「ブラックサイト」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

ブラックサイトの紹介:2008年公開のアメリカ映画。R-15指定。原題は「追跡不可能」の意。ネット上で殺人を公開し、アクセス数が増加するほど早く死に至るよう設定する異常者と、サイトを捜査するFBIの女性捜査官の奮闘が描かれ、火花散る頭脳戦&心理戦を繰り広げる。

ブラックサイトの主な出演者

ジェニファー・マーシュ捜査官(ダイアン・レイン)、エリック・ボックス刑事(ビリー・バーク)、グリフィン・ダウド捜査官(コリン・ハンクス)、オーウェン・レイリー(ジョセフ・クロス)、ステラ・マーシュ(メアリー・ベス・ハート)、アニー・ハスキンズ(パーラ・ヘイニー=ジャーディン)

ブラックサイトのネタバレあらすじ

【起】- ブラックサイトのあらすじ1

アメリカ、オレゴン州・ポートランド。
ジェニファー・マーシュはFBI(連邦捜査局)のポートランド支局の、サイバー犯罪課に勤務する女性です。
警官だった夫・ニックが殉職した後は、初老の母・ステラと8歳になる娘・アニーと暮らしていました。自宅には猫も飼っています。
女手ひとつで一家を支えるために、ジェニファーは割のいい夜勤を希望しました。主に母・ステラに娘・アニーの面倒を見てもらい、夜勤明けの朝、アニーを学校まで送ってから仮眠を摂るのがジェニファーの日常でした。
ジェニファー捜査官は同僚の若い男性・グリフィン捜査官と共に、日夜インターネット上にある違法サイトを摘発しては、閉鎖する研究をしています。
たとえば〝音楽泥棒.com〟というサイトは、表向きは曲の無料配信をするサイトです。しかしそこで注文すると、パソコンから金融データとパスワードが盗まれるようになっていました。
このサイトでの被害額は25万ドルに及びます。ジェニファーは摘発しただけでなく、そのサイトの管理人が得た金を使って何を買ったかまでチェックしました。パソコン機器に使われたほか、ポルノを購入していました。
サイバー犯罪課には警察からも依頼がかかります。
シャロンという女性がハッキングの被害に遭った際には、犯人はサム・バロウズというプログラマーだと調べ上げました。警察が突入してサム・バロウズを逮捕した時には、HDDを回収するよう助言します。
ある日、ネット上に〝KILL WITH ME?(一緒に殺す?)〟というサイトが立ちあがりました。トップページは赤と黒で構成され、背景に骸骨が浮かんでいるサイトです。
当初このサイトでは、略取してきたと思われる猫の動画のライブ中継をします。拘束した猫を徐々に弱らせて殺していく「動物虐待」のサイトでした。
猫は死に、後日その猫は数日前にS・ヒルマンという若い男性の飼い猫・ルルだと、映っていた首輪から判明します。
奇妙なことには、〝KILL WITH ME?(一緒に殺す?)〟のサイトが現れた数分後に、警察への通報がなされていました。そして警察経由でFBIに捜査依頼が舞い込んでいます。
たった数分で通報がある…つまりは、サイトを立ち上げた人物が故意に通報して知らせたものと思われました。通報はポートランド市内の公衆電話からです。
ジェニファーはサイトの閉鎖措置を取りますが、IPアドレスがたえず変更されていて、完全に抹消することはできません。
常に無限にコピーされており、サーバーはロシアの不正サーバーを利用していました。遠隔操作ソフトも使われているようです。つまりは、いくら消しても無理で、犯人はかなりコンピューターに精通している人物とみられました。
上司・ブルックスは「猫だから気にするな」「別のもっと身近な仕事に戻れ」と捜査の終了を指示します。ちなみにブルックスはIPアドレスの意味も分からない人物です。
しかしジェニファーとグリフィンは「これで済むわけがない」と考えていました。ジェニファーとグリフィンの読みは当たります。
アイスホッケーの試合を見に行ったまま行方不明になった男性H・ミラーが、この〝KILL WITH ME?(一緒に殺す?)〟というサイトに突如として映しだされます。

【承】- ブラックサイトのあらすじ2

ミラーは両手両足を拘束され、ある液体の薬物を投入されていました。サイトには「見れば見るほど、早く死ぬ」というメッセージがテロップで画面下に流れ、ミラーの胸には「KILL WITH ME」の文字が切り傷で彫られていました。
男性警察官のボックスと相棒・モイが妻に事情を聞いたところ、ミラーは飛行機のチャーター便のパイロットをしていました。アイスホッケーのホークスというチームのファンで、取れなかったチケットを譲ってもらえるというメールが届いたので、観戦して帰るという電話があったそうです。
ジェニファーがミラーサイトのログをチェックすると、国内IPだと判明します。
ボックス刑事(警察)はジェニファー(FBI)とコンタクトを取り、互いの情報を共有しました。警察側からは「幽閉された地下室は1920~1930年代に作られたもの(これでポートランド市内の約半分に絞られる)」「残されたミラーの車には指紋なし」という情報がもたらされ、ジェニファーは「非常に手の込んだ作りで、サイトの追跡は不可能」と答えました。
サイトのアクセス累積数が上昇するに従って、投薬量が増える仕組みになっています。やがてミラーは鼻血を出し始め、ジェニファーらは投薬している薬が「ヘパリン(抗凝固剤)」だと推理しました。
やがて全身のすり傷(拘束された手錠などからできた傷)から出血し、ミラーは約12時間後に死亡します。
画面を見ながらグリフィンが「ミラーがボーイスカウトなら、まばたきでモールス信号で情報を送れるのに」とぼやきました。
ミラーの遺体は、翌朝、レストン下院議員の車のトランクから見つかります。レストン議員はネット司法委員で、法規制反対派です。
犯人は「レストン議員を支持する」という意味とレストン議員の宣伝のつもりで、トランクに入れたものと思われました(レストン議員が注目されるから)。
捜査線上に、アーサー・J・エルマーという若い男性が浮上します。若いエンジニアの男性でしたが、彼はミラー失踪時、12時間ぶっつづけでチャットの最中だったというアリバイが見つかりました。
娘・アニーの誕生会でローラースケート場を貸し切ってパーティーを開いたジェニファーは、事件発生の知らせを受けてパーティーを中座します。
アニーは自宅パソコンで、友人からもらったメールで勧められた馬のゲームをダウンロードしたが、あまり面白くなかったと言いました。
サイトに被害者が映し出されました。今度は地元ケーブルテレビのキャスターをする、D・ウィリアムズという男性が拘束されています。
ウィリアムズは下半身をセメント漬けにされ、上半身の周囲には加熱ランプが照射されていました。アクセス数が増えると、加熱ランプの照明が強くなる仕組みです。
FBIの上司・ブルックスは会見を開き「ネット閲覧を自粛するように」「殺人の共犯になる」と報道しますが、逆効果でした(そりゃ当然だな)。話題が話題を呼び、前回よりもアクセス数が伸びます。
ジェニガーとグリフィンは、NSA(アメリカ国家安全保障局)の協力が得られれば、簡単にサイトを閉鎖できるのだと上司・ブルックスに訴えましたが、聞き入れられませんでした。
サイトに映し出された顔をアップにしたグリフィンは、ウィリアムズが口で何かを伝えていることに気づきました。「ニューベリー街 8808」と、口の動きで推定します。
警察が突入しますが、犯人は立ち去った後でした。ウィリアムズは趣味の鉄道模型を売ってもらえるメールをもらい、その住所におびき出されていました。

【転】- ブラックサイトのあらすじ3

犯人はそこでウィリアムズを拉致した後、スタンガンで気絶させて別の地下室に監禁しました。その住所は韓国人男性T・パクの所有地ですが、本人は帰国して留守でした。
ウィリアムズは前回の半分の時間、6時間で亡くなります。
警察もFBIも後手後手に回り、捜査は一向に進展しません。
ジェニファー宅のパソコンに犯人がアクセスし、ジェニファーの家が映し出される事件が起きました。最初に気づいたのは娘・アニーです。
ジェニファーがカメラの搭載された、自宅前に駐車された車をチェックすると、そこにウィリアムズの遺体が入っていました。ジャニファーのパソコンは、娘・アニーがダウンロードした馬のゲームを介して侵入され、遠隔操作されていました。
犯人はジェニファーを挑発するように「少女を殺すと思った?」というテロップを流します。
母・ステラと娘・アニーを避難させ、ジェニファーも市内のモーテルに宿泊しました。
ボックス刑事は、犯人はジェニファーがFBI捜査官と知る人物で、なおかつ最初にサイト〝KILL WITH ME?(一緒に殺す?)〟を宣伝した時に使われた大学生A・キルバーンの身近にいる人物だと絞ります。
実は同じ頃、ジェニファーの相棒のグリフィンのパソコンも侵入されてました。グリフィンは押収したパソコンの中身を閲覧し、ある結論に至っていました。それをジェニファーに告げる約束をしたところで、恋人・メラニーの振りをした犯人に騙されて、拉致されます。
サイトにグリフィンが映し出されました。下着のみの姿で椅子に繋がれ、透明の容器に入れられています。首まで水に浸かったグリフィンの胸部には、FBIのバッジが置かれていました。
単なる水入りプールですが、アクセス数が増えると後方にあるタンクから、少しずつ硫酸が注入される仕組みです。
上司・ブルックスは「これはテロだと上層部に掛け合え」と指示しますが、3回目ともあってアクセス数があがるペースがとにかく速くなっていました。
水槽に血が混じり、グリフィンの皮膚が剥がれ始めます。身近な者が処刑されている様子に、ジェニファーはショックを受けました。
グリフィンはまばたきで合図を送ります。ジェニファーが気づき、モールス信号が分かるレイに読み取ってもらいます。
〝OUR SUICIDE(我々の自殺)〟と読み取れたところで、グリフィンは息絶えました。相棒の死にジェニファーは落胆し、ボックス刑事が慰めます。ボックス刑事は、ジェニファーの亡き夫・ニックを知る人物でした。
眠れないジェニファーは、最後に残したグリフィンのメッセージについて考えます。
そしてそれが、グリフィンと一緒に閲覧した、押収したキルバーンのパソコン動画にあった『ラッシュアワー自殺』というものだと分かりました。アワー(HOUR)のHまでを読み取らず、それ以降だけを読み取ったため、「我々の自殺」という名になっただけで、グリフィンはその動画を目で合図していたのです。
ボックス刑事の協力を得て、ジェニファーは「ラッシュアワー自殺」の動画をチェックします。
それはある大学教授が妻の死で鬱になり、ブロードウェイ橋の上で拳銃自殺してその死体が落下する一部始終をおさめた動画でした。大学教授はマーシャル短大の化学の教授J・ライリーです。
その映像はたまたまチャンネル12のスタッフが、渋滞情報を流すために小型セスナをチャーターして移動している時に撮影したものでした。元は渋滞情報を知らせるものだったので「ラッシュアワー自殺」という名がつけられました。

【結】- ブラックサイトのあらすじ4

リポーターのウィリアムズが後日駐車中の持ち主にインタビューして、映像はニュースで流されます。
結果、その映像は50億人の目にさらされ、今でも動画サイトで閲覧できる状態になっていました。
最初の被害者はチャーター機のパイロットで、2番目の被害者はニュースのリポーターです。つまり犯人はライリーの自殺を流した人物を恨みに思っている、息子・オーウェンだと、ジェニファーとボックスは推理しました。
息子・オーウェンは繊細な若者で、父の死後ショックでしばらく入院しましたが、半年前に退院したそうです。
トップページの骸骨が父・ライリーのもので、左上に小さく載っている数字は、父の死亡日と検死報告書番号でした。
オーウェンの自宅に突入すると、地下室にグリフィンの死体がありました。犯人は20歳の青年オーウェン・ライリーです。
このところ働きづめのジェニファーをいたわって、上司・ブルックスが1週間ほど休暇を取って家族と一緒に暮らせと言いました。事件から遠ざけようと思っているわけではなく、本当に親切心からです。
モーテルをチェックアウトして車に乗ったジェニファーは、自分の車がハッキングされたと気づきました。GPS案内からマイクの音声で、犯人・オーウェンの声が流れます。
FBI捜査官のグリフィンとジェニファーを狙ったのは、動画を野放しにしたという罪ででした。
ドアもロックされ、橋の途中でエンジンも止められたジェニファーは、肘で窓ガラスを割って車外に脱出し、橋の途中にある公衆電話でFBIと警察に通報し、さらにボックスにも連絡します。
再び車中に戻ったジェニファーは、車に潜伏したオーウェンにスタンガンで気絶させられました…。
…目覚めると、ジェニファーはワイヤーで逆さづりにされていました。下に芝刈り機の丸い小さなのこぎりが置かれています。
アクセス数がアップするたびにワイヤーが伸び、頭部が芝刈り機に近づく仕組みでした。
オーウェンはジェニファーを殺した後、自分自身も注射で自殺し、ネット動画で自殺する模様を配信する予定だと言います。
人間の好奇心があだになることを指摘したオーウェンは「そのうち国の死刑も閲覧できる世の中になるだろう」と言い、今回の被害者・ジェニファーは女性で「女が被害者だと閲覧数も多い」と告げました。
その通りで、サイト開始からサイト累計閲覧数はうなぎのぼりになります。FBIも警察も、居場所の特定に必死になりました。
ボックスがジェニファー宅の地下室だと指摘し、突入部隊が急行しますが、間に合いそうにありません。それほどアクセス数の伸びは早いのです。
ジェニファーは吊られた状態でわざと大きく揺れ、拘束された腕でパイプ管を掴むと、それを引きはがしました。
引きはがしたパイプ管の蒸気がオーウェンの目を直撃します。オーウェンがひるんだ隙にワイヤーを外したジェニファーは、オーウェンと取っ組み合いをしました。これら一部始終がすべて中継されます。
オーウェンが落とした銃を拾い、ジェニファーがオーウェンを射殺しました。その後画面に向かって、FBIのバッジをかざします。(犯罪抑止の意味で、バッジを掲げたものと思われる)
〝KILL WITH ME?(一緒に殺す?)〟では、過去最高のスレッドが流れたものの、閲覧数はオーウェンが死んだ瞬間に3万にまで落ち込んでいました。
(オーウェンが死んだから用なしとみなして閲覧数が下がったとも取れるし、FBIの勝利に終わったことを面白くないと感じた人間が多いというふうにも取れる)

みんなの感想

ライターの感想

面白かった! 全編を通してスリリングな展開。
「人を殺す様子をライブ中継する」この手の映画は最近多いけど、どっちかというと不条理ものが多い。
犯人の意図が曖昧だったり、犯人が明らかにされず「主人公が生き延びてよかったねで終わり」なんてのが多い中、
この作品はきちんと殺害相手や動機をきちっと描いている。
それに到達するまでの過程もじっくりと描かれているため、最後までどきどきはらはらする。
主人公・ジェニファーの奮闘ぶりも伝わって来る。
『SAW』シリーズとはまた違った切り口。
ジャンルとしては間違いなくサスペンスなのだが、劇中グロい映像が出てくるので、それ苦手な人は避けたほうがいいかも。
ただすごく面白かった!

映画の感想を投稿する

映画「ブラックサイト」の商品はこちら