「バンクジョブ」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

バンク・ジョブの紹介:2008年公開。1971年のロンドンを舞台に、銀行強盗で思わぬ品を手に入れたことで追われる身となった強盗団の姿を描いた作品。実際に起こった事件を元に描いている。監督は「スパイ・レジェンド」のロジャー・ドナルドソン。制作には「ダークナイト」のチャールズ・ローヴェンが参加。撮影は「いつか晴れた日に」のマイケル・コールター。編集は「テラビシアにかける橋」のジョン・ギルバート。主演は「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサム。

この映画を無料で観る

予告動画

バンクジョブの主な出演者

テリー・レザー(ジェイソン・ステイサム)、マルティーヌ・ラブ(サフロン・バロウズ)、ケヴィン・スウェイン(スティーヴン・キャンベル・ムーア)、デイヴ・シリング(ダニエル・メイズ)、ガイ・シンガー(ジェームズ・フォークナー)、バンバス(アルキ・デヴィッド)、エディ・バートン(マイケル・ジブソン)、イングリッド・バートン(ジョージア・テイラー)、ティム・エヴェレット(リチャード・リンターン)、マイルズ・アークハート(ピーター・ボウルズ)、フィリップ・リスル(アリスター・ペトリ)、ゲイル・ベンソン(ハティ・モラハン)、ウェンディ・レザー(キーリー・ホーズ)、ロウ・ヴォーゲル(デヴィッド・スーシェ)、マイケルX(ピーター・デ・ジャージー)、ハキム・ジャマル(コリン・サーモン)、ソニア・バーン(シャロン・モーン)、銀行員(ミック・ジャガー)

バンクジョブのネタバレあらすじ

【起】- バンクジョブのあらすじ1

1971年のロンドンで、テリーは中古車屋を営んでいました。しかし、中々売れなくて借金が返せないでいました。
そこに現れたのは、友人のマルティーヌです。彼女から耳寄りな情報として、銀行のセキュリテイがダウンすることを聞きます。
怪しんだテリーは、マルティーヌがある男といるのをこっそりと見ます。その男はティムで、政府の陰の仕事を行っていました。
実はマルティーヌがモロッコから帰ってきた時に、なぜか荷物に麻薬が入っていました。助けて欲しい事からティムを頼ります。
そこでティムは、マルティーヌに条件として仕事を持ちかけます。その仕事は仲間と共に銀行強盗を行い、貸金庫にある写真を手に入れる事でした。
写真は、マーガレット王女に関わる王室のスキャンダルでした。これをネタに逮捕を免れている人物がいます。それはマイケルXという麻薬密輸などをする悪党です。
ティムは、マイケルXの元にゲイルを送り込みます。ゲイルは楽しみながらも、潜入捜査を行います。
テリーは、愛する妻と娘達のためにも、一稼ぎすることを決意します。仲間達を集めて、今までのケチな悪行とは訳が違う事に真剣な様子です。
どうやって地下にある貸金庫に侵入するかというと、2軒離れた売り物件を購入して、そこから穴を掘って向かいます。
穴の掘り方に関しては、専門家のバンバスを頼ります。彼の指示の下、必要な道具を揃えます。
その頃、ティムは上司と共に何かあれば彼らを捨てることを話していました。自分達に責任が問われないようにしていました。
テリー達は、皆で協力しながら穴を掘っていきます。しかし、夜通ししているため、近所から騒音のクレームが入ります。
警官がやってきて焦ります。何とか誤魔化しますが、見張りが必要だと考えます。 この映画を無料で観る

【承】- バンクジョブのあらすじ2

テリーは、同じ職場のエディに見張りを頼みます。無線機で、離れた場所から監視してもらいます。
穴を掘っていくと、テリーが下に落下してしまいます。どうやらペストが流行った頃の死体を埋めていた場所だと分かります。
この場所から銀行の地下に続く道があって、時間の節約ができます。銀行の地下のコンクリートの壁を見つけて、道具を使って開けていきます。無事に繋がったので、皆は一休みすることにします。
その頃、テリー達の無線機を傍受した人がいました。どこかの銀行が襲われる事が分かって、警察に知らせます。警官は、場所が特定できないため、しばらく様子を見ることにします。
テリー達は、貸金庫から金品を奪っていきます。マルティーヌは、マイケルXの番号目掛けて、ティムから聞いていた写真を見つけます。
テリーは、マルティーヌの行動を怪しんでいて、その写真を袋に詰めます。
警官は、無線機が静かになった事から、餌をまくことにします。救急車を銀行の横につけて、無線機でその事を話せば、どこの銀行か分かると考えたのです。
あるパトカーが、銀行の支店長らしき人物とテリー達の襲ってる銀行にやってきます。ドアが閉まってる事から、自分の銀行は無事だと思って帰っていきます。
無線機でその事が話されますが、パトカーはそこら中に走っているため、無線機で張っていた警官はどこの銀行か特定できませんでした。
そうしていると、救急車がテリー達の襲ってる銀行の前に到着します。慌てたエディが無線機を屋上から一階に落としてしまいます。
テリー達は、無線の応答が無いことから逃げることにします。また、警官も無線機で救急車の事が話されて無いことから、この銀行ではないと思います。
金庫が開く時間になって、銀行員は貸金庫が襲われている事に気づきます。マスコミにその事が流れて、まんまとやられた警官達でした。

【転】- バンクジョブのあらすじ3

ティムは、テリー達が出てきた所で部下に取り押さえさせる計画でした。しかし、テリーは用心のために、囮の車を先に出します。その甲斐あって、テリー達は捕まらずに済みます。
そして、全員で分前を分配して、ガイとバンバスは遠くへ行きます。テリーは、マルティーヌからティムの事を聞き出します。
ティムが何者か分かって殺さられると考えます。びびったデイブは母の家に寄って、とんずらすることにします。
銀行強盗の件を知って、ポルノの帝王ヴォーゲルは、マイケルXに事態を収拾すると言います。
ヴォーゲルはマイケルXと一緒で、貸金庫に大事な物を預けていました。汚職警官との取引を記録した元帳を預けていたのです。ヴォーゲルと取引のある警官のジェリーが、テリー達を捕まえに動き出します。
マルティーヌは、テリーからの助言もあって、ティムと取引を行うことにします。テリーはティムと出会い、起訴されない証明書と逃げるためのパスポートを用意すれば、写真と交換すると言います。取引は明朝11時に駅でと言います。
ヴォーゲルは、銀行の前で下見に来ていたデイブと会っていました。実はデイブは、ヴォーゲルのポルノ映画に出たことがあったのです。
その時の怪しさから、ジェリーはデイブを拉致します。ヴォーゲルと共に拷問にかけて、洗いざらい話すように言います。
ガイやバンバスは刺され、ジェリーはテリーの職場に向かいます。そこでエディを拉致して拷問にかけようとします。
エディが拉致されたことで、彼の婚約者がテリーに電話をします。テリーは、彼女が受け取ったヴォーゲルの連絡先を聞いて電話します。
ヴォーゲルは、元帳を渡すように言ってきます。知らないというテリーに、ヴォーゲルは部下にデイブを射殺させます。

【結】- バンクジョブのあらすじ4

必死に元帳を探したテリーは、ヴォーゲルに再度連絡します。エディを無傷で返さないと、マスコミや警察に元帳の事を暴露すると脅します。そして明朝11時に駅に来るように言います。
テリーは、元帳と新聞を照らし合わせて、汚職警官でない警官を探し出します。その警官に、元帳の一部を仲間のケヴィンに持たせて会いに行かせます。
ケヴィンは、元帳の一部を渡した人物から、明朝11時に来るように言えと言われたと話します。
明朝11時になり、テリーは証明書とパスポートを受け取ります。そして写真をティム達に渡します。
そこに現れたヴォーゲルは、罠だと思って逃げます。テリーは追いかけて、エディを取り返します。
ケヴィンが知らせた正義の警官がやってきて、ヴォーゲルは逮捕されます。側にいたジェリーも逮捕されます。
テリーは、元帳を警官に渡して、ケヴィンとマルティーヌと共に帰ることができます。
写真を手に入れたことで、ティムはマイケルXの家に逮捕に行きます。しかし、ゲイルは気づかれて殺された後でした。
テリーは妻や娘達と幸せに暮らします。この事件の後、警視庁は汚職警官を大粛正します。また、貸金庫の中には政府高官のスキャンダル写真もありました。
その事もあって、政府高官の数名が辞職します。マイケルXはゲイル殺害で絞首刑になります。彼の資料は、2054年1月まで機密扱いとなります。
ヴォーゲルは数々の罪で8年服役します。マイケルXの仲間のハキムはボストンで殺害され、ガイとバンバス殺害は未解決となります。
銀行強奪の被害は400万ポンド以上でした。金庫の借り主の100人以上が被害内容の申告を拒否しました。関係者の身を守るため、作品での名前は変更しています。終わりです。

関連する映画

サスペンス映画

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、ティム達政府や警察だけでなく、ヴォーゲルらからも狙われる事になったテリーが乗り切る場面です。
3者を同じ時刻に呼び寄せて、丸く収めて無事に帰る姿はクールでした。また、無線機が偶然にも落ちて、警官にバレなかった演出は良かったです。
この作品では、銀行員の役でローリング・ストーンズのボーカルのミック・ジャガーがこっそりと出演しています。ファンの方はぜひ見て欲しいです。
最後まで見終わって、ストーリーが作り込まれている印象の作品でした。演出もスタイリッシュでテンポよくて見やすかったです。お勧めの映画です。

映画の感想を投稿する

映画「バンクジョブ」の商品はこちら