「リミットレス」のネタバレあらすじ結末

リミットレスの紹介:2011年公開。人間の脳の能力を引き出す新薬を巡る陰謀を描いた作品。アラン・グリン原作の小説「ブレイン・ドラッグ」を映画化。監督はニール・バーカー。主演はブラッドリー・クーパー、ロバート・デ・ニーロ。出版契約をしていたエディは筆が進まず、恋人にも振られてどん底の生活を送っていた。ある日、別れた妻の弟のヴァーノンと再会する。彼からもらった怪しげな薬。それは20%しか普通は使われていない人間の脳を100%引き出すもので、試しに飲むエディだった。

この映画を無料で観る

予告動画

リミットレスの主な出演者

エディ・モーラ(ブラッドリー・クーパー)、カール・ヴァン・ルーン(ロバート・デ・ニーロ)、リンディ(アビー・コーニッシュ)、ゲナディ(アンドリュー・ハワード )、メリッサ・ギャント(アンナ・フリエル)、ヴァーノン・ギャント(ジョニー・ウィトウォース)、ドン・ピアス(ロバート・ジョン・バーク)、ヴァレリー(T・V・カーピオ)、アトウッド夫人(パトリシア・カレンバー)

リミットレスのネタバレあらすじ

【起】- リミットレスのあらすじ1

エディは高層マンションのベランダから飛び降りる覚悟をしていました。彼は不覚にも、このような事態に陥ったことを悔やんでいました。
舞台は少し前に戻ります。出版契約をしていたエディは筆が進まず、困っていました。恋人のリンディにも愛想をつかれて振られてしまいます。
ある日、街を歩いていると別れた妻のメリッサの弟のヴァーノンと再会します。彼は薬の売人を辞めて、製薬会社のコンサルタントをしていると言います。
ヴァーノンはエディに試しに薬を一粒あげます。その薬は一粒800ドルもする薬でNZTと呼ばれていました。
普段人間が使用している脳は20%しかありませんでした。NZTを飲むと100%にすることができるのです。
疑心暗鬼なエディはどん底な生活だしと思って飲むことにします。すると見えない物が見え始めます。今まで記憶していた小さなものまで蘇り、情報を再構築していきます。
エディは一気に本を作り上げます。出版社に持ち込むと大絶賛されます。
NZTは1日で効力が尽きてしまいます。もっと欲しいと思ったエディはヴァーノンにもらいに行きます。
ヴァーノンはあげる代わりに言伝をエディに頼みます。エディが帰ってくるとヴァーノンは殺されていました。
部屋が荒らされていたことから、NZTの顧客が犯人だとエディは考えます。警察が来るまでにヴァーノンの部屋を捜索して大量のNZTと金を見つけます。 この映画を無料で観る

【承】- リミットレスのあらすじ2

事情聴取されたエディにメリッサから連絡が来ます。会って話したいというエディでしたが、メリッサはどうしても会えないと言います。
NZTを手に入れたエディは言語やピアノを習得していきます。本も新たに書いて、もっと大きなことをやり遂げたいと思います。
株の取引を勉強したエディはヴァーノンの金で資金を増やします。もっと大きな資金が必要だと考えます。
エディは知り合いの紹介でゲナディから10万ドルを短期ローンで借ります。ゲナディは金を返さないと皮を剥ぐと脅します。
10万ドルを元手にしてエディは株の取引を行います。短期的な取引で莫大な金額を稼いだエディはメディアに取り上げられます。新しく友人となったケヴィンから、大物投資家のカール・ヴァン・ルーンを紹介してもらいます。
カールはエディに最大規模の合併話を相談します。資料を渡して、翌日会うことになります。
エディはリンディに自分が変わったことを説明します。そしてよりが戻った二人でした。二人でいると、コートを着た男性がエディの後を尾行し始めます。
エディの体に異変が起こり始めます。遠くの街まで歩いて、喧嘩をしたり、バーで飲み歩いたり、モデルの女性と肉体関係を持ったりします。
翌日目が覚めると記憶がはっきりしません。カールとの話し合いに出席するも、モデルの女性が殺されたニュースを見て、体調を崩して早退します。

【転】- リミットレスのあらすじ3

エディはヴァーノンの顧客リストの人物に電話しますが、死亡しているか入院しているかでした。そんな時、メリッサから電話が来て会うことになります。
メリッサもNZTを飲んでいたことがあり、10分しか集中力が持たなくなっていたりと副作用に苦しんでいました。急に辞めると死に至ると注意してくれます。常にNZTを飲み続けなければならないと教えられます。
体調が悪化したエディはリンディの仕事場に駆け込みます。正直にNZTのことを彼女に話します。
NZTはリンディの家に置いてありました。取りに行って欲しいと頼みます。
リンディがNZTを持って仕事場にいるエディの元に戻ろうとすると、コートの男が追いかけてきます。コートの男はリンディを助けに入ってくれた男性を平気で殺していきます。
コートの男に見つかりそうになったリンディは、エディからの助言でNZTを飲むことにします。そして逃げ出すことに成功します。NZTを届けたリンディはエディに別れを告げます。
エディはゲナディから金を返せと脅されていました。NZTも一粒盗られて、それから金とNZTを要求し始めました。
エディはボディーガードを雇います。NZTを隠すためにスーツに隠しポケットを作ります。セキュリティの万全の高層マンションを買います。
名誉挽回にカールにエディは報告書を送ります。エディは出世していって、アトウッドとの合併話の会合に出席します。

【結】- リミットレスのあらすじ4

エディはモデルの女性の殺人容疑で警察に疑われます。この街一番の弁護士であるブラントを雇って危機を脱します。ブラントはエディが預けていた上着を着せてあげます。
アトウッドは契約のサインする当日に自宅で倒れます。年齢の割にかなり老け込んでいました。実はアトウッドもNZTの常用者だったのです。コートの男はアトウッドに雇われていました。
エディは上着の中のNZTをブラントから盗まれます。そしてゲナディがマンションまで押し入ってきます。
ここで冒頭の場面に戻ります。ゲナディに殺されるぐらいならと飛び降りる覚悟をしたのです。NZTが一粒残っているのではと自殺をやめるエディでした。
探しているとゲナディが入ってきます。最後のNZTをゲナディは注射器に入れて、直接血液に流し込むため注射します。
もうNZTの無いエディは最後にゲナディを刺殺します。ゲナディの血液を舐めてエディは復活します。
ブラントはアトウッドにNZTを渡していませんでした。そのため、アトウッドは死亡します。NZTを盗み返したエディでした。
それから1年が経って、エディは上院議員に立候補していました。そこにカールが訪れます。
カールは製薬会社に乗り移り、NZTの事を知ってエディを脅します。エディはカールの言う通りにはしませんでした。
なぜならエディは欠陥部分を改良して、NZTをやめていたのです。NZTが無くても脳の能力は失われずに生きていくことができるようになっていたのです。
リンディと再度復縁したエディは二人で楽しい食事をしてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は目まぐるしい展開が続いていて、良く105分ほどの時間でまとめきったと感じました。脳を100%使ったのはNZTを飲んだ登場人物だけでなく、製作者達もと思いました。
最初は絶望的な状況から始まり、最後は希望のある終わり方です。この描き方に絶望的な状況からで幸せな未来を掴み取れることを伝えたい製作陣の想いが伝わってきました。
他の映画にはない視覚効果を与えてくれる作品とも感じ取れました。NZTを飲んだ時の映像が当てはまるかと思います。
エディが体調を崩して喧嘩をする場面があります。喧嘩など無縁なエディがNZTの力で、昔見たカンフー映画の情報を思い出し、戦う姿は面白くて気持ちが昂ります。
脇役のロバート・デ・ニーロが出てくると緊迫感が増していきます。カールとエディが会議しているシーンや、最後でNZTに関する取引を行うシーンは特にそう思わせてくれます。
全体を通して、スリリングな展開が続いていて面白い作品です。見終わった後、脳を100%使えるようになっていたらと夢を与えてくれる作品でもあります。

映画の感想を投稿する

映画「リミットレス」の商品はこちら