「パニックルーム」のネタバレあらすじ結末

パニック・ルームの紹介:2002年公開のアメリカ映画。デビッド・フィンチャー監督&主演ジョディ・フォスターで贈る密室サスペンス。侵入不可能な避難用小部屋を舞台に、凶悪な強盗団に挑む母と娘の奮闘がスリリングに展開される。

この映画を無料で観る

予告動画

パニックルームの主な出演者

メグ・アルトマン(ジョディ・フォスター)、サラ・アルトマン(クリステン・スチュワート)、バーナム(フォレスト・ウィテカー)、ラウール(ドワイト・ヨアカム)、ジュニア(ジャレッド・レト)、スティーブン・アルトマン(パトリック・ボーショー)

パニックルームのネタバレあらすじ

【起】- パニックルームのあらすじ1

メグ・アルトマンは製薬会社勤務の夫・スティーブンが若い三流モデルの女性と浮気したため離婚し、10代前半の娘・サラと家を出ました。夫・スティーブンは現在、その愛人のモデルと暮らしています。
離婚のあてつけのために、メグはアメリカ・NYにある、4階建て(1階は半地下っぽい)の390㎡もある豪邸を夫・スティーブンに慰謝料として買わせました。娘・サラとの2人暮らしには広すぎる家です。
家は南向きの表庭だけでなく裏庭もあり、マンハッタンの中央にあるエレベータつきの家でした。前の住人が老人の資産家・パールスティンだったので、とにかく豪華な家です。
寝室は4階で、3階にはゲストルームの他にメインルームもあり、そこには隠し部屋がありました。パニック・ルームと呼ばれる緊急避難部屋です。災害や強盗対策に一時的に避難できる場所で、壁はコンクリート製、電話は別配線で換気ダクトもあり、開閉扉は電池で動くので停電時にも作動します。
パニック・ルームの中には監視カメラのモニターがありました。外の音声は聞こえませんが、ルームから外にはマイクでメッセージを伝えることができます。
豪邸を購入した日、メグとサラは早速引っ越しをしました。メグは娘・サラに、新生活を2人で始めようと言います。メグはコロンビア大の仕事に戻るつもりでした。
夕食を宅配ピザで済ませ、パニック・ルームの設定を途中まではしたものの、設定が面倒なので監視カメラがついたところでメグは切り上げ、電話配線などは後日おこなうことにします。
メグはお酒を軽く飲み、ベッドで寝ます。外は雨が降っていました。
深夜、男たちがメグとサラの引っ越した家を覗き込み、鍵穴に鍵を差し込みます。鍵が合わないので裏口に回りますが、そちらも鍵が合わず、外の非常階段とはしごで天井までのぼり、天窓から通風口をこじ開けて侵入しました。
男たちは3人の侵入者です。ジュニアと呼ばれる男を中心に、元警備会社勤務でこの家の警備も担当していた黒人男・バーナムと、マスクをつけたバス運転手のラウールの3人でした。
ジュニアはこの家に住んでいた富豪・パールスティン氏の甥です。パールスティンの財産の一部がパニック・ルームの金庫の中に隠されていると知り、盗みに入ったのです。
法律で売買してはならない「第三者保管期間」の14日以内だとジュニアは言いますが、ジュニアは土日をカウントしていませんでした(計算ミス)。第三者保管期間は過ぎて、メグたちに家が売られていたのです。
ジュニアたちは空き巣に入るつもりだったので、武器はラウールが拳銃を1丁持っているだけでした。ジュニアとバーナムは親しい間柄ですが、ラウールは今回の強盗のために初めて組む間柄です。
空き巣のつもりが住人がいたことで、計画を中止しようというバーナムと続行したいジュニアの間で、揉めます。
メグはベッドに入ったものの寝つけず、小用を足した後にパニック・ルームの電気を消しに行って、階段にいる侵入者を監視カメラで気付きました。
さらにそのタイミングでジュニアがうっかり床のボールを蹴ってしまい、ボールが1階まで転げ落ちる音がします。強盗の3人組も気づかれたかと、階上を気にしました。 この映画を無料で観る

【承】- パニックルームのあらすじ2

メグは4階寝室のサラを起こし、せき立てます。廊下でラウールと会ったメグとサラはエレベータに乗り込み、パニック・ルームに避難しました。
困ったのは3人組です。強盗に入ったのは、そのパニック・ルームの中にある金庫が狙いだったからです。ジュニアは暴れ、その反動で充電中の携帯電話がベッドの下に落ちました。
3人組はなんとかメグとサラが部屋から出てこないか、策を練りました。
パニック・ルームに避難したものの、メグも困っていました。すぐ利用する予定ではなかったので、監視カメラの設定しかしていません。別回線の電話もまだ設定していないのです。
メグは拡声器で部屋にいる3人に「警察に通報した。早く出て行け」と言いますが、ハッタリだとバーナムにばれました。パニック・ルーム内に外からの音は聞こえないので、バーナムはジェスチャーで「そこに電話はない(電話は通じていない)」と告げ、ふと考えて紙に文字を書き「欲しいものはその部屋にある」と示しました。
「何があるの?」と思わずメグは訊きます。監視カメラで映像を見ていると確認したバーナムは「何も危害は加えない」と書きますが、信じてもらえません。バーナムは穏健派ですが、今回初めて組むラウールは多少の罪を犯しても金が欲しいと思っていました。
メグを説得する余地はなく、ジュニアは他の手を考えようと言います。バーナムは警備会社に勤務した経験から、パニック・ルームは頑丈にできているので、相手に開けさせるしか方法がないのだと訴えました。
計画を実行するには、メグとサラの2人を家から出ないようにし(逃げたら通報されるから)、でもパニック・ルームから出して、金庫を開けるのに20分は必要だとバーナムは言います。
3人はとりあえず、部屋からメグとサラが出てもすぐ逃げ出せないよう、家中の窓と扉を釘づけにしました。
その頃、メグは少し焦っていました。1型糖尿病(小児糖尿病)を患う娘・サラの血糖値が下がっていました。血糖値はサラが常に身につけている、腕時計のような器具で表示されます。過度に下がるとインスリン注射が必要ですが、注射は外の冷蔵庫に入っていました。
ラウールは2階の天井部分を破壊して金庫を奪おうと考えますが、部屋の周囲はスチール板の頑丈な造りなのでびくともしません。ラウールは諦めます。
メグは外部に通じているレンガの隙間から隣人に助けを呼びますが、雨の音にかき消されて聞こえません。
家を釘づけにしたバーナムは、換気ダクトの部分に電気ドリルで穴を開け、ホースでプロパンガスを少しずつ流し入れました。中にいる2人が苦しくなって出てくるのを待つ作戦です。
メグはガスの臭いに気付き、メグとサラは交代で外部の通風口に口を寄せて息をしました。しかしガスが部屋に充満するのは時間の問題です。
部屋の外ではガスを流しこんだもののバーナムが心配し、ラウールは早くあぶり出したくてガスの量を増やしていました。メグはガムテープで換気ダクトに目張りをしようとしますが、ガスの勢いの方が強く、防ぐのは無理です。
外ではガスを止めるかどうかで、3人が揉めていました。
意を決したメグは防火布を出してサラに着せ、自分も羽織ると、点火棒(柄の長いライター)で換気ダクトのガスに引火しようとします。ジュニアは壁に耳を当てて、中のメグが何をしているのか聞きました。

【転】- パニックルームのあらすじ3

ガスに引火し、青い炎が上がります。パニック・ルームの内は一瞬の爆発の後、ガスが消えて新鮮な空気が入りました。隣接する外にも引火し、プロパンガスはぐるぐる回転して、壁に耳を当てていたジュニアの右腕が青い炎に包まれます。火は消し止めました。
サラは直径6cmほどの通風口に懐中電灯を入れ、隣家の人に懐中電灯の灯りでSOSのモールス信号を発信します。モールス信号は映画『タイタニック』で覚えました。窓際まで隣人が来ますが理解してくれず、隣人はブラインドをおろします。
思った以上に手こずる相手に苛々し始めたラウールは、ジュニアを別の部屋に呼び、分け前の増額を要求しました。ラウールとジュニアのもめごとが長引き、バーナムも階段をおりて2人をなだめます。
それを監視カメラで確認したメグは部屋をこっそり開け、携帯電話を取りに行きましたが見つかりません。ベッドの下にあった携帯電話を取った時にデスクライトが落ち、3人組にばれました。メグは滑りこみで部屋に戻ります。
何を取りに出たのか3人は探り、充電器を発見して携帯電話だと気づきました。バーナムは「あそこでは携帯は通じない。電波が入らない」と言います。
その通りでした。電波が入らずがっくりしたメグは、パニック・ルームの電話回線を、電話線の主線に繋げれば通話ができるのではないかと考えます。
時を同じくしてバーナムも気づき、慌てて電話線のコードを確認しますが、目の前でコードが主線が抜かれるのを見ました。バーナムは急いで1階におり、電話線の切断をしようとします。
警察に通報しますが保留で待たされた(注意:落ち着かせるために保留で待たされることあり)メグは電話を切り、夫・スティーブンに電話しました。男が押し入ったと告げ、「3(人の強盗)」と言ったところで電話線が切れます。
外では首謀者のジュニアも諦めモードになりました。ジュニアとラウールは遊ぶ金欲しさで、バーナムは養育費のための強盗です。手こずって前科持ちになるより、諦めようとジュニアは言います。
外に出ようとしたジュニアをラウールが拳銃で撃ち、強盗を続けるようバーナムを脅しました。
その時、来客があります。メグの夫・スティーブンでした。玄関口をジュニアが開けてしまったため、ラウールはスティーブンを殴って家の中に入れ、警察に通報したか確認します。
監視カメラにスティーブンの身分証明を見せたラウールは、カメラの前でスティーブンを拷問しました。メグとサラは動揺します。
サラの血糖値が下がり、容態が悪化します。メグは決死の覚悟で部屋を出て冷蔵庫まで行きますが、倒れた夫・スティーブンの服を着たラウールに出しぬかれました。
バーナムとラウールが入れ替わりに部屋に入り、ラウールと揉み合いになったもののメグが今度は閉め出されます。しかしメグは閉まるドアにインスリン注射の袋を滑り込ませ、ラウールは拳銃を部屋の外に落とします。
ラウールは扉に左手を挟み、痛がります。中に入ったバーナムは、サラの容態がおかしいことに気付きました。ラウールは「サツが姿を現したら、娘の喉を裂くぞ」と拡声器で脅します。
バーナムはサラに訊きながら、インスリン注射を打ちました。サラはバーナムに「ありがとう」と言います。

【結】- パニックルームのあらすじ4

バーナムは床の金庫を確認すると、ダイヤル錠の部分に電動ドリルで穴を開けてダイヤルを合わせる作業を開始しました。
その時、家にドアチャイムが鳴ります。警察が2人来ていました。夫・スティーブンは通報してから訪ねていました。スティーブンは2階で負傷して倒れています。
メグは「任せろ」とジェスチャーして上着を羽織ると、寝ていたふりを装いますが、するどいキーニー巡査が「『3』と言いかけて切れたらしいが、何を言おうとしたのか」と訊きました。
「夫と別れて新居で初めての夜。酒飲んで弱気になってつい夫に電話して〝もしベッドに来てくれたら3つのことをしてあげる〟と言おうとした。しかし途中で正気に戻って切った。だから〝3つのこと〟は私だけの秘密だ」とメグはごまかします。
それでもキーニー巡査は「今言えない状態にあるのなら、合図をしてください。まばたきするとか」「安全な方法で」と言い募りますが、メグは「警官は頭がいいわ。大丈夫よ」と答えました。まばたきはしません。
ただこの時、妙に具体的に「家に強盗がいるとでも?」などと言うので、キーニー巡査は不審感を抱きます。一応、2人の警官は引き揚げ、ラウールとバーナムは安堵しました。
室内に戻ったメグは、右腕を骨折した夫・スティーブンを椅子に座らせ、イチかバチかの賭けに出ます。
スティーブンの腕を椅子に固定させて、拳銃を握らせました。そしてハンマーを持つと、監視カメラを破壊していきます。これにはパニック・ルームのラウールとバーナムも思わず「その手があったか」と感心しました。
さらにメグは3階のガラスと鏡を割り、パニック・ルームから出るとガラスで足音がするように手配します。
パニック・ルームではバーナムが覗き穴でダイヤルを解錠し、金庫を開けました。見た目は空っぽに見えた金庫でしたが、下に銀行債2200万ドル分の束があります。
バーナムはそれを胸に入れてジャンパーを閉めると、パニック・ルームを出ました。ラウールはサラを人質&盾にしながら出ます。
撒いたガラスの音で、彼らがどこにいるかメグには分かりました。2階まで降りた時、スティーブンが銃を構えて座っているのを見て、バーナムは両手を挙げます。
スティーブンは娘・サラの解放を要求し、注意がスティーブンに向いている隙に物陰から出たメグは、ラウールにハンマーを振りかぶりました。ラウールは1階に落ちますが気絶せず、這って2階にのぼってきます。
バーナムは逃亡を図りました。
スティーブンは発砲しますが、ラウールに当たりません。ラウールはスティーブンにタックルして倒し、さらにメグに馬乗りになると顔を連打します。サラが隠し持った注射針で攻撃しますが、ラウールが乱暴に撥ね退け、サラは壁にぶつかります。
ハンマーを持ってメグにとどめをさそうとした時、戻って来たバーナムがラウールを銃で殺しました。バーナムはサラに「もう心配ない」と声をかけます。
発砲音を聞きつけた警官隊が突入し(注意:警官隊の到着が異様に早いのは、先のキーニー巡査の指示によるものと思われる)ました。
バーナムは裏口から逃げますが、包囲された警官隊に見つかりました。
…後日、メグとサラは新たな家探しをしていました。今度は分相応の家を探し、母と娘2人で新たな生活を築くつもりです。

みんなの感想

ライターの感想

突き詰めると割に謎の多い作品。
パニック・ルーム…こんなに広い家だったらば、各階に設置しておいたらいいのに…と思う。
主人公・メグの目線で話が進んでいくわけですが、黒人男性・バーナムは強盗犯でありながら、本当に紳士的です。そもそも「空き巣じゃない」と判明した瞬間から、もうやめようと最初に言い出してますし。
仕方なく始まってしまった犯罪、メグとサラの安否をひたすら願いながら観客は見るわけですが、一方でこの黒人男性・バーナムのことも「いい奴だなあ」と思ってしまいます。少なくとも私はそう思った。
メグがルームから追い出され、強盗犯2人がルームに入り、立場が逆転してからの行動。メグが監視カメラを壊しまくった行動を見て「なるほど!」な犯人2人の顔は、サスペンスなんだけど、ここだけ笑ってしまった。
迂闊にも「監視カメラ壊して回る」って発想、私もこの段階まで思いつかなかったもんな。
ラスト、包囲されたバーナムは、最初は銀行債が飛ばないように胸に手を当てていましたが、両手をあげろと言われて素直に指示に従います。
当然、銀行債は風に吹かれて空に舞う…空に舞う銀行債を映したあと、必要以上にメグの「あっ!」という驚愕の表情を長回ししているシーンがあります。非常に判断が難しい。
デビット・フィンチャー監督なので、「バーナムは降伏したが、警官隊により射殺されてしまった。強盗犯ながら自分たちを救ってくれたり、娘・サラに最後まで紳士的だったバーナムが射殺されるのを見て、メグは胸中複雑な心境であった」ということを表現しているのかな。そう思いました。
但しこれはあくまで私見なので、本編には書かずにおきます。

映画の感想を投稿する

映画「パニックルーム」の商品はこちら