「プラチナデータ」のネタバレあらすじ結末

プラチナデータの紹介:2013年制作の日本映画。東野圭吾の同作品が原作。DNA捜査により犯罪検挙率100%となった近未来の日本を舞台に、DNA情報「プラチナデータ」により犯罪に巻き込まれた科学者と、それを追う刑事の攻防を描いた作品。

プラチナデータの主な出演者

神楽龍平&リュウ(二宮和也)、水上利江子(鈴木保奈美)、志賀孝志(生瀬勝久)、白鳥里沙(杏)、蓼科早樹(水原希子)、戸倉稔(遠藤要)、蓼科耕作(和田聰宏)、神楽昭吾(萩原聖人)、那須真之(中村育二)、浅間玲司(豊川悦司)

プラチナデータのネタバレあらすじ

【起】- プラチナデータのあらすじ1

近未来の話です。日本では全国民のDNAデータ「プラチナデータ」を使いDNA捜査が導入されて、検挙率100%、冤罪率0%の社会となっていました。神楽龍平は、警察庁に新設された特殊捜査機関「特殊解析研究所」の犯罪専門科学者で、志賀所長の指揮の下、「NF13(Not Found13)」について調査していました。NF13(13番目の該当者なし)とは連続猟奇殺人事件の犯人のことで、DNA検査結果に該当する人間がいないというものです。そんな折、DNA捜査システムを開発した数学者・蓼科早樹とその兄が、NF13に殺されてしまいました。早樹は自閉症で、水上利江子の勤務する新世紀大学病院に引きこもっていました。

【承】- プラチナデータのあらすじ2

早樹の爪に残された皮膚片をDNA検査にかけると、犯人は神楽龍平と出ますが龍平は身に覚えがありません。龍平は白鳥里沙の助けを借り逃亡しました。捜査担当の刑事・浅間は、犯人と断定された龍平を追います。調査の途中で、父の死をきっかけに龍平が多重人格になったことを浅間は知りました。一方龍平は里沙に、なぜ逃亡を手伝ってくれたのか問います。その答えは意外なものでした。早樹は殺される直前に「モーグル」というデータを完成させていました。それは、いまあるプラチナデータの欠点を補完したものでした。里沙は早樹の作ったモーグルを狙ったアメリカからのスパイです。データのありかを探るために龍平に協力したのでした。

【転】- プラチナデータのあらすじ3

龍平もモーグルを探すことにしました。調査するうち、浅間は「犯人は龍平ではない」と思い始めます。そのころ龍平を手伝っていた里沙が殺されてしまいました。浅間は龍平に追い迫り、龍平に手を組もうと持ちかけます。龍平は承諾しました。浅間と龍平が調べていくうち、龍平のもう一つの人格である”リュウ”と早樹は恋愛関係にあることが分かり、愛する恋人・早樹をリュウが殺すわけがないと2人は結論づけました。またリュウの部屋にあった早樹を描いた絵から、モーグルのデータが出てきます。モーグルのデータはNF(該当者なし)をなくすものでした。政府の高官や警察官僚などの特権階級者のデータを敢えて「NF」にすることで、彼らの立場を保障していたのです。

【結】- プラチナデータのあらすじ4

モーグルを使った結果、NF13は水上利江子と判明します。龍平は利江子に会い、銃を向けてきた利江子を返り討ちにします。取り調べのとき、浅間は龍平に「主人格は本当はリュウのほうだ」と告げます。多重人格の治療をする際に興味を覚えた利江子によって、龍平とリュウの立場が入れ替えられていました。利江子は完全な遺伝子を作る研究をしていて、遺伝子さえあれば肉体は不必要だと思っています。当然、殺人も悪いことだと思っていません。そして利江子の秘密(猟奇殺人の犯人であること)を早樹が知ってしまい、早樹のことが邪魔になったので利江子は殺害したのでした。大事なのは遺伝子ではなく人間個人の意思であるとリョウ(と龍平)は気づきました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「プラチナデータ」の商品はこちら

プラチナデータ DVD  スタンダード・エディション