に出くわしました。コルナスは結婚し、妻と一男一女に恵まれています。
口笛で気を惹かせて娘・ナタリアを近づけたハンニバルは、妹・ミーシャのブレスレットがナタリアの手首にかかっているのを見つけました。やはりあの時の人物です。
確信したハンニバルは、認識票の半分をナタリアに持たせました。
(認識票と言っても紙製のものではない。金属でできている半円形のもの。直径5cmほどの半円で厚みは3mm、円の中央に近い場所に紐を通す穴がついている。2つで1セット)
認識票を見たコルナスは、あの時の少年が復讐に来るのかもしれないと思い、生きているミルコ、リーダーのグルータスに連絡を取りました。
ドートリッヒからハンニバルのパスポート写真を手に入れていたグルータスは、ミルコへ尾行しろと言います。
ミルコは尾行してムラサキの写真も撮りました。

深夜に医学室にいたハンニバルに、ミルコが近寄ります。ミルコはハンニバル銃殺を狙いますが、ミルコが侵入時に開いた窓から風が入り込み、その風でハンニバルに気づかれました。ミルコは注射を打たれ、気絶します。
ミルコが目覚めると遺体と一緒のホルマリンプールに漬けられていました。ハンニバルはミルコにグルータスの居場所を吐かせると、プールに閉じ込めて溺死させます。
その後、首を切断して頬肉を食べ、口に認識票を咥えさせて頭蓋骨を焼却しました(身体の方をどうしたかの描写はないが、検体を扱う解剖室の担当なので、いかようにも処理できそう。頭蓋骨も本当は焼かなくても処理できるが、焼くことによって復讐の意思を強く表した)
ポピール警視が現れ、ハンニバルの下宿にあった似顔絵や認識票について問いました。ハンニバルはとぼけます。
ポピール警視はうすうす感じているので「フランスで殺したら死刑台行きだ」と警告します。ハンニバルの生まれ育った地域に、もともと『人肉食い(カニバリズム)』の習慣があったことを挙げますが、それでもハンニバルは知らんぷりをしました。
ハンニバルが復讐を誓う5人は「グレンツ(現在はカナダに移住)」「コルナス(こまどりの店の店主)」「グルータス(リーダー)」「ドートリッヒ(ソ連でハンニバルが殺した)」「ミルコ(ポピール警視と話している現在、ホルマリンプールに漬けて溺死させている最中)」なのですが、このうちのリーダー・グルータスはとびきりの悪党で、ポピール警視も追っている相手なのです。
グルータスはユダヤ教司祭の首を切り、ロマの子どもたちを射殺し、戦後の裁判にかかった時には証人に硫酸を飲ませて口を封じた人物でした。
ポピール警視はハンニバルにその当時のことを供述するよう要求し、ハンニバルはそれに応じます。

グルータスたちは当初、軍隊に見つかったときの隠れ蓑としてハンニバルとミーシャを捕らえていました。続いてハンニバルに言うことを聞かせるためにミーシャを盾に取り、最後にミーシャを殺して食べたのです。
そのことを話したハンニバルは「妹のために復讐する」と言いますが、ポピール警視は「私が裁く」と答えました。
帰るハンニバルを見送りながら、ポピール警視は「雪原で妹が死んだ時に、ハンニバルの心も死んだのだ。では今のハンニバルはなんだろう。モンスターだ」と思います…。
ムラサキもハンニバルを心配していました。復讐などせず、警察の手に委ねろとキスをし、色仕掛けで迫りますが、ハンニバルは拒否しました。
(ハンニバルとムラサキの関係も謎のまま。但し男女の仲という感じではなさそう。
むしろお互い大事な家族を失い天涯孤独の身となった境遇同士の絆を深く感じる。
2人の間には互いを敬う雰囲気もあり、それは後のハンニバルのクラリスへの態度に似ている。
どちらかというと年の離れた姉弟といった関係に近い。親しげではあるが、ムラサキが色仕掛けをしたのは、このシーンのみ)

【結】- ハンニバルライジングのあらすじ4

グルータスの別荘を知ったハンニバルは、そこに乗り込みます。浴槽に浸かっているグルータスの湯船に油を撒いて、ライターで火をつけようとしたハンニバルですが、護衛の男2人に拘束されました。
「愛する妹が空腹なら、俺を食わせたいか?」とグルータスは質問し、ハンニバルが肯定すると「同じことだ。愛だよ。俺は愛する自分のために食べた」と言います。
ハンニバルの頬をつまみ「痛くないだろう」と確認させます。そして手下にハンニバルの顔を切るように命令しました。
その時、グルータスが入ると言って奴隷の女性が用意していたスチームサウナが発火します。ハンニバルが簡易的な時限装置を作っており、ビニール手袋に水滴がたまったら油が落ち、下に置いてある火薬に引火するようにしていました。サウナが爆発し、停電が起きます。
さらにグルータスが吸っていた煙草の吸殻が、浴槽の油に引火しました。奴隷の女性が邪魔なのでグルータスが射殺している隙に、ハンニバルの姿を見失います。
グルータスの別荘は大爆発し、炎上しました。

グルータスはハンニバルに電話をかけ、ムラサキを人質にとっていると言います。
ムラサキの声の背景にコマドリの声を聞いたハンニバルは、ムラサキが監禁されている場所がコルナスの店だと知りました(お店で生きたコマドリを大量飼育し、注文が入ると殺す、あの鳥)。
グルータスは認識票を指定した場所へ持ってこいと命令しますが、ハンニバルは言う通りにしません。一旦家に戻り短剣を背中に忍ばせると、ムラサキが拉致されている店に行きました。
グルータスは電話の後、ムラサキを引き立てて自分の経営する船に乗せます。グルータスは奴隷の女性を船に乗せ、売春宿のような商売もしていました。
コルナスのところへハンニバルが行きます。コルナスは全く身に覚えがない、知らないととぼけますが、ハンニバルはかつて妹・ミーシャのブレスレットだった、現在はコルナスの娘・ナタリアがつけているブレスレットを見せながら、「この肉を持ってきた」と言います。
それを見てコルナスの血相が変わりました。娘を殺されたと思ったのです。肉はローストビーフでした。
娘・ナタリアとムラサキを交換しようとハンニバルが言いますが、コルナスはグルータスを裏切るのを恐れます。後の仕返しが怖いのです。
ハンニバルは、グルータスはもう逮捕されると言いました。コルナスは、モーロの西のロルク運河に停泊させているハウスボートだと言います。
そばの電話機を取り、コルナスに自宅へ電話させました。妻が出て、娘がいることを確認します(ブレスレットを盗んだだけ)。
「子どもに免じて(コルナスの)命は助けてやる」と言ったハンニバルは、試すつもりで銃を置いて立ち去ろうとしました。ハンニバルを撃つために銃を取ろうとしたので、ハンニバルはコルナスを背に忍ばせた短剣で刺します。
コルナスは顎の下から頭頂部まで短剣で貫かれ、絶命しました。

運河へ移動したハンニバルは、船の中にムラサキを見つけて入りますが、それは罠でした。グルータスが背中の中央を撃ち、ハンニバルは倒れます。
グルータスはハンニバルを、脊椎を損傷して動けないと思っていましたが、実際には背中に忍ばせた短剣でハンニバルは無傷でした。
油断したグルータスの両方のアキレス腱を切ったハンニバルは動きを封じ、ムラサキの拘束を解きます。銃を取ろうとするグルータスを仰向けにしたハンニバルは「グレンツはどこだ?」と質問しました。メンバーの中で唯一カナダに移住した者です。
ムラサキはハンニバルに警察のポピール警視に任せろと言いましたが、グルータスが笑い始めました。
「スープに肉が入ってた。お前も食った。何も知らずに」と言って笑います。
妹を殺した奴を復讐のために殺しているのならば、自分のことも殺せという論理です。
知らないとはいえ妹を食べさせられていたことを知ったハンニバルは、怒りに燃え、グルータスの胸に短剣(先の銃弾を受けて、先端が割れている)でMの字を刻むと「ミーシャのMだ」と言いました。
護衛の者が来たので、ムラサキはナイフで首を刺して殺します。
ムラサキは「もうやめて、赦(ゆる)すのよ」と訴えますが、ハンニバルは聞き入れませんでした。
どう説得してもハンニバルの意思を変えられないと知ったムラサキは、「愛している」と言うハンニバルに対し「あなたに、愛に値するものがある?」と言って去ります。
そしてポピール警視のところへ行き、自首しました(護衛の者を殺したから)。
ハンニバルはムラサキが去った後、生きたままのグルータスの頬に噛みつきました。
船が爆発炎上し、ハンニバルの生死は分からなくなります…。

カナダ。雪国。
サスカトゥーンの近くの村に、客が現れました。その店は動物の剥製と珠を撃っている店です。
出てきた店主に「首をもらいにきた」と言った手は、自分の描いた似顔絵と認識票をカウンターに置きました。
店主の反応を見て笑ったハンニバルは、車で立ち去ります(最後の1人・グレンツも殺して復讐を果たした模様)…。

みんなの感想

ライターの感想

若かりし頃のハンニバル・レクター。そのルーツともいうべき作品。
…なのだが、もうこのシリーズは作らなくてもいい…と思わせる内容でもある。
あまりグロくはありません。妹・ミーシャは連れていかれるだけで、直接の殺害シーンなどは描かれず。
そういう意味ではグロ苦手な人は大丈夫かもしれないけど…回を重ねるごとに、どうもレクターの威厳が損なわれていくような…。
ちなみに、なぜハンニバルが食人鬼になったかの直接的な理由は描かれていない。
・もともと生まれ育った地域にカニバリズムの習慣があった
・相手に復讐する手段として食人を選んだ、だから以後、憎むべき相手、さげすむ相手を食べるようになった
といったところか。

映画の感想を投稿する

映画「ハンニバルライジング」の商品はこちら