「ミスティック・リバー」のネタバレあらすじ結末

ミスティック・リバーの紹介:2003年制作のアメリカ映画。デニス・ルヘインの同名ミステリー小説を、クリント・イーストウッド監督が映画化。再会した幼なじみ3人の心の闇を、濃密な映像と緊張感あふれる演技で描く。

この映画を無料で観る

予告動画

ミスティック・リバーの主な出演者

ジミー・マーカム(ショーン・ペン)、デイヴ・ボイル(ティム・ロビンス)、ショーン・ディバイン(ケヴィン・ベーコン)、ホワイティ・パワーズ(ローレンス・フィッシュバーン)、セレステ・ボイル(マーシャ・ゲイ・ハーデン)、アナベス・マーカム(ローラ・リニー)

ミスティック・リバーのネタバレあらすじ

【起】- ミスティック・リバーのあらすじ1

ボストンの小さな町・イースト・バッキンガム地区に住むジミーとデイヴとショーンは、仲良しの11歳の少年でした。
ある日固まりかけたアスファルトに自分たちの名前を刻むいたずらをしているのを、警察バッジを持った男に咎められた3人は、男が警察だと信じ込みます。
家が少し離れた場所にあるデイヴだけが車で連れ去られ、行方不明になりました。
後日デイヴは自力で脱出して助かりますが、デイヴはその男に地下室で監禁され、性的な暴力を受けていたのです。この事件がきっかけで、3人は近くに住んでいるにもかかわらず、なんとなく疎遠になってしまいました。

【承】- ミスティック・リバーのあらすじ2

それから25年後の現在…。
デイヴは小さな息子を持つ平凡な父に、ジミーは強盗罪で服役した後は雑貨店を経営する男に、ショーンは殺人課の刑事になっていました。
ある日、ジミーの娘・ケイティが自家用車の中で射殺体として発見されます。その殺人事件の担当となったのは、ショーンと相棒・ホワイティでした。
この事件がきっかけで、久しぶりに3人は顔を合わせます。デイヴは事件当夜、ケイティを見かけた目撃者でした。
デイヴは25年が経過してもなお、少年時代に受けた性的トラウマに悩まされています。そして事件の夜は、深夜に血まみれで帰宅していました。

【転】- ミスティック・リバーのあらすじ3

デイヴの妻・セレステは、夫がケイティ殺しの犯人ではないかと疑いました。その不安を隠しきれず、セレステはジミーに「デイヴが犯人だと思う」と告白します。
ジミーは復讐のためにデイヴを呼び出し、問い詰めました。デイヴは「小児愛者の男を殴り殺した」と告白します。
しかしジミーはデイヴに強要して娘・ケイティを殺したと言わせ、ナイフと銃でデイヴを殺し、死体を川に沈めました。
その頃ショーンはケイティを撃った銃の弾痕から、真犯人を突き止めていました。
ケイティを殺したのは彼女のボーイフレンド・ブレンダンの弟・レイとその友人ジョン・オシェイでした。 この映画を無料で観る

【結】- ミスティック・リバーのあらすじ4

ブレンダンと弟・レイの父は、かつて情状酌量のためジミーを警察に売ったレイ・ハリスの息子でした(紛らわしいが父子同じ名前)。ジミーは出所後ハリスを殺して川に沈め、償いとしてブレンダンたちに送金しています。
レイとジョンは10代半ばの少年で、父・ハリスの銃で遊んでいて誤射してケイティを殺しました。2人は逮捕されます。
またデイヴが殴り殺した小児愛者の死体がマッギルの裏手で発見されました。デイヴは真実を語っていました。
ジミーはデイヴを殺したことを隠し、デイヴの妻・セレステに送金することを決めます。ショーンはジミーの犯行をうすうす感じながらも、問い詰めませんでした。

みんなの感想

    明さんの感想

    暗い映画です。こんな映画は二度と観たくない。

    暗さんの感想

    これはいわゆる引き寄せの法則の話やろね
    経験や環境や知識の濁流に流される人が多いけど
    結局は自分の信じたことに物事は引き寄せられ現実化する

    同じ監督によるチェンジリングも
    希望や信念が主題になっているよ

映画の感想を投稿する

映画「ミスティック・リバー」の商品はこちら

ミスティック・リバー