「妖精たちの森」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

妖精たちの森の紹介:イギリス郊外のある大屋敷を舞台に、天使のような姿をした無邪気な子ども達の恐るべき所業を描いたサスペンス。日本公開は1971年。

この映画を無料で観る

妖精たちの森の主な出演者

ピーター・クイント(マーロン・ブランド)、ミス・ジェスル(ステファニー・ビーチャム)、ミセス・グロース(ゾーラ・ハード)、マイルズ(クリストファー・エリス)、フローラ(バーナ・ハーベイ)

妖精たちの森のネタバレあらすじ

【起】- 妖精たちの森のあらすじ1

19世紀イギリス。郊外にある邸宅の地主夫婦が自動車事故で死亡します。屋敷の後見人は家政婦のグロースに全てを任せ、姉のフローラと弟のマイルズは、両親の死を知らされずにいました。
邸宅にはグロースのほかに家庭教師の女性・ジェセル、下男のクイントがいて、なかでも無学で粗野なクイントは大人からの評判は最悪ですが、子ども達に外での遊びを教え慕われていました。
ある日沼でガマカエルを見つけたクイントは、姉弟の目の前で火をつけた煙草をカエルに咥えさせます。煙を吸い続けたカエルはみるみる膨れ上がり、最後には体が破裂します。呆気に取られる姉弟に対して、「好きなことで死ねるなら幸せなんだ」とクイントは告げます。 この映画を無料で観る

【承】- 妖精たちの森のあらすじ2

美しい家庭教師のジェスルは、夜な夜な部屋に忍び込むクイントに肉体関係を強いられていました。彼女はクイントを憎みながら次第に愛欲の世界に溺れ、心身共に疲弊していきます。
ある晩、ジェスルの寝室を覗き見したマイルズは、2人の行為を目撃します。翌日マイルズはフローラを縄で縛り、ベッドに寝かせて鞭で叩きます。それを見つけたグロースは仰天し、何をやっているのか聞くと、姉弟は「セックスだよ」と無邪気に答えます。
こうしてグロースはクイントとジェスルの関係を知り、兼ねてから毛嫌いしていたクイントに屋敷の出入り禁じます。

【転】- 妖精たちの森のあらすじ3

姉弟はクイントとジェスルが愛し合っていることを知っており、2人に「一緒になればいい」と提案します。ところが階級の違う2人が結婚することは難しく、ジェスルは切なげに首を振り、クイントは姉弟に独自の恋愛観や人生観を語ります。
クイントと接することで子ども達に悪影響を及ぼすことを懸念したグロースは、後見人に手紙を書きクイントをクビにしようと考えます。そんなグロースの動きに気付いた姉弟は、クイントとジェスルを離ればなれにしたくない一心で、一計を案じます。
クイントの言葉を真に受けた姉弟は、2人が永遠に結ばれるために、彼らの殺害を決行します。

【結】- 妖精たちの森のあらすじ4

グロースに問い詰められ自身の行いを恥じたジェスルも、屋敷を去るため荷物をまとめていました。
そんな彼女の元に「クイント宛」と称した姉弟からの手紙が届きます。そこには池のそばで落ち合う約束が綴られ、ジェスルは池のボートを漕ぎ始めます。穴の開いたボートは次第に沈んでいき、泳げない彼女は溺死します。
一方クイントも誘い出され、池に浮かぶ変わり果てたジェスルの姿を発見します。呆然と森を彷徨うクイントは、マイルズの放った矢が命中し死亡します。クイントの死を確認したマイルズは「これでジェスル先生とずっと一緒だよ」と言います。
やがて姉弟の元に新しい家庭教師がやってくる場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「妖精たちの森」の商品はこちら