「恋の罪」のネタバレあらすじ結末

恋の罪の紹介:園子温監督によるR18指定作品。1997年に渋谷区で発生した東電OL殺人事件が元ネタになっている。水野美紀がヘアヌードになったことでも注目を集め、興行収入一億円を突破した。2011年公開。

この映画を無料で観る

予告動画

恋の罪の主な出演者

吉田和子(水野美紀)、菊池いずみ(神楽坂恵)、尾沢美津子(冨樫真)、ショウジ(児嶋一哉)、吉田正男(二階堂智)、カオル(小林竜樹)、木村一男(五辻真吾)、マティーニ真木(深水元基)、土居エリ(内田慈)

恋の罪のネタバレあらすじ

【起】- 恋の罪のあらすじ1

主人公の刑事・吉田和子が不倫相手とシャワールームで情事に耽っていると、猟奇事件発生の連絡が入ります。事件が起きたラブホテル街に駆けつけた和子は、人の体とマネキンが接合された2人分の遺体を発見します。壁には「城」と書かれた血文字と塗料が飛び散っていました。
捜査を進めるうちに、エリート大学助教授の美津子とベストセラー小説家の妻いずみの存在に行き当たります。
著名作家の妻・いずみは、貞淑を振る舞いながら内心では夫とのセックスレスを寂しく思っていました。心の穴を埋めるためにスーパーでパートを始めたいずみは、モデルのスカウトと騙されていかがわしい写真を撮られ、AVの世界へ足を踏み入れてしまいます。 この映画を無料で観る

【承】- 恋の罪のあらすじ2

ところが性行為によって明るさを取り戻したいずみは、ある日ラブホテル街でカオルと名乗る男から誘いを受けます。
いずみはカオルを通じて昼は大学の助教授をし、夜は売春婦に豹変する女性・美津子に出会います。彼女は立ちんぼをしながら週に数回風俗店で働く無類のセックス好きでした。
美津子はいずみのセックスに意味を持たせるため、対価として男から金を受け取る行為を強制します。
自らを売春の世界へと引き込もうとする美津子にいずみは戸惑いながら、美津子とカオルが働いている風俗店に同行します。

【転】- 恋の罪のあらすじ3

あるとき客からの依頼で出かけた美津子でしたが、客からチェンジを受けいずみも出動することになります。ホテルに到着すると、いずみの夫・由紀夫が美津子を罵りながら嬉々と性行為をする姿を目撃します。
いずみは売春婦として夫とセックスをして正体を明かします。いずみは性に狂っていた夫の正体を知り、こうなるように仕向けた美津子に激しく嫉妬します。
その後いずみと美津子は廃墟へ行きお互いの惨めな境遇を罵り合っていると、かねてから美津子を侮蔑していた美津子の母が現れます。
美津子は母の手で殺害され、そばにいたカオルに美津子の遺体を切断されながらマネキンとつなぎ合わせます。

【結】- 恋の罪のあらすじ4

死体の身元が分かったとの知らせを受けた和子は、美津子の母の自供を聞き、屋敷で首を吊って死んでいるカオルを発見します。
そうして由紀夫からいずみが失踪したという知らせを受けます。立ちんぼに堕ちたいずみは、かつての美津子のように夜の町を彷徨っていました。
事件を解決した和子は、不倫を続けながら家族円満を守り抜いていました。ある日朝食を食べていると、ゴミの回収車が通り慌てて追いかけます。ふと和子はゴミ回収車を追ったまま行方不明になった事件の女と自身を重ね合わせ、彼女らのように深みにはまる人生に転落してしまうことを予感しながら、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

    カメ吉さんの感想

    カオルが自殺したのはどういう理由からですか?殺人というところまできて、初めて精神が崩壊したのですか?
    美津子ママに取り込められたのですか?
    そこがよくわからなかった。
    別に本題からは外れた些末なものだとしてもちょっと引っかかったな。

映画の感想を投稿する

映画「恋の罪」の商品はこちら