「八日目の蝉」のネタバレあらすじ結末

八日目の蝉の紹介:2011年公開の日本映画。角田光代のベストセラー小説を、『孤高のメス』の監督・成島出が映像化した深遠な人間ドラマ。不倫相手の子を誘拐し4年間育てた希和子と、彼女に育てられた恵理菜の両者を軸にし、「母性」をテーマにした作品。

予告動画

八日目の蝉の主な出演者

秋山恵理菜(井上真央)、安藤千草(小池栄子)、秋山恵津子(森口瑤子)、秋山丈博(田中哲司)、薫〔幼少時の恵理菜〕(渡邉このみ)、仁川康枝(吉本菜穂子)、沢田久美(市川実和子)、エンゼル(余貴美子)、沢田雄三(平田満)、岸田孝史(劇団ひとり)、野々宮希和子(永作博美)

八日目の蝉のネタバレあらすじ

【起】- 八日目の蝉のあらすじ1

1995年10月、東京地裁において、秋山丈博と恵津子夫妻の間に生まれた生後6か月の恵理菜を誘拐し、4年間逃亡した野々宮希和子に、求刑が告げられました。
希和子は「4年間、子育ての喜びを味わわせてもらったことを感謝します」と答えます――。
希和子は丈博と同じ会社で、丈博の部下でした。妻のいる丈博と恋愛関係になった希和子は妊娠します。同じ頃、丈博の妻・恵津子も妊娠し、丈博は希和子に堕胎を指示します。
丈博から恵津子との子のことを知らされた希和子は、数か月後、夫妻の留守中に家に忍び込みました。そこには赤ん坊がいます。
自分がもし出産していたら…反射的に希和子はその赤ん坊を連れて、雨の中を逃げます。

【承】- 八日目の蝉のあらすじ2

希和子は赤ん坊に薫と名付けました。やがて希和子はエンジェルホームという自給自足の宗教施設に入り、希和子はルツ、薫はリベカとしてホームで3年暮らしました。
やがて希和子と薫は施設を飛び出し、小豆島へ辿りつき、希和子はそうめん工場で働きます。
しかし警察の捜査の手が伸び、そこで希和子は逮捕され、薫は保護されました――。
恵理菜は21歳の大学生です。恵理菜のもとにフリーライター・千草が訪ねてきました。千草は恵理菜のことを本にしたいと言います。
恵理菜は薫でした。4歳まで誘拐犯である女性と暮らし、その後初めて実の両親のところへ戻って暮らし始めましたが、実の両親と言われてもぴんときません。

【転】- 八日目の蝉のあらすじ3

また事件が新聞に書きたてられ、近所からも好奇の目で見られ、恵理菜も恵理菜の両親もうんざりでした。恵理菜は家を出て独り暮らしをします。
恵理菜は孝史という妻帯者と不倫をしましたが、自分が妊娠していることを知った恵理菜は、孝史に別れを切り出しました。
恵理菜はなれなれしく接してくる千草のことを、なぜか拒めずにいました。
千草と恵理菜は「八日目の蝉」のことを語り合います。
「本来七日で死ぬはずの蝉がひとりだけ生き残ったら、孤独でさびしい」と言う恵理菜に対し、千草は「七日で死ぬはずの蝉が八日生きたら、他の蝉が見られない風景を見ることができる」と前向きに考えました。恵理菜は千草に惹かれていきます。

【結】- 八日目の蝉のあらすじ4

千草が恵理菜に爆弾発言をしました。実は千草は幼い頃、施設で「マロン」という名で薫と共に暮らしたというのです。
千草という友を得た恵理菜は実家に戻り、両親に妊娠を告げ、産むつもりだと言いました。
恵理菜は今までの人生を確認するために、千草と共に小豆島へ渡ります。そこには確かに、自分が幼い頃に見た景色が広がっていました。
そしてある写真館に、希和子と幼い薫(恵理菜)の写真が飾られていました。
確かに世間的には希和子は誘拐犯だったかもしれません。しかし薫(恵理菜)が希和子の愛情を受けて育ったことに間違いはなく、それを知った恵理菜は救われました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「八日目の蝉」の商品はこちら