「ヒッチャー」のネタバレあらすじ結末

ヒッチャー(2007年)の紹介:2007年公開。長距離のドライブをしていた大学生カップルがヒッチハイカーを乗せたことによって恐ろしい惨劇に襲われる姿を描いた作品。1986年に公開された「ヒッチャー」をマイケル・ベイがリメイク権を獲得して制作。大学生のグレースとジムは春休みを利用してドライブに。大雨の中、道路の真ん中に立っていたジョンを轢きかける。グレースが気味悪がってその場を後にするが、ガソリンスタンドで再度出会って乗せることに。しかし、ジョンは持っていたナイフを二人に突き付けるのだった…。

ヒッチャーの主な出演者

ジョン・ライダー(ショーン・ビーン)、グレース・アンドリュース(ソフィア・ブッシュ)、ジム・ハルジー(ザカリー・ナイトン)、エストリッジ警部(ニール・マクドノー)

ヒッチャーのネタバレあらすじ

【起】- ヒッチャーのあらすじ1

大学生のジムとグレースは春休みなので遠くにドライブに出掛けます。次第に日が沈んで雨が降り始めます。
見通しの悪い中、運転していたジムは道路の真ん中に立っていた男性を轢きかけます。スピンはしましたが、男性は轢きませんでした。
車が故障して困っているのだと思ったジムは乗せようとします。しかし、道路の真ん中に立っていた事から変な人だとグレースは言います。そのため乗せずに走り去ることにします。
ガソリンスタンドに立ち寄ったジムとグレースは、轢きかけた男性と再会します。トラックに拾われてやってきたのです。
レッカーを呼ぶにも時間がかかると店員は言います。ジムは男性に先ほどの非礼をお詫びします。そして近くのモーテルまで乗せてあげることにします。
男性の名前はジョン・ライダー。彼を助手席に乗せて、グレースが後部座席に乗ります。コミュニケーションをとると、次第にジョンの会話がおかしいことに二人は気づきます。
そしてジョンは目の前にあったジムの携帯を壊します。ナイフを取り出して走り続けるようにとジムを脅します。
グレースが携帯電話を隠しながら使おうとしますが、見つかってしまってジョンにナイフを向けられます。 この映画を無料で観る

【承】- ヒッチャーのあらすじ2

ジムは急ブレーキをかけてジョンを窓ガラスにぶつけます。そしてキックを連打して、グレースがドアを開けます。外に放り出して二人は逃げます。
グレースの携帯電話をジョンと一緒に放り出していることに気づきます。二人は車中で一晩を明かします。友人達のいる場所まで向かいます。途中で家族連れの車が追い越して行きます。
しかし、車中にはジョンが乗っていました。二人は注意をするために反対車線にはみ出して横から声をかけます。
すると反対車線からトラックがやってきて、二人はよけたために道路の外に飛び出して木に衝突します。
二人は無事でしたが、車は動きませんでした。歩いて目的地に向かいます。すると家族連れの車が停まっていて、中を覗きます。
父親だけがかろうじて生きていたため、車に乗り込んで近くの街まで助けるために向かいます。すると後ろからジョンの乗った車が激突してきます。
途中でジョンは違う道に行きます。街に着いて店の人にグレースは警察を呼ぶようにお願いします。しかし、ジョンも街に来ていました。
グレースがトイレから出ると警官に逮捕されます。ジムも逮捕されます。

【転】- ヒッチャーのあらすじ3

捕まった二人は無実だと必死に言います。すると交番にジョンがやってきて警官を皆殺しにします。グレースは警官の銃を持って、ジムを牢屋から出して逃げます。
州警察のエストリッジ警部が捜査に乗り出します。犯人は二人ではなく、別にいることに気づきます。
近くの家を訪れたグレースとジムは助けを呼びますが、無人でした。そしてジョンの姿を見つけて隠れます。
二人を逮捕しに来た警官がやってきます。ジムが話そうとすると、捕まえられそうになります。グレースが銃を向けて脅します。パトカーに3人で乗ろうとすると、遠くからジョンがライフルで警官を殺します。
グレースが撃ったと勘違いした警官は更に応援を呼びます。二人はパトカーで逃げていると、後ろからジョンがやってきて応援にきた警官を皆殺しにします。ヘリをも墜落させます。
ジョンは二人を見逃して行ってしまいます。グレースとジムは警察にタイヤを撃たれていて、再び歩いて進むことになります。
近くのモーテルに忍び込んだ二人はシャワーを浴びます。公衆電話をジムが一人で探しに行きます。
帰ってきたと思ったグレースでしたが、それはジョンでした。捕まりそうになりますが浴室に立て籠もって助かります。
しばらくして外にでてジムを呼びます。その声を聞いてモーテルの店員が警察に電話します。 この映画を無料で観る

【結】- ヒッチャーのあらすじ4

グレースは手足を縛られたジムを発見します。車に繋がられていて、発進すると体がちぎれてしまいます。
助けようとするとジョンが車を発進させようとします。グレースが銃で止めるように脅します。
警察がやってきても、グレースが銃をつきつけても、ジョンは車を発進させます。ジムの胴体がちぎれて死亡します。
グレースは無実が証明されて両親の待つ診療所に向かいます。逮捕されたジョンは護送されます。その後ろを警部と車に乗ったグレースがついていきます。
ジョンは自らの指を折って、血まみれになりながら手錠を外します。警官から銃を奪って護送車を横転させます。
警部とグレースも巻き添えをくらいます。警部は脚がはさまれていて動きませんでした。
グレースは今度こそ殺すため銃を手に取ります。しかし、ジョンに奪われて護送車に放り込まれます。護送車にジョンは火を放ちます。
ジョンは警部を撃ち殺します。グレースは護送車にあったショットガンを持って生還します。
グレースがジョンを撃ち殺してエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画を見ていて一番に思ったのは、これほど執念深い殺人鬼を見たことがないことです。一度車に乗せなかっただけで、ここまでしつこく追っかけてくることに恐怖します。
ジョンは自分で死にたいと言っていることや、警部に死刑になることを言われても平然としています。死を目前にした快楽を求めているのが彼なのだと感じました。
警部がジョンについて調べても、本物のジョンは行方不明になっていると言います。そしてジョンは警察のどのデータから逃れていると警部は頭を抱えます。今まで何人殺したかも分からないというジョンですから、警官さえも恐ろしい数の人を殺しているのだと思います。
警官を躊躇なく皆殺しにしていき、ヘリに乗った警官も撃ち殺し墜落させます。その無敵すぎる強さに恐怖感が倍増していきます。ジムが胴体をちぎられた時は思わず目をつぶってしまいます。
この映画を見で、1986年のオリジナル版も観てみたいと思いました。演出で違う部分がいくつかあるみたいなので気になります。恐怖の殺人鬼の映画を観たい方にはお勧めの作品です。

映画の感想を投稿する

映画「ヒッチャー」の商品はこちら