「悪夢探偵2」のネタバレあらすじ結末

悪夢探偵2の紹介:塚本晋也監督による日本映画。他人の夢に入れる特殊能力を持つ青年の苦闘を描いた、松田龍平主演のサイコサスペンスの続編。2008年公開。

予告動画

悪夢探偵2の主な出演者

影沼京一(松田龍平)、間城雪絵(三浦由衣)、菊川夕子(韓英恵)、アキ子(松嶋初音)、睦美(安藤輪子)、間城貴理子(内田春菊)、菊川哲治(北見敏之)、影沼滝夫(光石研)、影沼逸子(市川実和子)

悪夢探偵2のネタバレあらすじ

【起】- 悪夢探偵2のあらすじ1

他人の夢に入れる特殊能力を持つ影沼京一は、周囲から悪夢探偵と呼ばれています。
ある日京一の元に、女子高生の間城雪絵が現れ、同級生の菊川夕子が出てくる悪夢のせいで眠れないと打ち明けます。
雪絵は友人たちと怖がりの菊川を体育倉庫に閉じ込めたことがあり、その日以来彼女は不登校になり、雪絵の夢に現れるようになりました。自分の夢に入ってほしいと頼む雪絵に対して、ちゃんと会って謝ればいいと京一は突き放します。
しばらくして、雪絵の友人が原因不明の心臓発作で急死します。身の危険を感じた雪絵は、再び京一に助けを求め、京一はいやいやながら菊川の家に向かいます。

【承】- 悪夢探偵2のあらすじ2

雪絵と出会ってから京一は、自ら命を絶った母・逸子のことを思い出していました。人の心が見えてしまう逸子は世界の全てを恐れ、自分と同じように人の心が見える京一に恐怖を感じていました。
京一は菊川の家で、彼女が描いた絵画を見つけます。そのとき、自分を取り巻く全てのものを怖がる菊川に、亡き母の面影を重ね合わせます。京一は自分を拒絶した逸子との絆を取り戻すために、雪絵の夢の中に入る決意をします。
そして、また1人雪絵の友人が急死したという知らせが入ります。

【転】- 悪夢探偵2のあらすじ3

京一は雪絵の夢の中に入ってから、現実の世界で菊川と会うことができました。京一は首を吊りかけていた菊川を救い、そのまま彼女の夢に侵入します。京一は菊川を見つけて「ずっとここにいる」と約束します。京一は眠りながら菊川を抱きしめ、同時に夢の中で幼い自分を浴槽に沈めて殺そうとする逸子を抱いていました。
事件が解決し、京一は幼い頃の夢を見ます。悪夢を見て苦しむ小さな京一は、「助けて、悪夢探偵!」と叫びます。すると大人になった京一が夢の中の女と戦って幼い自分を救出し、それからさらに奥の夢に落ちていきます。

【結】- 悪夢探偵2のあらすじ4

奥の夢では、京一は悪夢を見ていません。昔住んでいた家で起き上がると、そこには何も怖がらず、京一に優しく微笑みかける逸子がいました。
逸子は台所でハンバーグを作りながら、京一と何気ない会話をします。京一は逸子に背を向けつつ、何度も振り向き母の姿を確認します。それは京一が望んでいた「穏やかな母親の姿」で、やがて逸子の姿は消えてしまいます。
京一が永遠に叶うことのない願いに涙を流す場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「悪夢探偵2」の商品はこちら