「奇談」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

奇談の紹介:2005年制作の日本映画。『呪怨』の一瀬隆重プロデューサーが、諸星大二郎の傑作マンガ『生命の木』(短編)を映画化。東北の山奥を舞台に、歴史と聖書にまつわる怪事件を描く伝奇ミステリー。

この映画を無料で観る

奇談の主な出演者

佐伯里美(藤澤恵麻)、佐伯里美〔幼少期〕(山田夏海)、稗田礼二郎(阿部寛)、重太(神戸浩)、龍尊寺住職(一龍斎貞水)、妙(草村礼子)、赤沼静江(ちすん)、神父(清水紘治)、善次(やべけんじ)、ヨハネ(白木みのる)、中原巡査(柳ユーレイ)

奇談のネタバレあらすじ

【起】- 奇談のあらすじ1

1972年。民俗学専攻の大学院生・里美は、手を振る少年と穴の夢を何度も見ました。
里美には7歳の夏頃の記憶がありません。母親の出産で東北の親戚宅に預けられた里美は、そこに謎があると考えました。
大学で見覚えのある教会の写真を見つけた里美は、当時の新聞記事から、自分が神隠しに遭っていたことを知ります。
記憶を辿るため、里美は東北の「渡戸村」に行くことにしました。
現地に行った里美は、渡戸村が江戸時代の徳川幕府の弾圧から逃れた、キリシタン(キリスト教徒)の作った村だと知ります。
しかし村の外れに「ハナレ」という場所があり、そこの住民は村ができるはるか以前の秀吉時代からの隠れキリシタンでした。

【承】- 奇談のあらすじ2

ハナレの住民は近親婚を繰り返したので知能が7歳程度しかなく、不死という噂もあります。渡戸村の住人は恥部として、ハナレの存在を隠したがりました。
里美は村の教会で、聖書異伝の調査でハナレ訪問目的の考古学者・稗田と出会います。
翌日ハナレに向かった稗田と里美は、磔になった善次の死体を発見しました。
龍尊寺の住職や老婆・妙から村に伝わる話を聞いた2人は、渡戸村では50年に1度の頻度で神隠しが起きることを知ります。直後、16年前に里美と共に神隠しに遭った新吉が、7歳の姿のままで発見されました。
新吉は聖書異伝の一節を呟いた後、再びいなくなります。
ハナレには重太という住民以外の姿が消えていました。

【転】- 奇談のあらすじ3

重太に聞くと「『インヘルノ』に行った。それから『パライソ』に行く」と言います。善次はハナレの住民全員から殺されたとのことでした。
教会に安置した善次の死体が蘇り、ハナレに向かいます。死後3日目のことでした。
稗田は、聖書異伝の話を神父と里美にしました。
聖書異伝『世界開始の科の御伝え』によると、昔、死を覚悟で多くの宣教師が日本に渡ったのは、日本に「生命の木」があるとされたからです。
生命の木の果実を食べると、不老不死になると言われました。対照的に、人類は「知恵の木」の実を食べて知恵を身に付けたといいます。
ハナレの集落の隅にある洞窟を見つけた稗田と里美、神父は中に入りました。 この映画を無料で観る

【結】- 奇談のあらすじ4

洞窟の中央に巨大な空洞があり、中央には大きな穴がありました。それを見て里美の記憶が蘇ります。
穴の中にはハナレの全住民と、神隠しに遭遇した子たちが赤い塊となって蠢いていました。彼らは「インヘルノ(地獄・無間地獄)」に堕ちています。そして「パライソ(天国)」に行くために、善次を磔にしたのでした。
善次を殺したのは儀式で、パライソ(天国)へ行くための手段でした。新吉もパライソを希望します。
赤い塊と化した彼らのもとへ蘇った善次(キリストの化身)が近寄ると、赤い塊は天にのぼっていきます。
渡戸村の老婆・妙は「神隠しの子だけは返してくれ」と祈ります。すると新吉以外の子が戻ってきました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「奇談」の商品はこちら