「愛を殺さないで」のネタバレあらすじ結末

愛を殺さないでの紹介:1991年製作のアメリカ映画。2組の夫婦に降りかかる殺人劇の顛末を、警察の事情聴取でひとりの人妻が語る…という形式で描くサスペンス。当時夫婦だったデミ・ムーアとブルース・ウィリスが夫婦で共演している。

予告動画

愛を殺さないでの主な出演者

シンシア・ケロッグ(デミ・ムーア)、ジョイス・ウバンスキー(グレン・ヘドリー)、ジェームズ・ウバンスキー〔ジミー〕(ブルース・ウィリス)、ジョン・ウッズ(ハーヴェイ・カイテル)、アーサー・ケロッグ(ジョン・パンコウ)、リンダ・ニーロン(ビリー・ニール)、ドミニク・マリーノ(フランク・ヴィンセント)、グロリア・ウバンスキー(カレン・シャロ)、クッキー(ケリー・シナンテ)

愛を殺さないでのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①2人の夫が殺された。ろくでなしのジミーと堅実なアーサー。アーサーの妻・シンシアに事情を聞いたウッズ刑事は、シンシアからジミーと妻・ジョイスが以前から不仲だったと知る。 ②ジミー殺しもアーサー殺しもジョイスかと思われたが、ジミーを殺したのはレイプされそうになったシンシア。シンシアは自首するため警察署に戻る。

【起】- 愛を殺さないでのあらすじ1

(オープニング。幼いシンシアとジョイスが楽しそうに遊ぶビデオ映像)

黒人女性のリンダ・ニーロン刑事にいざなわれ、若い女性シンシア・ケロッグが取調室に行きます。
そこにジョン・ウッズ刑事がやってくると、これからある殺人事件の重要参考人としていろいろ聞くことと、弁護士を雇う権利があるということを告げました。
事情聴取の様子は、ビデオカメラで録画されています。
そのうえで、シンシアはウバンスキー夫妻のトラブルはいつからだったか聞かれました。「結婚式から」とシンシアは答えます…。

…シンシアとジョイスは幼い頃から大親友でした。
大人になってジョイスが美容室『ジョイスの店』を経営すると、シンシアも一緒に働くくらいです。
ジョイスはジェームズ・ウバンスキー、通称:ジミーという男と結婚しました。
ジョイスの結婚式の頃には、シンシアは既にアーサーという不動産セールスの男と結婚していました。夫婦で披露宴に行きます。
ジョイスは「いい男をつかんだ」と思っていましたが、ジミーはクスリ浸りの悪い男で、結婚式の当日も披露宴の金を自分のものにしようとします。
結婚してからは、ジミーの身勝手な人柄が前面に出ました。
ジミーはしょっちゅう外泊し、クスリに浸り、やがてジョイスに暴力を振るうようになります。
ジョイスの店は、ジョイスとシンシアと、クッキーという女性の3人で働いていました。
店へもジミーがやってきて、レジの金を抜いていきます。
悪い男につかまったと思ったジョイスとシンシアは、「こうやって殺してやる」ということを話し合っていました。

…ウッズ刑事が「殺す方法を話し合ったのか」と質問します。
シンシアは「そうやって憂さを晴らしていただけだ」と答えました…。

やがてシンシアは2人の子持ちになり、ジョイスも1人子どもがいます。
ジョイスとジミーが結婚して5年が経過していました。夫婦は美容室の2階に住んでいます。
2人目を妊娠したジョイスに、ジミーは堕胎しろと命令します。
腹が立ったジョイスはある日、砂糖にネコイラズを混ぜてジミーのところへ持っていきました。
ジョイスが目の前で混ぜるのを見たシンシアは、ジョイスを殺人犯にしたくなくて、取り返しに行きます。わざと砂糖と飲み物をこぼし、使えないようにしました。
その時シンシアは、ジミーに迫られました。シンシアは拒んで階下におります。

【承】- 愛を殺さないでのあらすじ2

ある時、シンシアとジョイスは女2人でカーニバルに行く約束をしました。
シンシアとジョイスは子どもを夫に預けましたが、ジミーは子どもを自分の母・グローリアに預け、車に乗り込みます。
車中で夫婦喧嘩が始まり、ジョイスは乱暴な運転をしました。シンシアは「殺し合いなら2人でやって」と言います。
金とクスリをもらうと、ジミーはカーニバルの群れに消えていきました。シンシアとジョイスは女2人で楽しみます。
クスリでよろよろだったジミーを見つけたのはジョイスです。ジョイスは車のバンにジミーを乗せると、ルーレットで勝っているシンシアのところへ行き「殺したみたい」と言います。
「私の首を絞めかけたので、首を刺したのよ」というジョイスの言葉で、バンの後部座席を見たシンシアは、そこに血まみれで倒れているジミーの姿を見ました。

…ウッズ刑事は「病院へ行こうとしなかったのか?」とシンシアに聞きます。
シンシアは「刑務所行きになると言って、ジョイスが聞かなかった。蒸発したことにしたいと言っていた」と言いました。
シンシアは、ジョイスと2人で古い線路のそばの沼地に行くと、ジミーの死体を捨てたことを話します。場所はジョイスが一方的に指示したことで、凶器もその場に捨てました。
(字幕では「カミソリ」と訳されているが、見た目は黄色のカッターナイフ)
ウッズ刑事は「凶器は手にとって投げ捨てたのか」と質問し、シンシアは「混乱していたので、分からない」と答えます…。

その後、ジョイスはシンシアと打ち合わせをしました。
ジョイスは翌日に捜索願を出しに行くから、シンシアに翌日バンを洗っておいてくれと頼みます。
帰宅したシンシアが血まみれの服を洗っていると、夫のアーサーにばれました。なぜジョイスの言いなりになっているのかと、アーサーに責められます。

…ウッズ刑事は「夫は警察に通報しようと言わなかったか」とシンシアに聞きました。
シンシアは「最初は通報しようと言っていた。しかし私が加担したことで罪に問われることをおそれ、最終的には黙っておこうということになった」と答えます。

【転】- 愛を殺さないでのあらすじ3

ウッズ刑事は「それはあまりに不自然ではないか」と言いますが、シンシアとしてもこれ以上のことは言えません…。

ジョイスが想像していた以上に早く、ジミーの死体が見つかりました。ジョイスは捜索願を出す前に、遺体の確認に行かねばならなくなります。
シンシアがジョイスの家に行くと、ジミーの家族が集まっていました。ジョイスはシンシアに「カツラを受け取ってきて」と言うと、車のキーを渡します。暗に、証拠を消すためにバンを洗っておいてくれという意味です。
ジミーの弟・ジョーイが車に乗り込もうとしました。シンシアは逃げるように車を急発進させ、家の近くで車を止めて中のものを片付けると、バンの床掃除を念入りにします。
証拠となる血痕のついたものは全て焼却しました。
ジョイスのところへ戻ると、同僚のクッキーがシンシアを待っていました。
クッキーはジョイスに有利な証言をするよう求められ、「何か隠している」とジョイスを疑っていました。ジョイスの言う通りにすべきだと、シンシアはクッキーに言います。
不審を抱いたクッキーは、ジミーの葬儀に来ませんでした。関わり合いたくないと思ったのです。
ジョイスは警察とジミーの親族に殺害を疑われていました。物取りの犯行に見せかけるために奪った、ジミーの財布と時計と銃を保管してくれと、ジョイスはシンシアに頼みます。
持ち帰ったシンシアは、こっそり隠しました。
やがてジョイスは警察に呼ばれ、執拗に事情聴取を受けて手首を切ります。
会いに来たシンシアに、ジョイスは「誰かがべらべらしゃべっている」と言いました。
ジョイスはクッキーを疑っており、「こん棒で彼女を殺せ」とシンシアに言います。
車が警察に押収されそうだと聞いたシンシアは、仕事で使ったバンの記録を捏造します。

…ウッズ刑事が、そのことは夫のアーサーに話したのかとシンシアに聞きます。シンシアは、夫には言っていないと答えました。ただし、ジョイスの件で夫と気まずくなったことは認めます…。

ジミーの家族がジョイスを脅し始め、怖くなったジョイスは銃だけを返してくれと、シンシアの家に来て頼みました。そこへ夫・アーサーが帰宅します。

【結】- 愛を殺さないでのあらすじ4

アーサーの口ぶりから、殺人のことを知っているとジョイスが気付きました。やむなく、シンシアはしゃべったことを認めます。
ジョイスは怒って立ち去り、夫のアーサーも怒っていました。アーサーは離婚を切り出し「そんなにジョイスが好きならジョイスと結婚しろ」と言います。
ジョイスを避けようとしたシンシアは、子どもを連れて母と姉の家に行きました。そこで、酒を飲んで数時間、ソファでうたたね眠ります。
夜の11時半に起きて家に帰ったシンシアは、家の前にパトカーが止まっているのに驚きました。夫のアーサーが殺されたのです。

…ウッズ刑事は「ジョイスがアーサーを殺すとは思ってなかったのか? 君はその時、酒を飲んで寝たのか。なぜ手を打たなかった」とシンシアに詰め寄ります。
「今思えば、誰かに言うべきだった」とシンシアは答えますが、ウッズ刑事はきついことばをかけました。「君は亭主を殺したいと思っていたのではないか。離婚されると子どもを奪われると思ったから」と言います。
「子どもを持つ母親が、なぜそこまでして危険な親友をかばうのだ」と聞かれ、シンシアは「嘘をついてるとでも?」と怒ります。
ウッズ刑事は「つらいところだ。ジョイスを逮捕すると、彼女の子が泣く」と言いました。
この日の取り調べは終わり、シンシアは解放されます。
ウッズ刑事たちは、続けて勾留しているジョイスを引き立てると、取り調べ室へ行きました。その姿をシンシアは見送ります。
署を出て車に乗り込んだシンシアは、あの日のことを思い出します…。

カーニバルの日。
クスリでよろよろになったジミーを引き立てて、車のバンに入れたのは、ジョイスではなくシンシアでした。
シンシアはその時、ジミーにレイプされそうになります。
それを察したシンシアは、無我夢中で抵抗しました。伸ばした手に当たったカッターナイフを手に取り、首に切りつけます。
その後、シンシアはルーレットで勝っているジョイスを呼びました。
(シンシアとジョイスの立場は全く逆だった)
ジョイスは「病院へ連れていけば助かる」と言いましたが、シンシアが乱暴されそうになったと聞き、行先を病院から沼地へ変更したのです。
「彼が生き残ったら、私たちが殺される」とジョイスは言いました。

…そのことを思い出したシンシアは、やはり親友のジョイスにだけ罪を着せるのはよくないと思い、毅然とした態度で再び警察署へ向かいます。
(ジミーを殺したのはシンシア。
夫のアーサー殺しについては触れられないが、アーサー殺しはおそらくジョイス。
こうして女2人でかばい合ったのではないか)

(エンドロール)シンシアとジョイスの幼い頃の映像。

みんなの感想

ライターの感想

警察の聴取に対して受け答えをしながら、シンシアが事件当時のことを回想する、という形式の映画。
しかし…この形式が成功しているわけではない。
取調室に戻る頻度が高いので、そのたびに物語が中断された感じになってしまう。
しかも内容的にもそんなにハラハラする感じでもないし。殺人隠蔽も「表面だけなぞった感じ」だし。
刑事から事情を聞かれて当時を振り返る形式だと、どうしても見ているこちらとしては「ラストにどんでん返しが待ちかまえているのでは」と思ってしまう。
その期待以上のものがないのは、残念。

映画の感想を投稿する

映画「愛を殺さないで」の商品はこちら