「フライトプラン」のネタバレあらすじ結末

フライトプランの紹介:2005年制作のアメリカ映画。高度1万フィートを飛行中の旅客機から消えた少女をめぐり、その真相を探る母親の奮闘を描いたサスペンス映画で、ジョディ・フォスターが3年ぶりに主演を務めた。

この映画を無料で観る

予告動画

フライトプランの主な出演者

カイル・プラット(ジョディ・フォスター)、ジーン・カーソン(ピーター・サースガード)、マーカス・リッチ機長(ショーン・ビーン)、フィオナ(エリカ・クリステンセン)、ステファニー(ケイト・ビーハン)、オバイド(マイケル・アービー)、ジュリア・プラット(マーリーン・ローストン)

フライトプランのネタバレあらすじ

【起】- フライトプランのあらすじ1

女性航空機設計士・カイルは仕事先のベルリン滞在中に、夫・デイヴィットを突然の事故で亡くしました。
自宅のあるニューヨークへ向かうため、6歳の娘・ジュリア、棺に入ったデイヴィットの遺体とともに、ベルリン空港から飛行機に乗って出発します。その飛行機は、皮肉にもカイルが設計した最新鋭の航空機「E-474」でした。
フライト中、座席に座ったカイルは睡魔に襲われ、居眠りをします。目覚めると隣にいたはずのジュリアの姿がありませんでした。 この映画を無料で観る

【承】- フライトプランのあらすじ2

カイルはジュリアを探しますが、乗客、乗務員のだれもジュリアの姿を見たと証言する者はいません。そればかりか、なんと乗客名簿にもジュリアの名前が載っていませんでした。
混乱したカイルは、リッチ機長に機内の捜索を依頼します。リッチ機長の指示のもと、徹底的に捜索がおこなわれますが、それでもやはりジュリアは見つかりません。
そのうち乗務員・ステファニーが「ジュリアは夫と共に6日前に死亡している」とカイルに知らせました。
カイルは夫の死後、精神安定剤と睡眠薬を処方されており、こうなるとカイルの主張は信じてもらえません。

【転】- フライトプランのあらすじ3

リッチ機長はカイルの妄想だと判断します。
それでも暴走するカイルにエアマーシャル(航空保安官)・カーソンが手錠をかけ、飛行機はニューファンドランドに緊急着陸することになりました。
カイルは孤独な闘いを強いられます。
実は航空保安官・カーソンが全ての黒幕でした。カーソンは客室乗務員・ステファニーと共謀しています。
デイヴィットの棺に爆弾を隠したカーソンは、ジュリアも拉致して眠らせ、ジュリアがいないと騒ぐカイルを危険人物にします。
その上で地上には飛行機がハイジャックされたように思わせて身代金を要求しました。

【結】- フライトプランのあらすじ4

指定口座に金を振り込ませた後、危険人物と目されたカイルを代わりに犯人として逮捕させようと、カーソンは考えていました。
棺の中の爆弾は、カイルがハイジャック犯であることの証拠として用意しました。
そしてカーソンは今回の犯罪のために、カイルの夫・デイヴィットまで殺害していたのです。
カイルはステファニーに「カーソンは裏切るかもしれない」と揺さぶりをかけ、ジュリアの居場所を聞き出しました。
そして機首部分にある機械室に隠したジュリアを無事に奪還します。
乗客も全員無事で、事件は解決しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「フライトプラン」の商品はこちら