「ホワイトアウト(2000年)」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

ホワイトアウト(2000年)の紹介:2000年公開の日本映画。真保裕一の同名ベストセラー小説を映像化。日本最大のダムを占拠したテロリストに、人質を奪還すべく活躍する青年の姿を描く。「ホワイトアウト」は激しい吹雪で視界が奪われる状態をさす。

この映画を無料で観る

ホワイトアウト(2000年)の主な出演者

富樫輝男(織田裕二)、平川千晶(松嶋菜々子)、宇津木弘貴(佐藤浩市)、奥田勲(中村嘉葎雄)、吉岡和志(石黒賢)、笠原義人〔小柴拓也〕(吹越満)、藤巻謙介(古尾谷雅人)、岩崎吉光(平田満)、戸塚信吾(橋本さとし)、貴嶋聡(工藤俊作)、桑名文彦(浜田学)、金子雅也(林宏和)

ホワイトアウト(2000年)のネタバレあらすじ

【起】- ホワイトアウト(2000年)のあらすじ1

日本最大の貯水量を誇る新潟県奥遠和ダムは、150万キロワットの電力も発電する発電所でもあります。
12月、ダムの保守点検・運転員の富樫と吉岡は、山岳地帯での遭難者救助に向かいました。発見した遭難者と受傷した吉岡を現場に残した富樫は、救援隊の要請に猛吹雪の中を進みますが、ホワイトアウトに遭遇し、吉岡だけが帰らぬ人となってしまいます。
2か月後、吉岡の婚約者・千晶が奥遠和ダムを訪れました。それを知る富樫は、吉岡の遺品を渡すべく千晶を待ちます。
しかし千晶がダムに到着した直後、ダムと発電所がテロリストによって占拠されてしまいました。 この映画を無料で観る

【承】- ホワイトアウト(2000年)のあらすじ2

テロリスト集団『赤い月』は、周辺ダムの制御システムをも手中におさめました。そしてダムの関係者と千晶を人質にして、50億円の身代金を政府に要求します。
赤い月は、要求を拒否した場合には人質を殺し、ダムを爆破すると宣言しました。
もしダムが爆破され膨大に貯水された水6億立方メートルが決壊により放流すると、下流域に住む20万以上の世帯が洪水に呑まれ、大惨事となることは火を見るより明らかです。
タイムリミットは24時間ですが、ダムに通じる唯一のルートは赤い月がすでに爆破しており、悪天候も手伝って警察は手出しすることができませんでした。

【転】- ホワイトアウト(2000年)のあらすじ3

実は2か月前に吉岡が命を賭して救った遭難者たちは、赤い月のグループの一員でした。それを知った富樫は怒りに燃え、ひそかに脱出を図ります。そしてダムの関係者と千晶、付近の住民を救うことを決意し、動き始めました。
ダムの内部をよく知る富樫は、赤い月の1人を倒して自動小銃を手に入れると、赤い月のメンバーを1人ずつ倒していきます。ダム運転員の富樫は発電設備を止め、ダムの外に抜ける水道から脱出しました。
8km先の大白ダムへ向かった富樫は外部・警察と連絡を取り、赤い月の情報を流します。赤い月のリーダーが宇津木だと判明しましたが、警察はまだダムに乗り込めません。

【結】- ホワイトアウト(2000年)のあらすじ4

警察は要求どおり、金と犯行一味の脱出用ヘリを用意していました。
再び奥遠和ダムに戻った富樫は、赤い月の中で内紛が起きていることを知ります。
赤い月のメンバー・笠原は、かつてテロに妻子を殺された人間で、かたきを討つためにひそかに赤い月に潜入していたのです。
さらにリーダー・宇津木が身代金をひとり占めしようと企み、単身脱出します。宇津木を追い、笠原は千晶を連れてスノーモビルで追跡し、富樫もまた追いました。
富樫はスノーモビルを爆破させて雪崩を起こし、脱出用ヘリを墜落させ、宇津木からダム爆破のリモコン装置を取り上げました。
ホワイトアウト現象が起こる中、富樫は無事に千晶を助け、犯行も防ぎました。

みんなの感想

ライターの感想

これぞ織田裕二!と言えるほど織田裕二さんらしい作品でした。ホワイトアウト現象のシーンやスノーモービルのシーンなどアクションも迫力ありましたが、織田さんはこれらのアクションシーンをスタントなしで熱演したようです。印象深かったのは、テロリスト『赤い月』のリーダー・宇津木弘貴役の佐藤浩市さんです。初めて登場した時は、あまりのビジュアルに驚かされました。佐藤さんだとわかりませんでした。
織田さんは吹雪の中のシーンが多くジャケット姿が印象的ですが、映画の冒頭ではカーキ色のジャケットが途中から赤色に変更されております。これは織田さんが『踊る大捜査線』の青島のイメージと被ってしまうと考え、変更を要望して変えられました。この作品を見る際は、注目してみてください。

映画の感想を投稿する

映画「ホワイトアウト(2000年)」の商品はこちら