「ヒミズ」のネタバレあらすじ結末

ヒミズの紹介:2012年公開の日本映画。園子温・監督。古谷実のサスペンス・ホラー調の同名コミックの映画化。“ある事件”によって運命を狂わされた15歳の男女を、染谷将太と二階堂ふみのダブル主演で描く。

この映画を無料で観る

予告動画

ヒミズの主な出演者

住田祐一(染谷将太)、茶沢景子(二階堂ふみ)、夜野正造(渡辺哲)、まーくん(諏訪太朗)、藤本健吉(川屋せっちん)、田村圭太(吹越満)、田村圭子(神楽坂恵)、住田の父(光石研)、住田の母(渡辺真起子)、金子(でんでん)、茶沢の母(黒沢あすか)、テル彦(窪塚洋介)

ヒミズのネタバレあらすじ

【起】- ヒミズのあらすじ1

祐一は15歳の中学3年生の少年です。祐一の家は母が貸しボート屋を営むパチンコ狂いで、父は時折やってきては金をせびります。そんな家庭に育ったからか、祐一は大きな夢を持たず、ただ平凡な普通の大人になりたい、目立たない「ヒミズ(もぐら)」になりたいと考えていました。
景子は祐一と同じクラスの少女です。景子は実の両親、特に母からの虐待を受けており、早く家を出て愛する人と幸福に暮らすことを夢見ていました。
景子は同級生の中でも大人びた雰囲気を持つ祐一に強く惹かれています。それはストーカーめいた域に達しており、景子は祐一が発した言葉を「住田語録」と称して暗記し、祐一に猛アタックしました。 この映画を無料で観る

【承】- ヒミズのあらすじ2

東日本大震災後、祐一のボート屋の近くには被災者の夜野、まーくん、健吉、田村夫妻が、半ホームレスの状態で居ついています。彼らにも等しく優しく接する祐一を、夜野たちは慕っていました。
ある日、祐一の父が金をせびりに来ます。借金取り・金子もボート屋に押しかけ、父の借金600万の返済を要求しました。
祐一の母は、男とボート屋から出ていきます。
自分に暴力を振るいながら金の無心をする父を、祐一は衝動的に殺してしまいました。父の死体を埋めた祐一は、その日から「オマケ人生」を送ることにします。
祐一の人生の目標は「平凡な普通の大人になる」から「悪い奴を殺して死ぬ」に変わりました。

【転】- ヒミズのあらすじ3

学校に来なくなった祐一を心配した景子は、何度もボート屋に訪れます。祐一に鬱陶しがられても、心配してまとわりつきます。
祐一の父の借金を返済したいと考えた夜野は、街で出会ったテル彦の犯罪の片棒を担ぎ、ヤクの売人を殺します。600万を手に入れた夜野は、祐一の父の借金を代わりに返済しました。
景子や夜野たちの気遣いを感じながらも、祐一は「悪い奴を殺して死ぬ」にこだわります。紙袋に包丁を隠し持ち、夜な夜な街を徘徊して、悪い奴を見つけては殺そうとしますが、成功しません。
借金取りの金子も祐一の異変に気付きます。金子は祐一に拳銃を渡しました。その銃が抑止力となることを狙って、です。

【結】- ヒミズのあらすじ4

祐一は景子に父を殺したことを告白しました。それでも景子は祐一を愛し続けることを告げ、自首を勧めます。
悪い奴を探して徘徊した祐一がボート屋に戻ってくると、半ホームレス状態で居ついている連中と景子が、ボート屋を綺麗に改修してくれていました。景子だけ残り、あとのみんなは立ち去ります。
祐一に再び自首を勧め、祐一も景子に同意しました。
その夜、祐一は湖に入って拳銃自殺を図ります。しかし死に切れませんでした。
景子は祐一の手をとって、警察に自首に行きます。「住田、がんばれ」と言いながら。祐一も「住田、がんばれ」と連呼し、2人は手を繋いだまま、朝の街を警察署まで走りました。

みんなの感想

ライターの感想

古谷実の原作の大ファンだったのですが、さらに映画のメガホンをとるのが鬼才、園子温ということで期待を胸に映画を見ました。心情の表現方法や雰囲気の作り方にまさに圧巻でした。
原作コミックとは設定を変えたキャラクターも出てくるのですが、新しい要素として素直に受け止めることができました。さらに今勢いのある染谷将太と二階堂ふみの演技にも注目して欲しいのですが、個人的に渡辺真起子演じる典型的なダメ母がピカイチでした。

映画の感想を投稿する

映画「ヒミズ」の商品はこちら