「メイズランナー1」のネタバレあらすじ結末

メイズ・ランナーの紹介:2015年5月22日公開のアメリカ映画。謎の巨大迷路に放り込まれた若者たちが脱出劇に挑むサスペンス大作の第1弾。仕掛けられた死の罠が変化する巨大な迷路(メイズ)を駆け抜ける若者たちの運命、迷路に隠された秘密を描く。

予告動画

メイズランナー1の主な出演者

トーマス(ディラン・オブライエン)、ギャリー(ウィル・ポールター)、テレサ(カヤ・スコデラーリオ)、ニュート(トーマス・ブローディ・サングスター)、アヴァ・ペイジ(パトリシア・クラークソン)、チャック(ブレイク・クーパー)、ミンホ(キー・ホン・リー)、アルビー(アムル・アミーン)

メイズランナー1のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①高い壁に囲まれたエリアに運ばれたトーマスは、記憶を失っていた。同世代の若者たちが集落を作って生活、皆も名前以外は記憶がない。エリアの中央に迷路があるが日没後は閉まる。出口を探したトーマスは、迷路の中の怪物・グリーバーを倒してヒントを得た。 ②脱出しようというトーマスらと、集落でこのまま暮らせばよいというギャリーの間で内輪もめ。トーマスらは脱出し、外の世界では地球が太陽に焼かれ、謎の伝染病フレアが流行していることを知る。鍵となるのはトーマスらフレアに感染しない若い世代たち。トーマスらは次の試練に向かう。

【起】- メイズランナー1のあらすじ1

…目が覚めると彼は上昇する檻のようなリフトの中にいました。四方は金網で囲まれているエレベータータイプで、一緒に乗せられている荷物や貨物の中には「WCKD」と表示されたドラム缶があります。
地上に到達すると、彼は20人ほどの10代後半の男性青年たちに囲まれました。彼自身も10代後半です。
混乱する彼をよそに、すでにいる20人ほどの若者たちは慣れた手つきで彼を出すと、物資の取り出しにかかります。彼を取り囲むと「使えそうにない」とか「飯焚き係はどうか」などと言っていました。
彼は走って逃げますが、周囲は壁に囲まれたエリアで、動転した彼は思わず転倒します。捕まった彼は檻に入れられました。
混乱する彼に、リーダーと思しき黒人男性・アルビーが「もう逃げるなよ」と言うと、「自分が誰で、どこから来たか教えてくれ」「名前は?」と問います。問われて初めて、彼は自分に記憶がないことに気づきました。
アルビーは彼に落ち着くように言うと、状況を説明し始めます。
そこは鬱蒼とした森に囲まれた集落で、中央には大きな壁がありました。先ほど彼が乗ってきたリフトは月に1度作動し、必要物資と共に新入りの人間が1人届きます。
皆はそこで食べ物も住居も自分たちで作り、作業を分担して協力しながら生活していました。
落ち着いた彼をアルビーが案内し、村を見て回ります。アルビーは副リーダーの白人青年・ニュートや、彼よりも1か月先に着いた先輩(先輩だけど年下っぽい)・チャックを紹介しました。
アルビーはここにいる者の条件として、中央にある壁で囲まれた大きな建物を見ながら「役割を果たすこと」「仲間(グレーダー)たちを傷つけないこと」「壁を越えないこと」という3つのルールを提示します。
チャックに案内役を交代し、チャックが説明をします。中央にある壁で囲まれた大きな建物は「入ってはならない場所だ」とチャックは言い、「ランナーはいい」と付け加えます。蔦の這う高い壁で囲まれたその建物は「迷路(メイズ)」といい、中は危険なのだと言いました。
「迷路」には1か所だけ出口があり、それは朝に開いて夕方に閉じる通路でした。夜になると迷路の形が変わる音がし、そこを探索する者は俊足の「ランナー(走者)」と呼ばれる人が行なうよう決めています。ランナーのボスはアジア系のミンホという青年でした。
もうかれこれ3年間、迷路の研究は進められていましたが、今まで特に目立った進展はありません。
迷路は夜にグリーバーという怪物が活動します。グリーバーに刺されると毒が回り正気を失ってやがて死に至るため、グリーバーがどんな形をしている怪物が誰も知らないとチャックは言いました。

【承】- メイズランナー1のあらすじ2

彼を迎えての歓迎会が夜に行なわれます。最初から彼に好戦的だった青年・ギャリーが彼に喧嘩を売りました。円を描いて、そこから押し出す相撲のような戦いを挑みます。
その相撲のような戦いをした彼はギャリーに1度だけ勝ちますが、その時唐突に、彼は自分の名が「トーマス」だと思い出しました。それを皆に言うと、皆の呼称が「グリーニー(新入り)」から「トーマス」に変わります。
その夜、トーマスは夢で謎の研究施設や、少女の姿をとぎれとぎれに見ました。
翌朝、アルビーがトーマスを早朝の散歩に連れ出します。壁の一角に皆の名前を刻んだ場所がありました。「昔は暗黒時代だった」とアルビーは言い、壁に名を刻むよう指示します。
壁の名には二重線で消された者もありました。
トーマスは農作業に従事しますが、迷路のことが気にかかるのでニュートにいろいろ質問します。ニュートは半ばうんざりしながら「それらはすべて試した。何年もここにいるんだ」と言いました。
森の中に肥料を取りに行ったトーマスは、ベンという青年がグリーバーの毒に侵されたと知ります。ベンは皆に迷路の前に連れて行かれ、中へ入れられました。毒が回ると対処法はないので、迷路の中に追いやるしかないのです。
翌朝、ランナーと共にアルビーも迷路の中に入りました。ベンの辿った場所を調べるためです。しかしその日なかなかアルビーとミンホは戻ってこず、皆は心配します。
迷路が閉まり始めた頃、アルビーをおぶったミンホが戻ってきました。いてもたってもいられなくなったトーマスは、思わず閉じる迷路の中に入ります。
アルビーとトーマス、ミンホの3人は迷路の中に閉じ込められました。「あとは死ぬだけだ」とミンホは言います。
アルビーは刺されて毒が回っており、気絶していました。トーマスは「アルビーを連れ回すより、安全な場所に隠しておこう」と言い、頭上の蔦の上のほうにアルビーを吊りあげる作戦を立てます。
トーマスとミンホでアルビーを吊りあげ、あとは固定するだけになった時、グリーバーがやって来ました。グリーバーは巨大な鋼鉄製のクモで、尻尾の先がサソリのように長くとがっています。
ミンホは走って逃げ、トーマスはアルビーを固定してから蔦に隠れ、グリーバーから逃げ回り始めました。
ミンホと逃げたトーマスは、これから閉じようとする迷路の通路でわざとグリーバーを挑発し、ぎりぎりまで逃げずにひきつけて、閉まる壁にグリーバーを挟んで倒します。
翌朝、迷路が開いた時に3人が生還したのを見て、仲間たちは大喜びしました。
新たなボックス(リフト)がやって来ました。そこには資材はなく、女の子が入っており「彼女で終わり」という紙きれを持っていました。今まで女の子が入っていたことはありません。

【転】- メイズランナー1のあらすじ3

少女は「トーマス」と言うと、気絶しました。
アルビーが刺されたことで他のランナーがおじけづき、皆役目をやめます。トーマスはミンホと共に迷路の中へ行き、グリーバーの死体を見つけました。グリーバーは巨大な鋼鉄の機械です。
グリーバーの腕の中に、黒い物体を見つけました。それは水筒のような形状をしており、「WCKD」という文字と、デジタル数字で「7」と記されています。
掟を破ったトーマスに罰を与えようとギャリーが言い始め、副リーダーのニュートが「1晩オリに入れる」「その後、ランナーにする」と言いました。ギャリーは不満ですが、皆は納得します。
翌朝、ミンホはトーマスを連れて森の奥に行きます。ミンホらは3年費やして迷路の詳細な小型の立体模型を作っており、迷路の規則性も解明していました。
その結果、導き出された結論は「迷路に出口は無い」でした…今までは。それを皆に言わなかったのはリーダーであるアルビーの方針で、皆を絶望させたくなかったからです。
ところが今回新たな発見がありました。迷路は1から8までのエリアがあるのですが、7だけは特別で、今まで開いたことがなかったのです。しかしグリーバーが死んだ時に7のエリアが開いていたことをミンホが指摘し、グリーバーの腕の数字と関連性があるということと、7のエリアに秘密(出口)が隠されている可能性があると言いました。
少女が目を覚ましたと、知らせが呼びに来ます。ミンホとトーマスは行きました。
少女は高台でナイフを持って構えていますが、トーマスが名乗って高台に説得に行くと言うと了解します。少女は名を「テレサ」と言い、記憶はなくてトーマスという名だけを覚えていたと言いました。
トーマスも同じだ(記憶がない)と告げ、ただ「夢の中で君を見たことがある。『WCKDは正しい』という言葉と、テレサが『すべては変わる』と言っていた」と告げます。
テレサのポケットには青い液体が2本入っていました。解毒剤ではないかと思ったトーマスが、1本を意識不明のアルビーに注射すると、アルビーは治癒します。
罰で檻に入れられたトーマスのところにチャックが差し入れに来ました。そして自分で作ったお守りを見せると「両親に渡してくれ」と言います。トーマスはそれを返し「自分で渡すんだ」と答えました。
翌朝、ミンホと2人で迷路へ行ったトーマスは、7番エリアが開いているのを見ます。水筒のようなグリーバーの死体から取った機械を見ると、センサー音が聞こえました。あるところまで行くと7の赤いデジタル数字が緑になり、ドアが開きます。直観的に、2人はここが出口の手がかりだと気づきました。
戻ったミンホとトーマスは、出口らしきものを見つけたと言いますが、異を唱えたのはギャリーでした。ギャリーは保守的になっており、ずっとこのまま皆で一緒に暮らせばいい、危険を冒してまで外の世界に出る必要はないと言います。

【結】- メイズランナー1のあらすじ4

日没が来ても迷路の入り口が閉まらず、小さなグリーバーが出現して集落を襲いました。小さなグリーバーは青年たちを次々に襲い始め、意識が回復したアルビーも連れ去られます。
ギャリーは怒りまくり「すべてお前のせいだ。お前が来てからおかしくなった」とトーマスを責めました。
トーマスは手がかりを得るために、もう1本の青い注射を自分に打ちます。記憶が蘇るかもしれないと考えたのでした。
結果、ここは実験場で、青年たちは人体実験されていること、トーマスはかつてそれを観察する立場にあったことを思い出します。
副リーダーのニュートに反目したギャリーが、もう1つの勢力を作りました。ギャリーは「集落で今まで通り皆で協力して生活する」と主張します。
トーマスはギャリーに捕まり「(グリーバーの)いけにえにする」と言われますが、それを聞いたミンホ、テレサ、ニュート、チャックが反発しました。
トーマスは「外に出たい奴はついて来い」「ここは僕の家じゃない」と言い、説得されてトーマス側につくものが10名弱いました。彼らは迷路の中へ入ります。
小さなグリーバーと戦いながら7番エリアに進んだ一行は、迷路の最奥部に到達しました。最後の扉を開くために8桁の認証番号の入力を要求され、トーマスはミンホに迷路の規則順を聞き、「71526483」と入力します。
扉は開き、中には広い通路が広がっていました。
中は研究施設のようで、出血して倒れている大人がいます。モニター画面に自分たちが住んでいた地域が映っており、ずっと監視されていたことを知ったニュートはショックを受けました。
トーマスが赤いボタンを押すと、エヴァ・ペイジという女性の映像が現れます。エヴァはWCKD計画の責任者だと言うと、説明を始めました。
「地球は太陽に焼かれて飢餓が発生し、〝フレア〟という謎のウイルスが人間の脳を侵した。フレアは治療不能と思われていたが、時代と共にフレアに侵されない若者たちが生まれた。それがあなたたちだ。研究員はその解明のため、あなたたちを研究していた。あなたたちは重要な存在で、これから先また試練がある」と言います。
「外の世界に出てちょうだい。WCKDは正しい」そう告げた後、エヴァはスクリーンの前で拳銃自殺しました。別の出口が開きます。
ギャリーが追ってきており、「出るな」と銃を向けます。ギャリーは来る途中でグリーバーに刺されていました。
ミンホが槍を投げてギャリーを殺しますが、ギャリーは発砲してチャックが撃たれます。チャックはお守りをトーマスに託しました。トーマスはチャックの死に号泣します。
トーマス、テレサ、ミンホ、ニュートらは武装軍団に連行され、半強制的にヘリに乗せられました。外の世界は砂漠です。ヘリが飛び立つところには「エリアA」と書かれていました。
血のりを拭いたエヴァ(拳銃自殺は偽装)は「トーマスは期待以上の働きをしてくれた。実験は第2段階に入る」と言います。
(エンド後)第2弾スコーチ・トライアルズ(砂漠の迷宮)の予告

みんなの感想

ライターの感想

ありがちな設定ではあるものの、若いキャストのこれからを期待できる?
今作品のいちばんの見せ場は、やっぱりなんといってもグリーバー。
これは形状を述べるよりも実物と動きをみてもらうほうが、本当はいいのだ。
なにやら「太陽が地球を焼いた」だの「謎の伝染病フレア」だの、最後の最後になって明かされる謎。
しかしちっとも現実的ではないのだが…。
3部作になることが決まっているので、失速せずきちんと話をまとめてもらいたい。
特に…完結編はもったいつけず、早々に撮影してもらいたい。
ハリー・ポッターのように待たされるのはかなわんし(笑)。

映画の感想を投稿する

映画「メイズランナー1」の商品はこちら