「北のカナリアたち(湊かなえ・原案)」のネタバレあらすじ結末

北のカナリアたちの紹介:2012年公開の日本映画。湊かなえの小説を原案に、主演・吉永小百合、監督・阪本順治で描くヒューマンドラマ。かつての教え子が起こした事件をきっかけに、元小学校教師の女性が生徒たちと再会し、思いを打ち明け合うが…。

この映画を無料で観る

予告動画

北のカナリアたち(湊かなえ・原案)の主な出演者

川島はる(吉永小百合)、鈴木信人(森山未來)、戸田(旧姓・酒井)真奈美(満島ひかり)、生島直樹(勝地涼)、安藤結花(宮﨑あおい)、藤本七重(小池栄子)、松田勇(松田龍平)、川島行夫(柴田恭兵)、阿部英輔(仲村トオル)、堀田久(里見浩太朗)、奥村刑事(石橋蓮司)

北のカナリアたち(湊かなえ・原案)のネタバレあらすじ

【起】- 北のカナリアたち(湊かなえ・原案)のあらすじ1

20年前…。
川島はるは夫・行夫と共に北海道最北端の離島に渡り小学校教師になります。教え子は鈴木信人、酒井真奈美、生島直樹、安藤結花、藤本七重、松田勇の6人です。
はるは皆に合唱を教え、生徒たちは明るくなります。
発表会間近、ソロパートを担当する結花が緊張で歌えなくなりました。はると行夫、6人の生徒たちはバーベキューをして心をほぐします。
しかしある時結花が海に落ち、結花ははるが助けますが、行夫が水死しました。行夫の死に、生徒たちもショックを受けます。
はるは心配する父・久を置いて、逃げるように島を出ました。信人が去るはるに石を投げました。
…現在。
図書館を定年退職したはるを刑事が訪れます。

【承】- 北のカナリアたち(湊かなえ・原案)のあらすじ2

2人の刑事は鈴木信人の名をあげ、彼が勤務先の社長を殺害した容疑で追われていること、はるの連絡先が信人の部屋に残されていたことを告げました。
信人はかつてのはるの教え子で、吃音(どもり)と軽い知的障害がありました。
はるは北海道を再び訪れ、教え子に会いに行きます。教え子たちは皆それぞれ、はるの夫・行夫の死が自分のせいだと思っていました。
真由美、直樹、結花、七重と会ったはなは、当時を振り返ります。
…20年前、離島の駐在所に刑事・阿部がやって来ました。阿部は担当した事件で目の前で人質を殺され、心に傷を負った阿部は、はると深い仲になります。
狭い島なので、はると阿部の件は噂になり行夫も知りました。

【転】- 北のカナリアたち(湊かなえ・原案)のあらすじ3

実は行夫は末期の脳腫瘍でした。20年前の水死は結花を助けようとして死んだ事故でもあり、消極的な自殺でもあります。はると阿部は、行夫が死んだ日に別れていました。
…現在の駐在所勤務の勇が、高い煙突の上の信人を発見します。信人は勇を見て気がゆるんで転落し、病院に運ばれました。
意識が回復した信人は、奥村刑事に自供します。
中田社長は妻に暴力を振るっており、信人と中田の妻は愛し合うようになりました。
離婚を決意した妻に対し暴言を吐いた中田社長を許せず、信人は揉み合いの末、気づくと中田社長が死んでいたのです。
信人は結婚式にかつての先生・はるを招待する予定で、七重にはるの住所や連絡先を聞いていました。 この映画を無料で観る

【結】- 北のカナリアたち(湊かなえ・原案)のあらすじ4

信人の移送の日、奥村刑事は寄り道して信人を分教場に連れていきます。勇が土下座して奥村刑事に頼みました。
そこには残り5人の生徒とはるが待っていました。教室で6人は『歌を忘れたカナリア』を歌います。
信人ははるに「俺、生きていてもいいんだよね」と問います。その問いは元刑事・阿部が最後にはるに発した言葉と同じでした。
はるは生きていてもいいと答えます。阿部はその後もはるに「生きている」と書いた手紙を送っています。
信人は逃げる前に、はるに「分教場で会おう」と電話で告げていたことが、通話記録によって刑事に露見しましたが、奥村刑事は不問にしました。
信人を見送る5人の生徒は『カリンカ』を歌いました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「北のカナリアたち(湊かなえ・原案)」の商品はこちら

「北のカナリアたち(湊かなえ・原案)」と同じカテゴリの映画