「半落ち」のネタバレあらすじ結末

半落ちの紹介:2004年公開の日本映画。横山秀夫の同名の小説を原作とする。「半落ち」とは警察用語で「一部自供した」という意味。警察官である殺人犯が、殺害から出頭するまでの「空白の2日間」の謎をめぐって、話が展開していく。

予告動画

半落ちの主な出演者

梶聡一郎(寺尾聰)、梶啓子(原田美枝子)、藤林圭吾(吉岡秀隆)、笹岡(斉藤洋介)、鈴木孝夫(田山涼成)、岩村肇(石橋蓮司)、加賀美康博(嶋田久作)、古賀誠司(笹野高史)、小国鼎(西田敏行)、志木和正(柴田恭兵)

半落ちのネタバレあらすじ

【起】- 半落ちのあらすじ1

川越中央警察署に現役の警部・梶が自首しました。アルツハイマー病を患っていた妻・啓子を3日前に自宅で殺害した罪です。
捜査一課強行犯指導官・志木が梶の取り調べを担当し、梶は犯行を素直に認めました。しかし、殺害から自首までの3日間、実際は「犯行翌日からの2日間」何をしていたかについては、梶は黙秘を続けます。
志木は「半落ち」、一部しか自供していないと捉えました。
志木は、なぜ梶が2日間自首をしなかったのか、その謎について迫ろうと個人的に調査を開始します。

【承】- 半落ちのあらすじ2

梶には妻・啓子以外に、若くして急性骨髄性白血病で亡くなった息子・俊哉がいました。
現役警察官の犯行ということでマスコミが騒ぎたてるのは必至と考えた県警本部は、妻に殺害を依頼された「嘱託殺人」として処理しようとします。
事件がマスコミに知られ、空白の2日間に関しての梶目撃情報が集まりました。梶は歌舞伎町に出没していたとのことです。
梶がどうして歌舞伎町に現れていたのか、志木は調査しました。東洋新聞の女性記者・洋子も迫ります。

【転】- 半落ちのあらすじ3

実は、梶はその2日で、ある少年に会いに行っていました。梶が骨髄移植で命を救った少年です。
梶と啓子は7年前に俊哉を白血病で亡くして以降、夫婦でドナー登録をしていました。そして梶が骨髄を提供した相手の少年のことを、啓子はいつしか自分の息子・俊哉と重ねて見ていました。
啓子はアルツハイマー病で自分の精神が壊れてしまう前に、その少年と一度会うことをひそかに願っていました。
啓子に頼まれて殺害した後、梶は啓子の日記によってそれを知ります。本当は梶は自殺を考えていたのですが、それをとりやめて、啓子のかわりに自分が少年に会いに行くことを決意しました。

【結】- 半落ちのあらすじ4

少年が勤務していたのが歌舞伎町のラーメン屋だったのです。梶はこの少年がマスコミにさらされるのを恐れて、黙秘を続けていました。
梶は、少年がいきいきと働いている姿を見て、自殺を諦めます。梶は現在49歳…ドナー登録の資格有効期限は50歳まで…つまり50歳ではなくなる、51歳の誕生日まで生きよう、救える人がいれば救おうと考え、生きる道を選択したのでした。
梶には裁判のあと、4年の実刑がくだりました。
志木は護送される梶に、車窓から少年・池上に会わせました。少年・池上は梶に「生きてください」と言いました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「半落ち」の商品はこちら