「ボディガード」のネタバレあらすじ結末

ボディガードの紹介:1992年制作のアメリカ映画。歌手兼女優のトップスターとボディガードの恋を描いたサスペンス映画。劇中でヒューストンが歌う主題歌「オールウェイズ・ラヴ・ユー(I Will Always Love You)」は大ヒットした。

予告動画

ボディガードの主な出演者

フランク・ファーマー(ケビン・コスナー)、レイチェル・マロン(ホイットニー・ヒューストン)、サイ・スペクター(ゲイリー・ケンプ)、ビル・デヴァニー(ビル・コッブス)、グレッグ・ポートマン(トーマス・アラナ)、ニッキー・マロン(ミシェル・ラマー・リチャーズ)

ボディガードのネタバレあらすじ

【起】- ボディガードのあらすじ1

フランクはかつて元大統領・ロナルド・レーガンの警護を担当していた、元シークレット・サービスのボディガードです。
ある日フランクに、歌手兼女優のスーパースターであるレイチェル・マロンの身辺警護の依頼が来ました。レイチェルの周辺で最近不穏な事件が発生し、さらに殺害を予告する脅迫状まで送られてきたためです。
レイチェルの屋敷を訪問したフランクは、あまりにもずさんな警備態勢に驚いて、ボディガードの仕事を受けました。
しかしレイチェルにあれこれ指示するフランクに、レイチェルは不快の念をあらわにします。
フランクに隠れてライヴハウスに行ったレイチェルは、舞台に上がった客に突き落とされ怖い思いをしました。 この映画を無料で観る

【承】- ボディガードのあらすじ2

その際フランクがレイチェルを助け、必死で自分をケアする姿を見たレイチェルはフランクに心を開き、ふたりは愛し合います。
フロリダで開いたコンサートで、レイチェルに脅迫電話がありました。その執拗さと周到さに深刻なものを感じたフランクは、オレゴン在住のフランクの父の住居へレイチェルを避難させます。
オレゴンのレイチェルの居場所は関係者にも知らせませんでした。
レイチェルの息子・フレッシャーと、付き人をしているレイチェルの姉・ニッキーはレイチェルと合流します。
しかしフレッシャーが乗ったボートが爆破される事件が起こりました。フランクは警戒します。
その夜、フランクは、ニッキーに真相を聞かされました。

【転】- ボディガードのあらすじ3

ニッキーは妹・レイチェルに嫉妬していました。華やかな舞台で活躍し、富も名声も息子も持つレイチェルと比べ、自分はみじめだと感じたニッキーはレイチェルの幸福をやっかみ、バーで会った見知らぬ男にレイチェルの暗殺を依頼したのです。
ニッキーは直後に悔いて殺害依頼を撤回しようとしましたが、男とは連絡が取れず、暗殺計画だけが進行していることで、ニッキーは後悔の念に苛まされていました。
ニッキーはその直後、フランクの隙をついて何者かに殺されます。プロの犯行だと、フランクは断定しました。
レイチェルはアカデミー賞の主演女優賞にノミネートされていました。フランクは受賞式への参加を自粛するよう促しました。 この映画を無料で観る

【結】- ボディガードのあらすじ4

しかしレイチェルは聞き入れず、式に出席します。受賞式に暗殺者が現れると確信したフランクは、客席を見張ります。
そこにはかつての同僚・ポートマンの姿がありました。ポートマンは別の映画俳優のボディガードとして同席していましたが、フランクはポートマンが一連の犯人だと目します。
レイチェルがみごと主演女優賞を受賞して壇上にあがった瞬間、ポートマンのカメラにしかけられていた銃が発砲されます。フランクはレイチェルを身を挺してかばい、ポートマンを狙撃しました。
レイチェルを守り通したフランクは、レイチェルのボディガードの任務を終えます。ふたりは別れを惜しみつつ、それぞれの世界へ戻っていきました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ボディガード」の商品はこちら