「バタフライエフェクト」のネタバレあらすじ結末

バタフライ・エフェクトの紹介:2004年公開のアメリカ映画。「バタフライ・エフェクト(効果)」とは、初期の僅かな変化が思いがけない方向へ発展していく意。過去を修正する能力を持つ青年が、自分と周囲の忌まわしい思い出の抹消に奔走する姿を描く。

この映画を無料で観る

予告動画

バタフライエフェクトの主な出演者

エヴァン・トレボーン(アシュトン・カッチャー)、ケイリー・ミラー(エイミー・スマート)、トミー・ミラー(ウィリアム・リー・スコット)、レニー・ケーガン(エルデン・ヘンソン)、アンドレア・トレボーン(メローラ・ウォルターズ)、ジョージ・ミラー(エリック・ストルツ)、ジェイソン・トレボーン(カラム・キース・レニー)、レッドフィールド医師(ナサニエル・デヴォー)

バタフライエフェクトのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①エヴァンは幼少期に記憶の欠落が複数あった。大学で記憶の研究を始めたエヴァンは、日記を読んで過去に戻る能力を持つことを知る。初恋の女性・ケイリーを自殺に追いやったエヴァンは、幼馴染み全員が幸福になれる道を選ぼうと、過去にワープして介入する。 ②しかし過去の改変を行なえば行なうほど、事態は悪い方へ転がってしまう。最終的にエヴァンは、ケイリーと親しくならない道を選び、これにより全員が幸福になった。

【起】- バタフライエフェクトのあらすじ1

〝小さなチョウの羽ばたきが、地球の裏側で台風を起こすこともある  ――カオス理論〟(『バタフライ・エフェクト』の意味)
アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク。
…精神病院に収容されたエヴァンが、医師や警備員から逃げて一室にこもります。
机の下にもぐると「もし誰かがこれを見つけたら、それは僕の計画が失敗した証拠。その時僕は死んでいる。でももし僕が最初に戻れたら、エヴァン、その時はきっと彼女を救えるだろう」と書きつけます(このシーンは終盤に出てくる)…。
…13年前。
7歳のエヴァン・トレボーンは、看護師をする母・アンドレアと2人暮らしでした。父・ジェイソンは精神病院に入院しています。
ある日エヴァンを学校に送っていった母・アンドレアは、担任の女教師・ボズウェル先生に呼びとめられました。ボズウェル先生は「将来の絵」というタイトルで皆に絵を描かせたところ、エヴァンが物騒な絵を描いたと言って、母・アンドレアに見せました。
それは、1人の男が2人の男をナイフで殺す絵でした。しかもエヴァン自身は、自分がそんな絵を描いたことを覚えていないとも、ボズウェル先生は言います。
気になった母・アンドレアは、エヴァンの父・ジェイソンの病気が遺伝しているのではないかと考え、サニーヴェイル病院に連れて行きました。
精神科のレッドフィールド医師は「一日の行動を日記に書かせると、記憶の向上に繋がる」とアドバイスします。
そこでエヴァンは7歳から、日記をつけ始めました。
エヴァンには幼少期から、近所に仲の良い友人が3人います。
1人は太めの男の子トニー・ケーガンで、あとの2人は兄トミー・ミラーと妹ケイリー・ミラーです(注:劇中では特に触れられないが、トミーとケイリーは双子ではないかと思われる)。
トミーとケイリーの両親は離婚し、2人は父・ジョージに引き取られていました。
日記を書き始めてからしばらくして、ケイリーとトミー宅へ遊びに行く直前に、エヴァンは包丁を持ったまま立っており、その時の記憶も欠落します。
ほかにも、トミーとケイリー宅に遊びに行った時、彼らの父・ジョージが新しいビデオカメラを買って撮影する際にも、記憶の欠落がありました。映画のロビンフッドの撮影だと言われた次の瞬間、地下室でエヴァンとケイリーは裸になっていました。
精神科を受診したエヴァンですが、脳に異状は見つかりません。
その後、父・ジェイソンと面会した時にも記憶の欠落が起こりました。両手を拘束された父・ジェイソンに会った直後、首を絞められているところまでエヴァンは覚えていません。
ジェイソンは首を絞めながら「この子は死ぬしかない」と言っていました。取り押さえる際に頭を殴られたジェイソンは重傷を負い、そのまま亡くなります。
…6年後。
13歳になったエヴァン、レニー、トミー、ケイシーは、相変わらず親しく遊んでいました。エヴァンはケイシーと惹かれ合うようになります。
ある日トミーが、父・ジョージが所持するダイナマイトでいたずらしようと言い出します。
レニーが家の形をした郵便受けにダイナマイトを仕掛けました。そこからエヴァンの意識がなく、再び意識を取り戻すと、レニーはパニック障害を起こしていました。レニーは精神病院に入院します。
エヴァンはレッドフィールド医師の催眠療法を受けますが、その最中に鼻血と痙攣を起こしました。そっとしておこうと医師は決めます。
ダイナマイトの記憶がないまま、母・アンドレアは引っ越しを決めます。
レニーが退院した頃、エヴァンと妹・ケイシーが交際するのを快く思わない兄・トミーが、エヴァンの飼い犬・クロケットを布袋に入れてライターオイルをかけ、火をつけようとしました。制止しようとしたケイリーとエヴァンは殴られ、エヴァンはトミーにタックルしようとしたところで記憶が欠落します。
再びエヴァンが記憶を取り戻した時には、袋は燃え、レニーが立ちつくしてケイリーが泣いていました。
引っ越しの時、エヴァンはケイリーに「君を迎えに来る」と書いたメッセージを見せます。
それから後も、エヴァンは日記を書き続けました。 この映画を無料で観る

【承】- バタフライエフェクトのあらすじ2

…7年後。
20歳になったエヴァンは、州立大学で記憶の研究をしていました。成績優秀なエヴァンはカーター教授から目をかけられています。
ルームメイトの太い男性・サンパーは、見た目はアバンギャルドですが気のいい人物で、エヴァンとの仲は良好です。
ある日過去の日記を読み返したエヴァンは、自分が過去に戻る能力を持っていると気づきました。記憶が欠落しているところにワープできるのです。
エヴァンの記憶が欠落しているのは6か所です。
①7歳の時、学校の授業で人を殺す絵を描いた
②7歳の時、家の中で包丁を持って立っていた
③7歳の時、ケイリーの父・ジョージの映画撮影時、地下室でケイリーとエヴァンは裸で立っていた
④7歳の時、精神病院に入院中の父・ジェイソンと会った時に、首を絞められた
⑤13歳の時、ダイナマイトでいたずらした時の顛末が判らない
⑥13歳の時、トミーがエヴァンの愛犬・クロケットを袋に入れて焼こうとした
昔の日記を見つけた女性に、仕方なく⑥の部分を読んで聞かせたエヴァンは、その文字が揺れている感覚を覚えました。その直後、⑥の場所にワープします。
タックルしようとしたエヴァンはさらにトミーに殴られ、蹴られました。その隙にレニーはクロケットの布袋を開けようとしてくれていましたが、トミーがレニーに「ママの喉を掻っ切るぞ」と言い、エヴァンには「俺の妹に手を出すな」と言って火をつけました。
ここで、現在に戻ります。
本当に見たことが現実だったのか知りたくなったエヴァンは、レニーに会いに行きます。
レニーはひきこもってプラモデルばかり作っていて、エヴァンが⑥の時のことを聞くと、布袋のロープが切れなかったことを悔やんでいました。そしてトミーの言葉「ママの喉を掻っ切るぞ」と繰り返します。
本当にあったことだと知ったエヴァンは、当時の記憶を取り戻そうとしました。
続いて⑤の部分を読んだエヴァンはワープします。
何が起きたか知ろうと凝視していたエヴァンは、手に持っていた煙草を服のTシャツに落とし、腹に火傷を負います。
ダイナマイトが爆破しそうな時に、その家の住人の女性が車で帰宅しました。胸に赤ん坊を抱いています。
ダイナマイトの存在を知らない女性は、赤ん坊を抱いたまま郵便受けに近づきました。郵便受けを開いた瞬間ダイナマイトが爆発します。
そのショックでレニーは心を病んでいました。
現在に戻ったエヴァンは、腹に火傷の痕が新たにできたことに気づきます。
母・アンドレアと食事したエヴァンは、父・ジェイソンのことを聞きました。ジェイソンもエヴァンくらいの年の頃に「記憶を取り戻す方法を知った」と言っていたらしいのですが、その頃から精神病を患い、どんどん悪化したそうです。
エヴァンは過去を取り戻すことに夢中になりました。ルームメイトのサンパーが「訳があって封印した記憶かもしれない。無理に掘り起こすのはよくない」と心配してくれますが、エヴァンは気になって仕方がないのです。
エヴァンはケイシーに会いに行きました。ケイシーは、カフェでウエイトレスをしており、トミーが少年院を出た後、車の修理工場で働いていると言います。
エヴァンは③の時のことをさりげなく切り出しますが、ケイリーは「嫌な記憶を掘り起こしにきたのか」と怒り、なぜもっと早く連絡をくれなかったのかと責めました。ケイリーはエヴァンが迎えに来るのを待っていたのです。
その夜、ケイリーが自殺した知らせが、エヴァンの留守電に入ります。兄・トミーは怒っていました。
腹に新たにできた火傷の傷を見ながら「過去を変えられる」と気づいたエヴァンは、過去に戻って皆を救おうと考えます。
エヴァンが③へ行くと、ビデオカメラを手にしたケイリーの父・ジョージが「地下牢の感じが出るから地下室へ行こう」と言い出します。
そして「ロビンフッドがアリアンと結婚するシーンだから、キスをしろ、服を脱げ」と言いました。大人になったエヴァンは、ジョージが児童ポルノを撮りたがっていると気づきます。
ケイリーに耳を塞げと言ってから、エヴァンは父・ジョージに向けて脅しの文句を吐きます。およそ7歳らしからぬ言葉を吐くエヴァンをジョージは恐れ、エヴァンはジョージに「ケイリーに触らない」と約束させました。

【転】- バタフライエフェクトのあらすじ3

現在に戻ると周囲の様子が一変していました。同じベッドにケイリーが眠っており、エヴァンは驚きます。
それと同時に脳内に13年間の「その後の記憶」がフラッシュバックしました。ケイリーとエヴァンはその後も順調に愛をはぐくみ、ケイリーは同じ大学に進学しています。
鼻血が出てひどい頭痛がしました。一気に13年分の新たな情報が入ったからです。
母・アンドレアは再婚していました。
廊下で見かけたサンパーに声をかけてみますが、この世界ではサンパーと親しくなく、カーター教授にも注目されていません。
ケイリーを幸福な人生にできたと思ったエヴァンですが、思わぬ落とし穴がありました。
ケイリーが父・ジョージに受ける筈だった暴力が兄・トミーに向かい、トミーは非行に走って少年院に入っていました。
出所したトミーは金属バットを持ってエヴァンを襲います。防犯スプレーで反撃したエヴァンがバットを奪って殴り返すと、トミーは死にました。
犯罪者になったエヴァンは刑務所行きになります。
ケイリーだけ幸福にしても駄目だと思ったエヴァンは、また過去に戻ろうと思いました。
面会で母・アンドレアにノートを差し入れてもらいますが、母は2冊しか見つからなかったと言います。しかもそれを別の房の男に取り上げられ、返してほしければ身体を差し出せと脅しました。
同じ房の信心深い男性・カルロスを味方につけるため、自分を見ておいてくれと頼み、エヴァンは①に飛びました。人を殺す絵を描いてボズウェル先生の注意を絵に惹きつけ、その間に先生の机の上にあった伝票刺しで両手のひらを傷つけて、再び現在に戻ります。カルロスは聖痕が現れたと思い、エヴァンを信用します。
カルロスの協力を得てノートを奪回したエヴァンは、⑥へ飛びました。レニーに金属片を渡して「ロープを切れ」と言います(レニーが心を病んだのは、ダイナマイトのいたずらの結果と、エヴァンの愛犬・クロケットを救えなかったことがきっかけになっているから)。
そしてトミーに「もうケイリーとは会わない」と説得しました。もし犬をトミーが殺したら、それが原因でトミーが少年院に入れられることを指摘し「妹をひとりぼっちにすることになるぞ」と言います。
トミーはクロケットに火をつけるのをやめました。ほっとしたのもつかの間、レニーが持っていた金属片でトミーを刺してしまいます(エヴァンとレニーはトミーにいじめられていた)。
トミーは死に、レニーは心を病んで精神病院行きになりました。エヴァンは現在に戻ります。
現在はサンパーがルームメイトでしたが、ベッドの位置は逆でした。鼻血を出し痙攣するエヴァンを見て、サンパーが救急車を呼びます。
レッドフィールド医師は、大脳皮質に脳内出血が起きていることを母・アンドレアに言いました。それと共に、異様なケースですが大量の神経再生が見られます。
エヴァンはその原因が分かっていました。何度もタイムワープしてその都度新たな13年分あるいは7年分の記憶を脳が詰め込むので、脳が神経を作り変えているのです。
病室を出ていきざま、エヴァンはレッドフィールド医師のIDカードを背広から抜き取り、精神病棟のレニーに会いに行きました。
レニーは独房で拘束衣を着せられて、ベッドに縛られていました。レニーはエヴァンに「あれを握らせた時、大変なことが起きると分かっていたんだろう」と言われ「僕と代われ。お前がここにいるべきだ」と責められます。
レニーが幸福になれていないと思ったエヴァンは④へワープし、父・ジェイソンに正しい情報が欲しいと訴えました。父はすぐに息子・エヴァンが同じ能力を持つと気づきます。
しかし父・ジェイソンは止めろと言います。「他人の人格を変えてしまうんだ。ママを殺す可能性だってありうる」とジェイソンは説得しますが、エヴァンは聞く耳を持ちません。
やめそうにないと悟った父・ジェイソンは、エヴァンに襲いかかって首を絞めました。エヴァンに、自分と同じような道を歩んでほしくないからです。あとはエヴァンの知る通りでした。
現在に戻ったエヴァンはケイリーに会いに行きますが、バイト先だった筈のカフェにケイリーはいませんでした。

【結】- バタフライエフェクトのあらすじ4

ケイリーの自宅へ行き、やさぐれた父・ジョージに会って行方を聞いて行くと、ケイリーは場末の汚い部屋で暮らしていました。⑥の時に倒れて頬に大きな傷を負ったケイリーは、ストリッパー兼売春婦をしています。
エヴァンが正直に自分の能力やこれまであったことを話すと、最初は信じなかったケイリーですが、自分とケイリーしか知らないことを挙げると信用しました(ケイリーと恋人同士になった時の記憶を元に、ケイリーの超プライベート情報や癖などを並べ立てた)。
ケイリーはエヴァンの言うことを信じたものの、かといって何が変わると思います。「過去に戻ってダイナマイトの母子を救って私とレニーを救うか、7歳に戻って父の前で私とファックしろ!」とエヴァンは言われます。
⑤へ飛んだエヴァンは郵便受けに走りました。つられてトミーも走ります。トミーが母子を突き飛ばし、エヴァンが郵便受けに近づいたところで爆発が起きました。
現在に戻ったエヴァンは、レニーとルームメイトになっていました。レニーは心を病まなかった…と安堵したエヴァンですが、自分の両腕が事故で失われていることに気づき、愕然とします。車椅子生活でした。
ケイリーはレニーの恋人になっていて、トミーは事件がきっかけで信仰の道に目覚め、ボランティア活動に生きがいを見出していました。
ケイリーと話したエヴァンは、ケイリーの初恋がエヴァンと知ります。ケイリーの両親が離婚する時に、両親のどちらと暮らすかと聞かれたケイシーは、父・ジョージが嫌いでしたが、母についていくとエヴァンと離れてしまうと思い、やむなく父の方を選んだのでした。
レニーとラブラブのケイリーを見てエヴァンは浴槽に水を張り自殺しようとしますが、トミーに止められて、母・アンドレアに会いに行こうと言われます。
アンドレアはエヴァンの事故がきっかけでヘビースモーカーになり、肺がんになっていました。それを見たエヴァンは、また過去を変えようと決めます。
ルームメイトのレニーにノートを持ってもらい②へ行って、この時点でダイナマイトを壊そうとしました(この後にケイリー宅を訪問予定だった)。しかし包丁を持った現場を母に見られて失敗します。
現代に戻り、続けて③へ飛んだエヴァンは、地下室でケイリーの父・ジョージの隠したダイナマイトを出し、火をつけました。放り投げて捨てたのですが「綺麗」と言って7歳のケイリーが手に取ります。
ケイリーは事故で死に、また現在が改変されました。過去に飛ぶたびにエヴァンの脳に負担がかかり、エヴァンは鼻血を出して痙攣して病院に運ばれます。
戻った世界で、エヴァンはレッドフィールド医師に「日記は存在しない」と言われました。それは罪悪感のためにありもしない体験を作りだしたのだと医師に言われます。
エヴァンは母・アンドレアに頼み、過去のホームビデオを持ってきてもらいました。
そして…精神病院に収容されたエヴァンはある夜、病室を抜け出して一室にこもると、机の下にもぐります。冒頭のシーンです。
メモを書きつけた後、エヴァンは机の下でホームビデオを再生し始めました。エヴァンが、ケイリーと初めて会ったパーティー会場の様子が、そこには映されていました。
初めて出会ったパーティーにワープしたエヴァンは、苦渋の選択をします。ケイリーに対し「そばに来るな。近づいたらお前らみんな殺すぞ」と脅したのです。
ケイリーは泣き出して母親のところへ行きました。それを見ながらエヴァンは「さよなら」と泣きます。
…現在に戻ると、ルームメイトはレニーでした。戻った後に脳内に展開される10年以上もの記憶のフラッシュバックで、その後ケイリーは両親の離婚時に母についていったと知ります。
トミーとケイリーは母の元でまっとうに育ちました。皮肉なことに、エヴァンがケイリーを諦めたことで、皆に平和が訪れました。
後日、エヴァンはレニーと一緒に過去の日記を燃やします。もう過去に戻らないように。
…8年後。
28歳になったエヴァンは、医師になっていました。ニューヨークの雑踏の中で、大人になったケイリーと擦れ違います。
擦れ違ったケイリーは一瞬何かに気づき、エヴァンを振り返りました。しかしまた何事もなかったように先を急ぎます。
それを見ながら、エヴァンはこれでよかったのだと思うことにします。寂しく思いながらも、エヴァンは前を向いて歩きました。

みんなの感想

ライターの感想

見終わった後、せつない気持ちになる映画です。主人公はケイリーとともにいる世界を作り、みんなに幸せになってほしいだけ。でも、その思いはかないません。何度運命に挑戦しても、残酷な結果が主人公を待ちます。
最後の、主人公とケイリーがすれ違う場面。エヴァンのほうはケイリーに気づきますが、ただ、すれ違うだけにとどめます。大切な人を、運命から守るために。その切なさが、この映画を一層引き立てていると思います。
ただ、DVDのディレクターズカット版には別エンディングも収録されているとのことで、そちらも気になりますね!

ライターの感想

タイムパラドックスをテーマにしたSFサスペンス映画です。何度人生をやり直しても愛する人を不幸にしてしまうという内容で、最終的には彼女との接点を断ち切ることで彼女の未来をつなぎます。実はこの映画にはエンディングが4パターンあり、劇場公開版のエンディングの他にレンタルDVDの特典エンディング2つと、ディレクターズカット版のエンディングがあります。
個人的にはディレクターズカット版のエンディング(母親の胎内まで遡ってへその緒を首に巻いて自殺するもの)がかなり衝撃的で印象に残っています。

ライターの感想

あちこちで既に指摘されていると思うが、この作品は公開当時はかなりの衝撃だった。
今でこそ奇抜な設定の映画が増えたが、当時にしては本当に斬新な映画だったのだ。
どうせなのでDVDに収録されている別エンディングについても触れる。
私としては映画公開時のラスト(正規のあらすじ)がエンディング曲とマッチしていて、少し切ないけれどもいちばんしっくりくるラストだと思う。
1.ストーカー編…28歳になったエヴァンは雑踏でケイリーと再会。無言でケイリーのあとを追っていく。ケイリーは気づかず。(すたすた追っていくエヴァンが不気味!)
2.ハッピーエンド編…28歳になったエヴァンは雑踏でケイリーと再会。エヴァンがケイリーに話しかけ、2人は今度お茶でも一緒に…という話になる。(本編の2時間弱の煩悶はなんだったのかと突っ込みたくなる)
3.ディレクターズカット編…ホームビデオで見た映像は、エヴァン出生時のもの。胎内に戻ったエヴァンはへその緒を自らの首に巻き、母の胎内で自殺する。その後母は別の男性と再婚してエヴァンとは違う子を授かる。レニーには友人がたくさんでき、トミーとケイリーは母の元でまっとうに育ち、ケイリーは見知らぬ男性と結婚する。(これかなり衝撃的。You Tubeで検索すると出てくるので、見たい方は探してみて。字幕はないかも)

    天開さんの感想

    展開が速すぎて、ついていけなかったです。

    ディレクターズカット編を見ました。
    まあ、こんなに悲しい結末だったなんて。。。。

    こちらの説明を読んで、やっとわかりました!
    ありがとうございました。

映画の感想を投稿する

映画「バタフライエフェクト」の商品はこちら