「孤高のメス」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

孤高のメスの紹介:2010年公開の日本映画。現役の医師・大鐘稔彦のベストセラー小説を、堤真一・主演で映画化したサスペンス・ドラマ。医療に真剣に取り組む医師の姿を、地方医療問題や臓器移植など現実的な問題を交え描いた作品である。

予告動画

孤高のメスの主な出演者

当麻鉄彦(堤真一)、中村浪子(夏川結衣)、青木隆三(吉沢悠)、大川翔子(中越典子)、中村弘平(成宮寛貴)、島田光治(平田満)、実川剛(松重豊)、白鳥孝雄(徳井優)、武井誠(太賀)、立松刑事(隆大介)、武井静(余貴美子)、野本六男(生瀬勝久)、大川松男(柄本明)

孤高のメスのネタバレあらすじ

【起】- 孤高のメスのあらすじ1

適切な処置を受けることができず急死した、看護師である母・浪子の遺品を整理していた新米医師・弘平は、浪子の古い日記を見つけます。
そこには若かりし頃の母が同僚や医師と共に記念撮影した写真が挟まれており、日記には当時の母の仕事上での苦悩が書かれていました。
―1989年。浪子は独りで幼い弘平を育てていました。昼間は弘平を保育園に預け、さざなみ市民病院で看護婦(当時は看護師ではなく看護婦と呼ばれていた)として働いています。
オペ担当の看護婦をする浪子は、外科手術ひとつ満足にこなせず、患者をすぐに慶応大附属病院に移送させる、さざなみ病院の態勢に不満を抱き、仕事への意欲を欠いていました。

【承】- 孤高のメスのあらすじ2

そんなある日、さざなみ病院に新たな外科医・当麻が第二外科医長として赴任します。当麻はピッツバーグ大学で外科手術を叩きこまれた名医でした。
帰国してからの当麻は田舎の病院を転々としています。それは、都会に比べ遅れた医療しかない地方を救うためでした。
当麻の着任早々、虫垂炎と思われた患者が搬送されますが、実際は肝臓の腫瘍が破裂し体内で大出血を起こしていました。「今までの慣例」ですぐに慶応大附属病院に移送させようとする上層部を止め、当麻がオペを開始します。当麻は難しい肝臓手術を正確に淡々とこなし、手術は無事成功しました。浪子は感動し、当麻のオペに見合う技術を得たいと願い、仕事への意欲を取り戻します。

【転】- 孤高のメスのあらすじ3

患者の身を優先する当麻の姿勢に感化される医師がいる一方、第一外科医長・野本は当麻に反発します。
その野本が執刀した患者が死亡します。実はそのオペは野本の手に余るものでした。野本は適当に処置し、患者の家族にも嘘の説明をしました。
野本の傍で一部始終を見て知る青木医師は嫌気がさして病院を辞めます。その青木に、当麻はピッツバーグ大学への紹介状を手渡しました。
市長・大川が市議会の最中に倒れます。大川は末期の肝硬変と判明し、助かる方法は生体肝移植しかありません。
しかし当時、成人から成人への生体肝移植は世界でも前例がない困難なもので、娘・翔子と大川の弟・慎二が肝臓の提供を申し出ますが条件に合いません。

【結】- 孤高のメスのあらすじ4

浪子の隣人の小学校教師・静の息子・誠が交通事故で搬送され、数日後脳死と診断されました。静は誠の臓器提供を希望します。
まだ日本では脳死判断の適応が決まっておらず、臓器提供のための法的脳死判定も法律に抵触するおそれがありました。
しかし静の熱意に打たれた当麻は脳死肝移植を大川に施すことにします。手術は成功しましたが、責任を取り当麻は辞表を提出しました。当麻は多くの医者と看護婦に惜しまれつつ病院を去ります。
―浪子の日記を読んだ弘平は、新たに赴任する病院に行きます。院長を待つ応接間で弘平の目に留まったのは、浪子の日記に挟まれた写真と同じ写真でした(院長または外科医として弘平赴任先に当麻がいます)。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「孤高のメス」の商品はこちら