「ボーンレガシー」のネタバレあらすじ結末

ボーン・レガシーの紹介:2012年公開のアメリカ映画。マット・デイモン主演で人気を博した『ボーン』シリーズの流れを汲むサスペンス・アクション。新たなヒーロー、アーロン・クロスが、政府の巨大な陰謀に巻き込まれていく男の運命が描かれる。

予告動画

ボーンレガシーの主な出演者

アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)、マルタ・シェアリング博士(レイチェル・ワイズ)、リック・バイヤー(エドワード・ノートン)、パメラ・ランディ(ジョアン・アレン)、ノア・ヴォーゼン(デヴィッド・ストラザーン)、アルバート・ハーシュ博士(アルバート・フィニー)

ボーンレガシーのネタバレあらすじ

【起】- ボーンレガシーのあらすじ1

CIAの極秘プログラムである「トレッドストーン計画」で生み出された最強の暗殺者ジェイソン・ボーンが記憶を失って、自分の正体を突き止めようとしている頃(『ボーン・アルティメイタム』参照)…。
CIAの国家調査研究所リック・バイヤーは、ジェイソン・ボーンの告発によって計画が明るみになることを恐れて、ほかに計画と進行をさせている、全部のプログラムを抹消することを決めました。
そのプログラムの一つに「アウトカム計画」というのがあります。これはブルーとグリーンの薬物を投与することによって、肉体と精神の改造を促すものでした。
アーロン・クロスはアウトカム計画を実行中の暗殺者で、アラスカ奥地に潜伏します。

【承】- ボーンレガシーのあらすじ2

グリーンの薬は身体的な能力を増強するもの、ブルーの薬は知的能力の増強と痛覚の抑制をはかるものでした。
しかしキャンプ地に行っても薬はありません。全プログラムの計画中止はCIAの上層部が勝手に決めたもので、アーロンは計画の中止を知らず焦りました。
そこへアーロンを殺す無人航空機が襲撃し、アーロンは体内に埋め込まれている発信器をオオカミに食べさせて難を逃れます。
アーロン以外のアウトカム計画関係者は、黄色い錠剤を服用して消されました。
その頃、薬を研究しているステリシン・モルランタ社でも、計画を白紙にする作戦が実行されます。科学者の一人ドナルド・フォイト博士が洗脳され、研究所内で銃を乱射しました。

【転】- ボーンレガシーのあらすじ3

唯一生き残った女性マルタ・シェアリング博士にも追っ手が迫ります。
マルタが殺されそうになったのを救ったのは、アーロンでした。アーロンはマルタのところへ薬を貰いに来たのです。
マルタの話によって、グリーンの薬は既にアーロンの遺伝子に組み込まれていて摂取しなくてもよいと分かりました。しかし、ブルーの薬の方は摂取しないと知的能力が衰退します。
半永久的な効果を持つ薬がフィリピン・マニラで作られて保管されていることを知ったアーロンとマルタは、ひそかにマニラへ移動しました。
その頃、研究所のリック・バイヤーは、アーロンとマルタの生存を知り、マルタを病原体盗難の容疑者に仕立て上げて国際手配します。

【結】- ボーンレガシーのあらすじ4

アーロンとマルタはマニラの研究所に入り、アーロンは薬を注射しました。副作用でアーロンは一晩発熱します。
その間にリック・バイヤーが送り込んだ追っ手が迫っていました。安全保障局や国防省、マニラの警察に加え、リック・バイヤーが依頼した精鋭の人間兵器「ラークス計画」の作戦員NO.3が、タイ・バンコクから送り込まれます。
マニラに潜伏していたアーロンたちは一斉に追われますが、アーロンはバイクを盗んでマルタと逃走しました。
NO.3が執拗に追ってきましたが、なんとかアーロンが倒します。
マルタは現地の漁師に頼み、船を出してもらってマニラから脱出しました。行き先はまだ決まっていません…。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ボーンレガシー」の商品はこちら