「フラットライナーズ」のネタバレあらすじ結末

フラットライナーズの紹介:1990年制作のアメリカ映画。「フラットライン」とは脳波や心電図が平らになること、「死ぬこと」の意。熱意に満ちた医学生たちが、死後の世界について調査する危険な実験を重ねるうちに、恐ろしい事態に陥るサスペンスである。

この映画を無料で観る

予告動画

フラットライナーズの主な出演者

ネルソン・ライト(キーファー・サザーランド)、レイチェル・マナス(ジュリア・ロバーツ)、デヴィッド・ラブレシオ(ケヴィン・ベーコン)、ジョー・ハーレー(ウィリアム・ボールドウィン)、ランディ・ステックル(オリヴァー・プラット)

フラットライナーズのネタバレあらすじ

【起】- フラットライナーズのあらすじ1

シカゴの医大生・ネルソンは、日頃から臨死体験に対し興味を抱いていました。彼は4人の優秀な同級生を誘い、臨死体験をして死後の世界を見ようと言います。
誘われたのは、まだ学生の身分でありながら正義感で瀕死の女性のオペをして停学中のデヴィッド、最近アンという女性と婚約したプレイボーイのジョー、紅一点の女子学生・レイチェル、医学による人類創世を夢みるランディです。
5人は補修中で立入禁止の大学の美術館にひそかに集まり、実験を開始しました。1人が被験者、ランディは記録係で、残る3人が蘇生係です。
発案者であるネルソンがまず被験者となりました。他の皆はネルソンを人工的に心停止させ、1分後に蘇生させます。

【承】- フラットライナーズのあらすじ2

死後の世界から戻ってきたネルソンは、不思議な情景を見たと語りました。ネルソンの蘇生に成功した喜びもあり、ジョーが次の被験者に立候補します。
続いてジョーが2分30秒の心停止状態になります。ジョーの見た世界はネルソンのものと異なっていました。
ところが、この臨死体験の実験直後から、ネルソンとジョーを幻覚が襲うようになります。
ネルソンは幼少期に、自分が虐めたために樹の上から転落死した少年・ビリーの幻を見るようになりました。死んだはずの少年・ビリーは現実世界に現れて、ネルソンに何度も攻撃を加えます。
ジョーは過去にベッドインした、遊び相手の女性たちの幻影におびやかされるようになりました。

【転】- フラットライナーズのあらすじ3

現実派のデヴィッドはネルソンとジョーの主張を信じません。デヴィッドも4分弱の心停止の実験に挑戦しますが、デヴィッドは幼い頃に虐めた黒人の少女・ウィニーの幻に悩まされました。
最後に被験者となったレイチェルは、実験中に停電というトラブルに見舞われ、10分近く心停止しました。それ以降、自殺した父の幻を見るようになります。
臨死体験により「自分の中に潜む過去の罪悪感」を浮き上がらせてしまったのでした。
それに気づいたデヴィッドは、大人になったウィニーの居場所を探り、謝罪に行きます。ウィニーに許されることで、デヴィッドは幻影を見なくなりました。
レイチェルは幻の父に謝罪して罪の意識から解放されます。 この映画を無料で観る

【結】- フラットライナーズのあらすじ4

ジョーは他の女性たちと何度も遊んでいたことが婚約者・アンに発覚し、アンに婚約破棄されてしまいます。これにより幻覚から解放されました。
ネルソンはビリーの墓参りで罪を謝罪しますが、相変わらずビリーはネルソンの前に現れます。
追いつめられたネルソンは、再び実験で臨死体験することで、ビリーと対決することにしました。
ひとり実験台にのぼって死後の世界へ行ったネルソンに気づき、残りのメンバーが蘇生を始めます。一同が気づいたときネルソンは死後10分以上経過していました。
ネルソンは臨死体験でビリーと和解します。意識を回復したとき、ネルソンはビリーに許されたことを知りました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「フラットライナーズ」の商品はこちら