「ペーパーボーイ真夏の引力」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

ペーパーボーイ 真夏の引力の紹介:2012年公開。殺人事件を調査する兄弟が、事件の真相をめぐる複雑な人間関係に巻き込まれていく姿を描いている。ピート・デクスターの小説「ベーパーボーイ」が原作。リー・ダニエルズが監督を務め、ザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒー、ジョン・キューザックらが出演。

予告動画

ペーパーボーイ真夏の引力の主な出演者

ジャック・ジェンセン(ザック・エフロン)、ウォード・ジェンセン(マシュー・マコノヒー)、シャーロット・ブレス(ニコール・キッドマン)、ヒラリー・ヴァン・ウェッター(ジョン・キューザック)、ヤードリー・ エイクマン(デヴィッド・オイェロウォ)、W・W・ジェンセン(スコット・グレン)、タイリー・ヴァン・ウェッター(ネッド・ベラミー)、エレン・ガスリー(ニーラ・ゴードン)、アニタ・チェスター(メイシー・グレイ)

ペーパーボーイ真夏の引力のネタバレあらすじ

【起】- ペーパーボーイ真夏の引力のあらすじ1

1969年の夏、フロリダ州モート群に最低最悪の評判のコール保安官がいました。彼は黒人を大勢殺して憎まれていました。
白人も怖がるほどで、ついに誰かが我慢できなくて刺します。内蔵を出して1マイルも這った彼には銅像が立ちました。
ジェンセン家のウォードは、マイアミ・タイムズ紙の記者です。父も記者で、弟のジャックは水泳選手でした。大学から追い出されて、ジャックは新聞配達をしていました。
母は昔に家を出ていき、WWが父の傍にいました。WWは家政婦で黒人のアニタをこき使います。アニタと兄弟は仲が良いです。
ウォードはヒラリーの事件について取材をしていました。ヒラリーはコール保安官の殺人容疑者として逮捕された人物です。
そんなヒラリーに手紙を書くのは、シャーロットという40代の女性です。彼女は危険な男が好きで、手紙でやり取りしたヒラリーに恋をします。ヒラリーの無実を証明して、刑務所から出すためにも、シャーロットはウォードに情報提供の手紙を送ります。
ウォードが町にやってくると、ジャックが運転手として迎えにやってきます。ウォードと同じ会社で、ロンドン出身の黒人のヤードリーが助手として一緒にいました。
ガレージのオフィスに到着すると、シャーロットが情報の書類を持ってやってきます。ジャックが荷物を持ってあげて案内します。ジャックは彼女に一目惚れをしてしまいます。
ウォードはヒラリーの死刑判決に反対の意見でした。書類を調べていると、血まみれの証拠品は裁判前に当局が紛失していたという文面を見つけます。
ジャックはというと、シャーロットを刑務所の近くまで連れてきていました。1人の男性が刑務所から出てきて、ジャックは記憶に残ります。看守がここは駐車できないと注意してきて、二人は帰ることにします。
裁判では、ヒラリーの証言はまったくさせてもらえませんでした。弁護士のパインでさえも、ヒラリーを救おうとする意思がない様子です。
ウォードたちはパインに交渉に行き、ヒラリーと面会することができます。ウォードやヤードリーが話しかけても、ヒラリーはシャーロットと出会えて夢中です。
手紙で書いた通り、シャーロットに足を開かせ、ストッキングを破くように指示していきます。また、口を開かせて、シャーロットは喘ぎ声を言い始めます。ヒラリーとシャーロットは絶頂を迎えます。
何してるんだと、ヒラリーは看守によって牢屋に戻されます。ヤードリーはこの様子に爆笑します。

【承】- ペーパーボーイ真夏の引力のあらすじ2

ウォードは保安官事務所に意見を聞きに行きます。保安官代理にも聞きに行こうとしますが、ヒラリーが憎いことから、誰も話さないぞと言われてしまいます。
再度ヒラリーの面会に行き、ウォードはタイリーおじさんと芝刈りに行った話しを聞こうとします。しかし、ヒラリーはシャーロットがワンピースを着てないことに怒り心頭です。話にならずに面会は終わります。
ジャックはシャーロットとビーチに行きます。口でしてあげようかと言われた後、答えないでいると友情を台無しに出来ないことから、シャーロットは止めておくことにします。
近くにいる若い女の子に声をかけたら?などとジャックに言います。その後、囚人は口でさせられるのよと言います。ジャックは知るかと怒って海に入ります。
しかし、海にはクラゲが大量にいて、ジャックは刺されます。砂浜に何とか上がってくると倒れ込みます。
女の子たちが気づいて、助けるためにおしっこをかけようとします。何してんのよとシャーロットが出ていき、自分がすると言って、ジャックにおしっこをかけます。
救急車が呼ばれて、自宅で目が覚めたジャックは何か臭いと思います。シャーロットにおしっこをかけられたことをアニタから聞きます。父はこの事件を記事にしてしまいます。
新聞屋の性分だと言われて、ジャックが怒ってヤードリーと喧嘩になります。ヤードリーはジャックに絞め落とされそうになります。
ウォードはジャックと面会に行き、ヤードリーとシャーロットに残っておくように指示します。ヒラリーは犯行時間芝刈りしていたと打ち明け、ウォードは供述と証言を照らし合わせていきます。
シャツとナイフが血まみれだったことを聞くと、それはワニの皮を剥ぐからだとヒラリーは答えます。だから血液型が合わないと言います。
タイリーの居場所を彼から聞いて、ウォードはシャーロットにゴルフ場にヤードリーを行かせるように伝えます。
兄弟はタイリーに会いに行くため、ジャングルのような沼地を通ることになります。虫や蛇がいる中、沼地ではまってしまうこともありますが、何とか進んでいきます。
ワニが吊るしてある家に到着し、タイリーが出てきます。事件の夜に芝生を盗んでいたことを聞きますが、彼は証言してくれません。
タイリーは家族とアイスを食べ始めると、椅子をもってこいと言います。すると証言してくれて、ゴルフ場で盗んだ後、コンドミニアムのディベロッパーに売ったと言ってくれます。
タイリーは朝になって、ヒラリーと帰ってきたとも言います。なぜ話してくれたのか聞くと、ウォードが無罪と信じているからだと答えてくれます。ジャックが怖がってるからと、話は終わりになります。

【転】- ペーパーボーイ真夏の引力のあらすじ3

帰ってると、ジャックはシャーロットと刑務所に行った時に、タイリーを見たと話します。ウォードはタイリーもグルかもしれないと考え始めます。
車を停めてる場所に着くと、タイヤがパンクさせられていました。二人は街まで歩いてホテルに行きます。
翌日、ホテルに置き去りにされて、ジャックは怒ります。今度はヤードリーが、自分の服をジャックが着ていて怒ります。
ヤードリーは、ゴルフ場の管理人が通報していた情報を手に入れていました。管理人本人は死亡していましたが、他の男が覚えていました。災害ファンドに申請していて、ディベロッパーは墓地で盗んだと思っていました。
ジャックは、シャーロットがヤードリーと寝たのか気になります。シャーロットは、男と女が寝ることは自然なことと説明します。雨が降る中、パンツ一丁のジャックはシャーロットと踊ります。
早く帰りたいことから、ヤードリーは本部に報告します。ウォードの父は記事がでれば、広告主に大打撃が起こると懸念します。
また、ウォードではなく、エレンを編集長に任命します。そしてWWと結婚すると言い出します。母の指輪をWWがはめていて、ジャックは取り返します。
ヤードリーは本社へ帰り、3人は酒場に行きます。飲みすぎたウォードは、酒場で黒人の男たちと睨み合いになり、トイレに行きます。
ジャックはシャーロットに母の指輪をあげます。シャーロットの妄想をして寝てると、彼女が起こしに来ます。
ウォードの部屋の様子がおかしいのです。二人が外から見ると、黒人たちにウォードが拷問されていました。ウォードは手錠をかけられて、うつ伏せで血まみれになっていました。
助けを呼んで病院に運ばれ、多分大丈夫よとシャーロットはジャックを安心させます。同じベッドにシャーロットとジャックは入ります。シャーロットは一度だけいいと許可します。
母に捨てられたことが原因で、ジャックは学生時代に恋人ができないでいました。彼にとってシャロットは、恋人であり母なのでした。
なぜヒラリーなのかとジャックが聞くと、シャーロットは二十歳じゃわからないと答えます。ヒラリーは無罪で犯人でないこと、ジャックとは付き合えないことをシャーロットは言います。
命を取りとめたウォードは、実はマゾでゲイでした。そのことを隠していて、ジャックは傷つきます。シャーロットを引き止めようとしますが、指輪を返されてしまいます。

【結】- ペーパーボーイ真夏の引力のあらすじ4

ジャックはヤードリーのいる会社に乗り込みます。ウォードの名をのせて、記事を出すなと頼んだのに、彼がだそうとしたからです。せめて出す前にウォードに読ませろとジャックは頼みます。
実はヤードリーはロンドン出身ではありませんでした。ウォードとエッチなことをして、この仕事についていました。そうでなければヤードリーは、この会社で記事をかけるわけなかったのです。
その後、ヒラリーが知事の恩恵で釈放されます。ジャックはシャーロットに、指輪をもう一度贈ると諦めないでいました。
ヒラリーが家にやってきて、シャーロットは少し戸惑います。しかし、切羽詰まったファックが始まります。沼暮らしは嫌だというシャーロットでしたが、越すことになります。シャーロットは、ジャック宛の大事な手紙をタイリーの家族に頼みます。
退院したウォードでしたが、生活は荒れ放題となっていました。ヤードリーは本の出版をして有名になります。ウォードは芝生を盗んだ証拠はどこにも無く、何か見落としてると考えます。
父とWWの結婚式が行われ、アニタが厨房で働いていました。アニタはWWによって家政婦をクビにされていました。
ジャックがアニタに会いに行くと、ある手紙を渡してくれます。それはエレンが一ヶ月前にきて、ジャックに見せないようにと置いていったものでした。
その手紙はシャーロットが送ったものであり、ヒラリーがそれなりに愛してくれるけど結婚に失敗したと書いてありました。あなたのシャーロットよりと最後に書かれていました。
ジャックが救い出しにいこうとすると、ウォードも協力します。ボートで沼を進み、途中からは歩いて向かいます。
電気フェンスでウォードが引っかかりますが、ヒラリーの家に到着します。そこは沼地の中で、ひどい環境でした。
ヒラリーが女房は居ないぞと、マチェーテを持って出てきます。家の中では、シャーロットが椅子の上で血を流して死んでいます。
ウォードが戦いますが、ヒラリーに捕まって首を切られて死にます。ジャックは逃げていき、木の上に登って隠れます。
ボートで逃げようとしますが、見当たりませんでした。ヒラリーが追ってくると考え、泳いで逃げます。
ボートでヒラリーが探しに来て、ジャックは潜って隠れます。エンジンがかからなくなり、ヒラリーは帰ります。
シャーロットとウォード殺害で、ヒラリーは有罪となって死刑になります。コール保安官の事件は未解決のままでした。
ジャックがボートで帰る姿が映し出されます。ボートにはウォードとシャーロットの遺体がありました。その後、ウォードの葬儀で、ジャックは母と再会できます。そしてジャックは作家になりますが、二度と本当の恋はできませんでした。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、シャーロットを演じるニコール・キッドマンの演技力が凄いです。セクシーなシーンも多数あり、役になりきってる彼女が、映画賞で評価された理由が分かります。
おしっこだったりと下ネタもある作品で、ジャックのパンツ一丁の姿の場面が多いです。また、ウォードがやられる場面が多いのも印象的でした。
ワニの臓器が出て来る場面があり、大人向けのリアルな映画となっています。沼地の自然の壮絶さも分かる映画で、大人向けに作られている印象を受けました。

映画の感想を投稿する

映画「ペーパーボーイ真夏の引力」の商品はこちら