「ミュンヘン」のネタバレあらすじ結末

ミュンヘンの紹介:2005年公開。1972年、ミュンヘン・オリンピックで起きたイスラエル選手団襲撃事件に対して、暗殺チームが行った報復を描いた作品。アカデミー賞では、5部門にノミネートされた。監督は「戦火の馬」のスティーヴン・スピルバーグ。音楽は「スター・ウォーズ」シリーズのジョン・ウィリアムズ。主演は「ハルク」のエリック・バナ。6代目ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグや「天使と悪魔」のアイェレット・ゾラーも出演。

この映画を無料で観る

ミュンヘンの主な出演者

アヴナー(エリック・バナ)、スティーブ(ダニエル・クレイグ)、カール(キーラン・ハインズ)、ロバート(マチュー・カソヴィッツ)、エフライム(ジェフリー・ラッシュ)、ハンス(ハンス・ツィッシュラー)、トニー(イヴァン・アタル)、ダフナ(アイェレット・ゾラー)、パパ(マイケル・ロンズデール)、ルイ(マチュー・アマルリック)、アンドレアス(モーリッツ・ブライプトロイ)、シルヴィー(ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ)、ジャネット(マリ=ジョゼ・クローズ)

ミュンヘンのネタバレあらすじ

【起】- ミュンヘンのあらすじ1

1972年、ミュンヘン・オリンピックのイスラエル選手の宿舎に、パレスチナ過激派組織「黒い9月」のメンバーが侵入します。イスラエル選手を人質に取ります。
多くの人達が、テレビ中継されている現場の様子を見ます。テロリスト達の要求は、イスラエルに捕らえられている仲間の解放でした。
結果、ドイツ警察との銃撃戦で人質全員が死亡します。事態を受けたイスラエル首相は、首謀者の11人を殺す報復を行うことを決断します。
選ばれたのは妻の出産が間近で、首相の元警備を担当していたアヴナーです。彼へ作戦の指示を行うのは、エフライムです。
11人の暗殺を行うための資金は銀行に振り込まれ、仲間の4人と合流します。
情報屋を頼りに、アヴナーはまず1人目を見つけます。朗読会を行っていた対象を、エレベーター近くで射殺します。
新たな情報屋として、ルイと出会って情報を聞きます。ルイは絶対条件として、政府の仕事を行わないこととしていました。アヴナーは政府がバックにいることは黙っていました。
テロリスト達は、ハイジャック事件を起こします。アヴナーは彼等より、指示された残り10人を殺す事を優先します。

【承】- ミュンヘンのあらすじ2

2人目の対象を見つけて、爆弾担当のロバートが電話機を見つからないように調べます。そして、対象が留守の間に電話機に爆弾を仕掛けます。
他に犠牲者を出さないようにするのが暗殺の条件でもありました。対象が一人になった時を狙って爆破しようとします。
しかし、トラックに遮られて、対象の娘が帰ってきていることに気づきませんでした。危うく殺してしまいそうになりますが、無事に対象のみを爆破させます。
実はロバートは解体専門で、爆弾作りは習っていませんでした。今回の対象は死なずに病院に運ばれますが、後ほど死亡が確認されます。
次の対象をルイからの情報で見つけます。ルイは爆弾も手配してくれていました。
ホテルに泊まる対象を爆死させるため、アヴナーが隣の部屋から合図します。爆弾が強力すぎて、危うくアヴナーまで死にかけます。
仲間達はルイが味方なのか不安に思い始めます。そんなルイから、残りの8人のうちの3人の居場所がアラブだと聞かされます。
エフライムに相談すると、アラブだと軍で作戦を行うと言います。しかし、ルイに気づかれると、情報をもらえなくなります。強引にアヴナーは作戦に参加することを了承させます。

【転】- ミュンヘンのあらすじ3

女装して、対象の3人のいるアジトに潜入して殺します。そこからは、テロリスト達との銃撃戦になって、多数の死傷者が出ます。
戻ってきたアヴナーの元に、ルイからパパのいる所までついてくるように要求されます。
気前よく金を払うアヴナーに、パパは警告をしつつも仕事関係を続けることを了承します。しかし、前回のように嘘をつくのは無しだと言います。
次の対象は、殺した首謀者のうちの1人の後釜になった人物です。ルイが手配してくれた隠れ家にいると、テロリストのメンバーと思われる人物と鉢合わせします。どうやらルイが仕組んだ模様です。
何とか誤魔化して、殺し合いにはならないで済みます。対象のホテルに爆弾を仕掛けますが、対象はKGBのロシアのエージェントと一緒です。
対象が一人になった時を狙って爆死させようとしますが、作動しませんでした。ハンスが部屋に乗り込んで爆破させます。
しかし、銃撃戦になってKGBのエージェントを殺してしまいます。また、鉢合わせしたテロリストのメンバーも殺してしまいます。
アヴナーは、ミュンヘンの事件での最大の黒幕であるサラメの居場所を聞きます。全員で殺しに行きますが、酔っぱらいに絡まれて失敗に終わります。
実はサラメはCIAでした。アメリカが事件後、彼を買収したようなのです。
アヴナーはバーで一人飲んでいました。オランダ人女性に誘われますが、妻のいるアヴナーは誘いを断ります。
しかし、仲間のカールはオランダ人女性に誘われて行ってしまった様子です。 この映画を無料で観る

【結】- ミュンヘンのあらすじ4

夜中に起きたアヴナーが、カールの部屋に行くと殺されていました。
ルイを疑って聞きに行くと、無料でオランダ人女性の居場所を教えてくれます。ロバートは、この件から降りて帰ることにします。
アヴナーは、スティーヴとハンスを連れてオランダ人女性を殺します。その後、ハンスはどうしても女性の事が忘れられないと酒浸りになります。
気づいた時には、ハンスは死んでいました。物を盗られた様子はなく、ナイフで死んだ模様です。その後、ロバートが解体作業中に爆死して死んだ知らせが届きます。
ルイからサラメの情報をまたもらいます。アヴナーとスティーヴは、二人で殺しに行きます。しかし、見張りに気づかれて、見張りを殺してしまいます。大勢に気づかれて逃げることにします。
エフライムにルイについて聞かれますが、アヴナーは頑なに喋りませんでした。しばらく休養をもらって、アメリカにいる妻と娘の元に行きます。
アヴナーは、自分が追われいると考え始めます。パパに電話すると、彼は知らないはずの自分の本名を知っていました。パパは自分からは追われないと含みを持たせます。
領事館に乗り込んで、エフライムの連絡を要請します。アメリカまで会いに来たエフライムに、首謀者を殺す証拠が欲しいと要求します。
また、平和的に食事をしようと誘いますが、エフライムは断って帰ります。アヴナーはいくら殺しても、新たな後継者がでてくるから無意味だと言います。
それから11人のうち9人が殺されたテロップが流れます。その中にはサラメも含まれていました。終わりです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、暗殺を行う時の緊迫感です。特にハラハラしたのは、二人目の対象を電話機で爆死させる場面です。
トラックが止まってしまって、電波が届くかどうかをアヴナーが確認をしに行きます。その間に対象の娘が帰ってきてしまうのです。
爆破させる瞬間になって気づいて、慌てて知らせに行くときの緊迫感には手に汗が出てきました。
劇中で、テロリストに頬を撃ち抜かれるイスラエル選手は、犠牲となった方の息子の方が演じているそうです。
また、女装してアジトに潜入する場面で、バラクと呼ばれる人がいます。その人は後の首相となった人物だそうです。実際に彼は指揮をとって女装し、アジトに潜入したそうです。
最後まで見終わって、エリック・バナ演じるアヴナーの苦悩が色濃く描かれていた作品でした。あれだけの暗殺を行った人物の末路の悲しさと、いくら殺しても意味がない事を悟った姿には考えさせられました。

映画の感想を投稿する

映画「ミュンヘン」の商品はこちら