「パッセンジャーズ」のネタバレあらすじ結末

パッセンジャーズの紹介:2008年制作のアメリカ映画。ある飛行機事故の生存者たちをめぐる謎を追う、若い女性セラピストの奮闘と不安を描いたサスペンス・スリラー映画。サスペンスタッチだが、意外なラストはファンタジー仕立てである。

パッセンジャーズの主な出演者

クレア・サマーズ(アン・ハサウェイ)、エリック・クラーク(パトリック・ウィルソン)、アーキン(デヴィッド・モース)、ペリー(アンドレ・ブラウアー)、シャノン(クレア・デュヴァル)、トニ(ダイアン・ウィースト)

パッセンジャーズのネタバレあらすじ

【起】- パッセンジャーズのあらすじ1

クレアは博士号を2つ持つ優秀なセラピストですが、それを実践に生かせずにいます。
ある夜、恩師・ペリーから電話を受けたクレアは、飛行機墜落事故で奇跡的に生き残った生存者5名の、トラウマ治療を依頼されました。その時ペリーは「生存者の1人、エリックには気をつけろ」と言います。
クレアは生き残った乗客たち(パッセンジャーズ)とグループカウンセリングをすることにしました。しかし病院で面会したエリックだけはグループカウンセリングを拒否し、自宅での個別カウンセリングを希望します。
航空会社の代表・アーキンに訊くと、公式発表では、事故の原因はパイロットの操縦ミス、いわば人的ミスだということでした。

【承】- パッセンジャーズのあらすじ2

グループカウンセリングで、ディーンが墜落前に炎を見たと言います。ジャニスは詳細を覚えてなく、シャノンは警告なしに落ちたと言いました。カウンセリングのたびに、外に謎の人物が現れます。
個別カウンセリングを希望したエリックは、クレアを口説きました。クレアのコーヒーの好みを知っていて、クレアはエリックを謎めいた人物だと思いますが、惹かれます。
クレアの自宅には毎晩近所のトニ夫人が訪問して、クレアを探る様子を見せました。
墜落前に炎を見た証言をしたディーンが、セラピーに来なくなります。続いてクレアに「真実を知る生存者を殺すつもりだ」と言ったノーマンが失踪しました。クレアは航空会社の陰謀かと疑います。

【転】- パッセンジャーズのあらすじ3

クレアのいるところでエリックの前に何度も犬が現れ、吠えました。クレアはエリックが犬に対してトラウマがあるのかと思います。
カウンセリングに航空会社の代表・アーキンが訪れ、人的ミスだと強調しました。クレアは不信感を募らせて恩師・ペリーに相談しますが、ペリーは陰謀説を否定します。ペリーも会社と手を結び、組織ぐるみで真相を隠そうとしているのではないかと、クレアは疑いました。
一方でクレアは、積極的にアタックしてくるエリックに惹かれ、とうとう肉体関係になります。
…実は飛行機墜落事故の生存者は存在せず(全員死亡)、クレア自身もその事故の犠牲者でした。
カウンセリングの患者たちもみな死んでいました。

【結】- パッセンジャーズのあらすじ4

航空会社の代表・アーキンは、本当は死んだパイロットでした。
セラピーに来なくなったのは失踪したのではなく、自分が死んでいると自覚した者から成仏したのです。
エリックの前に現れた犬は、彼が6歳の頃に死んだ愛犬でした。死んでいるということを自覚させるために、現れていたのです。
シャノンは自分が幼い頃に亡くなった両親が迎えに来て、去りました。クレアを迎えに来たのは、恩師・ペリーとトニ夫人です。2人ともすでに故人でした。
クレアとエリックは飛行機で隣り合わせ、恋に発展しそうな矢先で事故に遭遇します。それを思い出したクレアは、同じく記憶を取り戻したエリックとともにこの世から去りました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「パッセンジャーズ」の商品はこちら