「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」のネタバレあらすじ結末

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点の紹介:2013年公開の日本映画。東直己の推理小説シリーズ『ススキノ探偵シリーズ』を原作とした映画化第2弾で、また第3作の制作も予定されている。

予告動画

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点の主な出演者

<俺>〔探偵〕(大泉洋)、高田(松田龍平)、河島弓子(尾野真千子)、マサコちゃん〔常田鉄之輔〕(ゴリ ガレッジセール)、フローラ(篠井英介)、松尾(田口トモロヲ)、桐原 - 片桐竜次 相田(松重豊)、橡脇孝一郎(渡部篤郎)

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点のネタバレあらすじ

【起】- 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点のあらすじ1

札幌・ススキノにいる「俺」は探偵で、空手の達人で北大農学部助手・高田と組んで活動しています。探偵の行きつけのオカマバーで手品を披露する、仲良しのオカマ・マサコちゃんが殺されました。マサコはマジックコンテストの全国大会に出場し、注目され始めたばかりでした。警察がすぐに犯人を捕まえてくれるだろうという読みは外れ、いつまでたっても犯人は逮捕されません。探偵はマサコ殺害の犯人を探そうとしますが、仲間たちは皆乗り気ではありません。というのも、マサコは政界の闇に触れたから殺されたという噂が流れていたからでした。脱原発を提言するカリスマ政治家・橡脇とマサコは、かつては恋愛関係(同性愛)にあったというのです。

【承】- 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点のあらすじ2

このスキャンダルが世間に表ざたになると、橡脇の人気に陰りがさすため、マジックコンテストの全国大会に出場し脚光を浴び始めたマサコが邪魔になって消されたのではないかと目されました。そんな折、探偵のところに人気ヴァイオリニスト・弓子が現れます。マサコは弓子の大ファンで、CDは全部揃えてファンレターを送るほどの熱の入れようでした。弓子は自分の大事なファンであったマサコちゃんのためにも、犯人を探してほしいと探偵に依頼します。依頼を受けて探偵は動き始めました。ところが行く先々で、マスクをかぶった集団に襲われます。

【転】- 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点のあらすじ3

この集団、そう強くはないので探偵と相棒・高田にいとも簡単にのされてしまいますが、とにかく大勢でたびたび遅いかかってきますので、探偵たちは辟易しました。しかも依頼人である弓子まで、捜査をしようとしゃしゃり出てきます。その熱意は、およそ「一ファンのため」とは思えないくらいでした。捜査をしていくうち、マスクをかぶった集団は橡脇を支持する一般市民であることが分かります。探偵が橡脇の秘密を暴くと、北海道の原発問題が暗礁に乗り上げてしまうことを危惧した一派は、地元を救うため精力的に活動する橡脇を支えたかったのです。また、弓子の秘密も判明しました。

【結】- 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点のあらすじ4

マサコは弓子の兄(オカマなので姉!?)だったのです。マサコはヴァイオリニストとして活躍する弓子の邪魔にならぬよう、オカマになったことを隠してファンを装って、弓子にファンレターを送っていたのです。弓子はファンレターの主が兄(姉?)と知りつつ気づいていない振りをして接していました。探偵の調査の結果、マサコを殺した犯人は客引きの「ガクセイ」だと分かります。酒浸りで家族に暴力をふるう「ガクセイ」は、オカマでありながら手品大会で優勝し成功したマサコちゃんを逆恨みし、今回の犯行に至ったのでした。それを知らず橡脇を犯人だと信じて包丁片手に向かった弓子を、探偵は体を張って止めました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」の商品はこちら

探偵はBARにいる 2 ススキノ大交差点 [レンタル落ち]