「悪魔の倫理学」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

悪魔の倫理学の紹介:2013年に製作された韓国発サスペンス映画。美人大学生ジナが殺害されたことによって、次々と周辺の人々の内面に潜む「悪魔」的な要素があらわになっていく。映画「オアシス」や「自由が丘で」の演技で高い評価を受けている韓国の実力派女優、ムン・ソリも本作に出演。場面が少ないながらも、冷徹な美女という役どころを見事に演じ切っている。

予告動画

悪魔の倫理学の主な出演者

キム・ジョンフン(イ・ジェフン)、パク・ミョンロク(チョ・ジヌン)、ハン・ヒョンス(キム・テフン)、キム・ソンファ(ムン・ソリ)

悪魔の倫理学のネタバレあらすじ

【起】- 悪魔の倫理学のあらすじ1

大学教授のキムは、絶世の美貌の持ち主である女子大学生のジナと不倫関係を結んでいました。ジナの隣の部屋に住む警官キム・ジョンフンもまたジナに魅せられたうちの一人。彼はジナの部屋にカメラやマイクを仕込み、ジナの生活を監視することをなによりの喜びとしていました。
いつものようにジョンフンがジナの部屋を監視していると、ジナが元恋人のハン・ヒョンスに殺害される場面を目撃してしまいます。しかし、状況証拠からキムが容疑者として逮捕されることに。一方、真犯人のハンはジナの部屋に再度侵入し、懺悔の気持ちから自殺を試みるも失敗してしまいます。そのとき偶然に、ハンは部屋に仕込まれたマイクを発見します。

【承】- 悪魔の倫理学のあらすじ2

マイクというヒントから、隣人がジナの生活を盗聴していた事実を知ったハンは一転、ジョンフンに怒りを爆発させます。ハンはジョンフンに電話で明確な殺意を伝え、対するジョンフンはそれに備え銃やナイフを準備します。
ジョンフンはマイク撤収のためジナの部屋で作業をしていると、そこである男と鉢合わせします。それはジナに金を貸し、その代償にホステスやモデルなど様々な仕事をさせていた男、パクでした。怪しい行動をとるジョンフンにパクは手荒な尋問を行い、ジョンフンの部屋でジナの映像や音声を収めたCDを発見、売買目的に奪い去っていきます。
その後現れたハンは負傷したジョンフンを見て困惑しますが、ハンにも確実に危険が迫っていました。パクにとって、ジナは大金を生み出す商品であることに加え、ジナを政界入りが濃厚なキム教授と接近させていたのも将来の利益を見据えてのことだったのです。その二つを同時に失ったパクは、本当の殺害者であるハンに強い怒りを向け始めていました。

【転】- 悪魔の倫理学のあらすじ3

一方、容疑を否認するキムの元に妻のソンファが面会に訪れます。不倫の事実をめぐりキムはソンファへの謝罪に徹しますが、大きな権力を持つソンファの父が自分の救済に動いていないことを知ると、態度が急変。キムは妻と妻の家族へ復讐する意思を明らかにします。ちょうどそのとき、ソンファはパクから「真犯人を捕まえた」というメールを受け取ります。ハンはパクの罠にはまり捕らえられてしまったのです。
パクはかつてジナがモデル撮影をしたスタジオへハンを連れていきます。そこには、パクの怒りに触れ暴行を受けたホステスのウニョンも同行させられていました。パクはそこでジョンフンから奪ったジナの映像や音声の鑑賞会を開始します。
しかし、そこに銃を持ったジョンフンが現れCDの返却を要求、パクとジョンフンは乱闘の結果、致命傷を負います。そんな中、パクから連絡を受けたソンファがスタジオに入ってきました。

【結】- 悪魔の倫理学のあらすじ4

状況を飲み込んだソンファは、夫に罪を被せ三人は和解すべきと提案しますが、三人は口論に。そのうちにジョンフンは死亡してしまいます。パクはソンファを侮辱したためにソンファにより殺害され、残るはハン一人に。ソンファはハンの「自殺する」という言葉を信じ、ハンの手錠を外すとその場を立ち去りました。
その後ハンは自首、キムは自由の身となったものの、離婚により全財産を失っていました。事件を解明したいというキムや判事らの思惑をよそに、ハンは黙秘を続けます。キムと判事は、事件解明にはウニョンの協力を不可欠と考えていました。ウニョンはジョンフンの急襲の際に逃げ出し、影からパクたちの殺し合いの様子を見ていたのです。
しかし、当のウニョンがコンタクトをとった相手はソンファ。すべてを目撃していたウニョンは、ソンファに大金を要求します。ソンファへの電話を切ると今度はキム教授から着信が。ウニョンはキムと恋人のような会話を楽しみながら、かつてジナが歩いた都会の街を颯爽と歩いて行くのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「悪魔の倫理学」の商品はこちら