「変身」のネタバレあらすじ結末

変身の紹介:2005年公開の日本映画。東野圭吾の同名小説を映画化したサスペンス恋愛劇。脳移植により、ドナーの暴力的な人格に支配されてしまう主人公を演じた玉木宏と、それに苦悩する恋人役の蒼井優の熱演が感動を呼ぶ。

この映画を無料で観る

予告動画

変身の主な出演者

成瀬純一(玉木宏)、葉村恵(蒼井優)、橘直子(佐田真由美)、若生健一(山下徹大)、京極瞬介(松田悟志)、京極亮子(釈由美子)、堂元英隆(北村和夫)、嵯峨道彦(春田純一)、番場哲夫(石田太郎)

変身のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①病院で目覚めた成瀬は5週間も昏睡状態にあったことを聞かされる。徐々に記憶は蘇ってくるが、ある時、自身に脳移植が施されたと知る。退院して恋人・恵との生活を取り戻した成瀬は、自分が少しずつ変化していると気づいた。 ②脳のドナーは成瀬の頭部を撃った犯人・京極瞬介のものだった。京極の意識に侵食され始めた成瀬は凶暴になっていく。最後に絵を完成させた成瀬は、成瀬のままでいたいと思い、拳銃自殺した。

【起】- 変身のあらすじ1

東京都千代田区、キョウワ大学附属病院第二病棟。
青年・成瀬純一が目覚めると、そこは病院のベッドの上でした。成瀬はどうしてそこにいるのか分かりません。
聞くところによると成瀬は5週間も昏睡状態にあったそうです。
長い昏睡状態から目覚めたばかりの成瀬に、手術を施した初老の男性・堂元(どうげん)医師は名前を聞きます。最初はぼうっとしていた成瀬も、徐々に記憶を取り戻してきました。
堂元医師の助手である女性・橘直子が、成瀬のフォローをすることになります。
意識を取り戻してからも成瀬は入院を続け、経過観察されました。その間に、成瀬は少しずつ以前の記憶を取り戻していきました。
…成瀬は、部品を作る工場に勤務する青年でした。
絵を描くのが趣味で、本当は美術大学に進学したかったのですが、高校時代に父が亡くなったことで進路変更を余儀なくされ、絵は休みの日に描く趣味程度のものになっています。
成瀬はいつも金曜日に、ある画材店に通っていました。
その画材店には、若い女性店員・葉村恵が勤めており、成瀬はひそかに恵に思いを寄せていました。
ある日思い切って恵を誘った成瀬は、絵を描く湖に連れていきます。成瀬は風景画を主に描いていました。
恵はサンドイッチを作って持ってきてくれます。それを食べた後、恵にせがまれて成瀬は恵をモデルにして人物画を描き始めました。
成瀬と恵はやがて愛し合うようになります。デートを重ね、身体を重ね、2人だけの楽しい時間を積み重ね、一緒に暮らそうと言いました。
2人で共にアパート探しをしていた矢先に、事件が起きたのです。
…そこまで思い出した成瀬は、恵に連絡を取らねばと思い、堂元医師の助手・直子に手紙を書きたいと言いました。許可がおり、成瀬の書いた手紙は堂元医師の検閲の後、出されます。
その日の夜、目の前が赤くなる夢を見た成瀬は、夜中に病室を抜け出して堂元医師の部屋に入り、脳のサンプルを見つけました。
そこには「Host J.N」というタグがついた瓶詰めの半分の脳がありました。イニシャルが自分・成瀬純一と一致すると気づいた成瀬は、気持ち悪くなって、思わずその場で吐きました。
翌日、無断で部屋を抜け出したことを堂元医師に問い詰められた成瀬は、ホルマリン漬けの脳について聞きます。もうそろそろ話してもよいだろうと判断した堂元医師は、成瀬が巻き込まれた事件について説明しました。
成瀬は恵と一緒に住むアパートを探しに不動産屋へ行き、事故に遭遇したそうです。 この映画を無料で観る

【承】- 変身のあらすじ2

病院に運び込まれた時には銃弾が右脳を貫通しており、脳の損傷がひどかったのですが、内臓を動かす部位の脳は無事だったことと、適合したドナーの脳が見つかったため、奇跡的に命を取り留めたそうです。
堂元医師は「私が知っているのは、君が運び込まれてからのことだけだ」と言い、それ以上のことは明かしませんでした。ただ、一致した脳のドナーが見つかる可能性は10万人に1人の確率なので、その僥倖を大事にしろと言います。
自分に右脳が移植されたことを聞いた成瀬は驚きますが、事故の詳細などは分からず、想像のしようがありませんでした。事故前後の記憶は蘇っていないのです。
手紙を受け取った恵が急いで駆け付けました。恵はある日突然消息を絶った成瀬のことを心配しており、せっせと病院に通ってきます。
堂元医師らは成瀬に異常がないことを検査で確認すると、退院措置を取りました。それでも一定期間おきに、検査を受けに来いと言います。
退院した成瀬に、一見すると元の生活が戻ってきました。
工場での勤務、恵との幸福な生活…。
ところが、成瀬は時々違和感を覚えます。説明のしようがない感情が、時折ですが込みあげてくるのです。
以前ならば不満のない職場でしたが、毎日ただ同じ作業を繰り返す単調な仕事に対して、同僚に不満を洩らします。それは自分だけでなく同僚をもバカにするような発言だったため、同僚たちは気を悪くします。
家でもそうでした。隣人の男性とは仲良く接しており、成瀬の退院を知るとブランデーの差し入れを持ってくる関係だったのですが、隣人のバカ騒ぎが成瀬には腹立たしく感じられます。親の金でのうのうと生活し、あまつさえ親に買ってもらった服を友人にオークションにかけている隣人が、許せないのです。
衝動的に包丁を持って隣へ駆け込もうとした成瀬の携帯に、恵から着信がありました。冷静になった成瀬は恵に「ありがとう」と言って切ります。
退院してからの成瀬は、絵を描かなくなりました。湖のほとりで恵を描いた油絵も、中途のまま放置しています。恵が聞くと「あの時見たワンピースの色が再現できないのだ」と怒り、恵との口論すら低次元だと憤りました。
堂元医師の助手・直子に、成瀬は自分の性格が徐々に変わってきていると告げます。
バーで揉めごとを起こして警察に拘留された成瀬のところへ、弁護士を名乗る中年男性・嵯峨道彦が身元引受人として現れました。嵯峨は成瀬のことを「娘の命の恩人」と言い、家に招待したいと言います。

【転】- 変身のあらすじ3

まだ自分の知らない事故のことを聞けるかもしれないと思った成瀬は、嵯峨の家を訪問しました。そこで、事件のことを聞きます。
成瀬が恵との新居を探しに不動産屋を訪問した時、若い男・京極瞬介が拳銃を持って強盗に入ったそうです。
嵯峨の妻子もその不動産屋にいました。奥の部屋にいて何も知らない娘・典子が母の元へ駆け寄ろうとし、咄嗟に京極が典子を撃とうとした時に、成瀬が典子をかばって頭部を撃たれたのです。
自分がかばった相手・典子と会った成瀬は、典子に「このお兄ちゃん、前に会ったお兄ちゃんじゃない」と言われました。また典子の弾くピアノの調律が狂っていることを、成瀬は気づきます。
事件の詳細は知り得ましたが、脳のドナーについては、嵯峨は知りませんでした。ともあれ、事件について知った成瀬は納得します。
どんどん自分が変化していると思った成瀬は、日記をつけ始めました。自分の好みや性格が変化しているのは、もしかしたらドナーの脳に侵食されているのかもしれないと考えたからです。
恵に対しても、前のように愛情を感じられなくなった成瀬は、恵を遠ざけました。事情を知らない恵は、成瀬に嫌われたのかと思い悲しみます。
恵はアパートを引き払って故郷へ帰りますが、成瀬は追いませんでした。
堂元医師の助手・直子に無理やり関係を迫った成瀬は、裏切らないかと念押ししたうえで、日記の存在を話します。そしてもし自分が成瀬の記憶を失った時には、日記を処分してくれと頼みました。
街で見かけた女性・京極亮子を、なんとなく覚えがあると思った成瀬は話しかけます。そして亮子が、事件の容疑者・京極瞬介の双子の妹だと知りました。
亮子は成瀬を自宅へ案内すると、亮子と瞬介の生い立ちについて話します。2人は事件のあった不動産屋の、社長・番場哲夫の愛人の子でした。
事件の少し前、京極兄妹の母が心臓病で倒れます。金を貸してくれと番場社長に頼みに行って瞬介は断られました。1週間後、母は亡くなります。
母の死を、手術代を集められなかった自分のせいだと思った瞬介は嘆き、不動産屋に強盗に入りました。
事件の後、奪った金を屋上からばらまいて、瞬介は拳銃で自分の胸を撃って自殺します。それがちょうどキョウワ大学附属病院だったのです。
瞬介は本当はピアニストになりたかったと聞いた成瀬は、弁護士・嵯峨宅でピアノの調律が狂っていたことに気づいたことと考えあわせ、脳のドナーは加害者・京極瞬介ではないかと考えました。
瞬介の双子の妹・亮子が持つ赤い小さなピアノのおもちゃを、成瀬は譲り受けます。

【結】- 変身のあらすじ4

事件の詳細を聞くために事件のあった不動産屋に行った成瀬ですが、不動産屋の社長・番場は迷惑そうに慰謝料を渡すと成瀬を追い返そうとします。脅そうと思って行ったわけではない成瀬は怒り、札束を破って立ち去りました。
その頃、恵は成瀬が全く連絡を寄越さないことで心配になり、成瀬宅を訪問します。ところが鍵が交換されており、自分の持つ合い鍵では入れませんでした。
朝までドア口で待った恵は、堂元医師の助手・直子が訪問しに現れたので隠れ、直子が合い鍵で部屋に入るのを見ます。
さらにごみ捨て場に恵を描いたスケッチブックが捨てられているのを見た恵は、拾って持ち帰りました。
帰宅した成瀬は、直子がデジカメで自分の日記を撮影していたのを知ります。
成瀬は世界初の脳移植の患者なので、堂元医師はその成果を気にかけていました。以後も直子を派遣して、堂元医師は成瀬の変化を窺っていたのです。
自分が実験台、マウスのような扱いを受けていると知った成瀬は怒り、直子の首を絞めて殺しました。
直子が行方不明になっているとニュースで聞いた恵は、成瀬が関係しているのではないかと心配になり、再び成瀬の家へ行きます。
同じ頃、成瀬もキョウワ大学附属病院の堂元医師と対峙し、詰問していました。成瀬の脳のドナーは、やはり京極瞬介でした。
成瀬は堂元医師に、瞬介の脳に支配されつつあることを告げ、「成瀬純一のあかしを残して死ぬ」と宣言します。
恵と会った成瀬は、脳の移植手術や瞬介のことなど全てを説明し、瞬介の脳に支配されつつあると告げました。成瀬の記憶の残り時間はあと僅かだということも話します。
湖のあるコテージで絵を描く成瀬に、恵はワンピースと同じ萌黄色の絵具を渡しました。成瀬は恵の絵を完成させます。
堂元医師の助手・直子を愛する若生健一医師がコテージに現れ、直子を殺しただろうと銃をつきつけました。成瀬は返り討ちにして銃を手に入れます(成瀬が若生を殺したかは不明、描かれない)。
赤い小さなおもちゃのピアノを弾く成瀬に怒った恵は、おもちゃのピアノを壊しました。成瀬はかっとなり恵の首を絞めかけますが、成瀬自身の最後の記憶が蘇り、頭痛で気絶します。
目を覚ました成瀬は堂元医師のところへ行き、移植した脳を全て摘出してほしいと頼みました。現実世界で廃人になっても、無意識の世界では成瀬のままでいたいと言います。
しかし堂元医師は拒否しました。堂元医師にとっては「脳移植をした成瀬が生きていること」が大事だったからです。医師としての功績を重視したのです。
もうこりごりだと思った成瀬は、駆け付けた恵の前で拳銃自殺を図りました。
…後日、完成した絵を持って、恵は湖に佇みます。

みんなの感想

ライターの感想

ラブストーリー要素が原作よりも濃厚になっちゃったからか、なんか原作とはまるで異なるテイストの作品になってます。
そもそも恵を蒼井優が演じた時点でちょっと違うよなあ…(原作の恵は、お世辞にも美人とはいえない容貌)。そばかすは蒼井優に付け足されていたけど、やっぱ違うと思った。
なによりも、徐々に脳が侵食されていく成瀬の不安とか葛藤とかが、あまり出てこない。
2時間枠にはめないとならないからか、削除されたエピソードもいくつかあり、なんかこれはもう原作とはまるで別物…と考えたほうが、むしろしっくりくる感じ。
設定は悪くないのだけども、残念ながら原作のよさは引き出せていません。東野ファンにはあまりお勧めできません。

映画の感想を投稿する

映画「変身」の商品はこちら