「マイノリティリポート」のネタバレあらすじ結末

マイノリティ・リポートの紹介:2002年公開のアメリカ映画。起こる殺人を能力者によって予知できるようになった近未来を舞台に、殺人犯のぬれぎぬを着せられた刑事の決死の逃亡劇を描くSFサスペンス。SF作家フィリップ・K・ディックの短編を、監督スティーブン・スピルバーグ、主演トム・クルーズで完全映画化。

予告動画

マイノリティリポートの主な出演者

ジョン・アンダートン(トム・クルーズ)、ダニー・ウィットワー(コリン・ファレル)、アガサ(サマンサ・モートン)、ラマー・バージェス局長(マックス・フォン・シドー)、アイリス・ハイネマン博士(ロイス・スミス)、エディ・ソロモン医師(ピーター・ストーメア)、ギデオン(ティム・ブレイク・ネルソン)、ジャッド(スティーヴ・ハリス)、ララ・クラーク(キャスリン・モリス)、ウォリー(ダニエル・ロンドン)、フレッチャー(ニール・マクドノー)、ノット(パトリック・キルパトリック)

マイノリティリポートのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①犯罪率が高まった近未来のアメリカでは、3人の予知能力者・プリコグを使った犯罪予知で罪を防止していた。これにより首都・ワシントンD.C.での殺人件数は0になり、全米に適用する声も高まる。 ②システム導入の半年前に息子を殺されたジョンは、犯罪予防局の仕事に励んでいたが、ある日罠にはめられて殺害の加害者と予告されてしまう。ジョンは逃げながら謎を解明する。 ③黒幕はバージェス局長で、過去に行なった自分の殺害を隠匿するため、ジョンをはめた。ジョンは容疑を晴らし、バージェス局長は自殺する。犯罪予知システムは廃止され、プリコグと囚人たちは解放された。

【起】- マイノリティリポートのあらすじ1

近未来。
西暦2048年のアメリカの殺人件数は、天文学的な数字になっていました。犯罪件数の多さに悩んだ政府は、ある試みを首都ワシントンD.C.で開始させます。
それはプリコグと呼ばれる3人の予知能力保持者(超能力者)を配置して、「犯罪を予知させる」というものでした。
犯罪予防局が作られ、3人のプリコグ…双子の男性・アーサーとダシール、女性のアガサ…を透明で大きなプールのような浴槽に浸けておきます。彼らは普段は眠っており、食事などの一切の世話を他人頼みにしています。
彼らの脳内映像は繋がれており、予告がなされると脳波を伝って映像と共に球が出てきます。「赤球(レッド・ボール)」だと衝動殺人で、「茶球」は計画殺人です。
球体は複数個、出てきます。被害者のボールと加害者のボールです。
アメリカでは網膜走査(スキャン)で個人の情報や行動が全て把握されていました。
プリコグによって殺人事件が予知できるようになってからは、事件を未然に防ぐことができるようになりました。
その結果、首都ワシントンD.C.の犯罪はシステムの導入後わずか6年で90%減少し、開始1年で殺人はアメリカの首都から消滅しました。
ところがこのシステムには矛盾があります。「予知をして殺人を防いだものの、実際には殺人をしていない人を裁くということ」…未来殺人罪という罪が適用され、罪人はスリープモードにされるのですが、実際に犯罪をおこなっていないものを裁いてよいのかなど、問題は少し残っています。
ともあれ、殺人も犯罪も激減して一般のアメリカ国民の安全な暮らしが保証されること自体は、喜ばしいことでした。今度の選挙では『犯罪予防法案』の成否が論点となります。もし可決されれば、アメリカ全体でこのシステムが導入されます。
…西暦2054年のアメリカ・ワシントンD.C.。
前述のように犯罪予知システムが導入されたことで、犯罪は完璧に防がれていました。
犯罪予防局に勤務するチーフの刑事ジョン・アンダートンは、6年半前に息子のショーンを誘拐殺害されました。以来、妻・ララともうまくいかず、現在は離れて暮らしています。
システム導入があと半年早ければ、息子・ショーンを救えたかもしれないのに…そう思いながら、ジョンは日々犯罪防止に努めていました。その打ち込みぶりは傍目にも病的で、帰宅すると新型の違法薬物を吸引しながら、息子の映像を見て過ごす日々を送っています。
ジョンはラマー・バージェス局長に、「司法省のウィットワーから目を離すな」と言われました。
ダニー・ウィットワーは司法省から派遣された調査官で、犯罪予防局のシステムに懐疑的でした。視察に来ても、プリコグの欠陥を露骨に探しています。

【承】- マイノリティリポートのあらすじ2

仕事の合間のある時、3人のプリコグのうちの1人・アガサが水の中からジョンに飛びついてきて、「あれが見える?」と言いました。ジョンは驚きます。
アガサが見ていた映像は溺死体でした。気になったジョンは調べますが、車椅子の男性職員・ギデオンに聞くと、記録しているのは3人のプリコグのイメージデータだけで、アガサのみのものはないと言われます。
少数の意見(マイノリティ・リポート)は破棄されるというシステムでした。
それはどうやらローランド湖でアン・ライブリーを男が殺そうとした時の映像なのですが、男の身元は不明でした。というのも、男は身元をごまかすために数千ドルで手術して網膜を交換しており、変えてしまっているから分からないのです。
アガサ単体で見るだけでは予知にならず、3人が共通して見たものだけが採択されます。情報量が多いとどうしても「誤差のようなもの」が発生してしまうので、アガサ単体で見る映像は「エコー」と呼ばれ、記録から抹消されていました。
しかしジョンはアガサの見た映像が気になり、調べ始めます。アガサが見た女性アン・ライブリーは薬物のニューロイン中毒者で、現在は行方不明でした。
データをコピーしたジョンは、バージェス局長に相談します。バージェス局長はあまり根を詰めるなと言うと、ジョンの妻・ララが電話があり、ジョンのことを心配していたと言いました。
その後、また殺人の予告がなされますが、久しぶりの「計画殺人」です。ワシントンD.C.では殺人が予告されるということが世間に広く知られて以降は、衝動的な殺人が主で、計画しての殺害はめっきり減っていました。
ジョンは加害者の名を見て驚きます。自分の名が刻まれていたからです。被害者の名はリオ・クロウで、ジョンの全く知らない名、知らない顔の男性でした。
ジョンは出てきた球体をとっさに隠します。隠したところですぐに映像が解析されて皆の知るところとなるのですが、逃げるための時間稼ぎをしたかったのです。
ジョンを信頼する部下の男性から「2分待って警報を鳴らす」と言われたジョンは、犯罪予防局から逃走を図りました。
全米に犯罪予防局が広まるのを懸念したウィットワーによる罠だと、ジョンは受け止めます。
ジョンは単独で逃げながら、ウィットワーがジョンを陥れた「方法」を調べようと考えました。
街に出ても、すべて網膜走査で管理されているので、すぐにジョンの居場所は知れます。追っ手がかかるのをかわしたジョンは、犯罪予防局のシステムを考案したアイリス・ハイネマン博士のところへ行きました。
ハイネマン博士は初老の女性です。ジョンを家に招き入れたハイネマン博士は、システムは偶然発見したと言いました。

【転】- マイノリティリポートのあらすじ3

ハイネマン博士は麻薬患者の子供のDNA研究をしていました。ちょうど薬物のニューロインが出回り始めた頃だったので、粗悪品が多く世間に広まっていたのです。今ではその麻薬は精製されて、インテリもたしなむ一品となっています。
麻薬患者の子供の多くは、脳に障害があり、しかも短命でした。寿命が12歳といったなか、生き延びたごく少数の子が驚くべき能力を持っていたことに、ハイネマン博士は発見します。
それがプリコグ誕生のきっかけでした。夜中に殺人の夢を見て泣きながら起きる子供を見て、その殺人が実際に起きていることだと知ったハイネマン博士は、3人のプリコグで犯罪を予知する仕組みを作りました。
但し3人の見たイメージが完全に一致する場合のみが保存され、少数派の意見(マイノリティ・リポート)が破棄されることを知るのは、ハイネマン博士とバージェス局長のみです。
2人はそれを無視してよい報告だと思っており、むしろマイノリティ・リポートがあることが判明すると、システムの欠陥だと指摘されて崩壊するため、隠していました。
アガサの見たデータはアガサの脳内に保存されているので、それをダウンロードすればよいと博士はアドバイスします。
ジョンは捜査の過程で知り合った闇医者エディ・ソロモンに会い、網膜を交換する手術を受けました。その際、自分の眼球は持ち帰りたいと言います。
手術したエディ医師は「12時間経過してから包帯を取れ」と言いました。おまけとして、顎の下に打つと顔が変わる薬をくれます。
その頃ジョンを追跡したウィットワーは、ジョンは網膜走査の及ばないスラム街にいると見当をつけていました(当たっている)。
銀色の小さなクモのような機械、通称・スパイダーを使ってスラムを集中的に捜索します。スパイダーは本体が10cmほど、脚を入れても20cmほどの小さな機械で、住宅街に入りこむと熱感知で住民の網膜を強制的に調べます。
ジョンはその捜査もクリアし、犯罪予防局へ行くと、エディ医師からもらった注射で顔を変形させ、摘出した自分の眼球でロックを解除すると、アガサを連れて逃亡しました。
犯罪予告時間から1時間を切りました。ウィットワーは殺害現場の特定に入ります。
ジョンはシステムを組み立てた設計者ルーファス・T・ライリーのところへ行き、アガサの脳を調べてもらいますが、マイノリティ・リポートはないとアガサ自身が言います。代わりにアガサは再びアン・ライブリーの映像を見せました。
アガサの予知で追っ手を回避しながら逃げたジョンは、自分に殺される予定の被害者の部屋を探します。ホテルを突き止めたジョンは、アガサの制止を振り切って部屋に入り、リオ・クロウという人物が亡くなった息子・ショーンを殺した相手だと、部屋に散らばった写真で早合点します。

【結】- マイノリティリポートのあらすじ4

息子を殺した相手だと思った瞬間、ジョンはクロウの殺害を決意します。現れたクロウにジョンは乱暴を働きますが、アガサの「よく考えて」という言葉で理性を取り戻し、殺人をやめて逮捕しようとしました。
するとクロウが「殺してくれ。殺してくれなきゃ、俺の家族に金が払われない」と言い出します。「あんたの子を殺した振りをすれば」という発言で、殺人が何者かにより仕組まれたものだと知ったジョンは、誰が計画したのかクロウに詰問します。クロウは顔を知らず、揉めているうちに偶発的ですがジョンはクロウを殺してしまいました。
殺害現場に辿り着いたウィットワーは、現場が不自然だと気づきます。殺せと言わんばかりに、被害者の子供の写真をベッドにばらまいておく点が、おかしいと思ったのでした。
さらにアン・ライブリーの殺害映像を見たウィットワーは、さざ波の立ち方が異なることから「これは2つの殺人事件を見ていた」と気づきます。
指摘したウィットワーを、バージェス局長が殺害しました。実は真犯人はバージェス局長でした。
バージェス局長はプリコグの完成を望んでおり、娘・アガサを取り戻そうとする母アン・ライブリーを邪魔に思って殺害していました。犯罪予知ができることを悪用し、同じ状況の別の殺人事件と似せて殺害を実行したのです。別の殺人事件については、予知で犯罪が予防されました。その後、バージェス局長はその犯行場所に呼び出しておいたアンを殺していました。
アガサの映像を見て捜査を始めたジョンが邪魔になったバージェス局長は、クロウを殺害させて、ジョンを殺害容疑で逮捕させる罠をはめました。ついでにウィットワー殺害の疑惑も付け加えます。
ジョンは逮捕され、刑務所のコールドスリープ装置に入れられます。アガサはプリコグの装置に戻されました。
システムを見直すと、バージェス局長は言います。
不審に思った妻・ララは刑務所のジョンに会いに行き、銃で脅してジョンを刑務所から出しました。ジョンはバージェス局長の犯罪映像を、マスコミが記者会見する場に流します。
追いつめられたバージェス局長は、控室でとっさにジョンを殺そうとしました。これはもちろん、3人のプリコグによって予知されています。
ジョンを殺せば収容所送りですが、ジョンを殺さないとシステムに矛盾が生じます。悩んだバージェス局長に、ジョンは「予知以外の方法もある」とほのめかしました。
バージェス局長は拳銃自殺しました。
今回の件を受けて、未来は変えられること、つまりは「予知された殺人の全てが実行されるとは限らない」ということが判明します。
犯罪予知システムは廃止され、捕まっていた囚人は免罪になり解放されました。但し、一部の囚人は警察の監視下に置かれます(いわゆる危険人物)。
ジョンとララは復縁し、ララは妊娠しました。
3人のプリコグ…双子のアーサーとダシール、アガサ…は秘密の某所に映されて、能力の重荷から解かれて、田舎の小さな小屋で安らかな日々を送りました。

みんなの感想

ライターの感想

145分(2時間25分)あるので、長い&難解。ただし、見ごたえはじゅうぶんにある。
なにせスピルバーグ監督。劇中に出てくるスパイダーというクモみたいな機械ひとつとっても、完成度が高い。近未来なので車がかっこいい(そしてなぜかレクサス押し…そこは気になった 笑)。
濡れ衣を着せられたジョンなのだが、この罠が解明されたからといって即解決、ではなく、さらに展開があるんだよね。
真犯人が判ったところで、さらにもうひと波乱あるんだもん。
あらすじには冒頭にぐわーっと語ったこれらの内容が「劇中で、それ前提に話が進む」ようになっている。
しかしその説明なしでも話がちゃんと理解できるような筋立ては、アッパレ。

映画の感想を投稿する

映画「マイノリティリポート」の商品はこちら