「日本で一番悪い奴ら」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

日本で一番悪い奴らの紹介:元北海道警察刑事が著した「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」に基づき、実際に起きた日本警察史上最大の不祥事を描いた2016年製作の社会派映画。主人公の悪徳刑事を演じた綾野剛は役作りのために10キロの体重増減に臨んだ。

予告動画

日本で一番悪い奴らの主な出演者

諸星要一(綾野剛)、黒岩勝典(中村獅童)、山辺太郎(YOUNG DAIS)、アクラム・ラシード(植野行雄)、 田里由貴(矢吹春奈)、岸谷利雄(みのすけ)

日本で一番悪い奴らのネタバレあらすじ

【起】- 日本で一番悪い奴らのあらすじ1

大学の柔道部監督の推薦により、後に悪徳刑事となる青年が北海道警察に採用されました。青年の名前は諸星要一。正義感を持ち誰よりも懸命に刑事の仕事に励みますが、なかなか結果に結びつかず、諸星は無能のレッテルを貼られていました。

そんなある日、先輩刑事の村井が諸星を大歓楽街・すすきのに連れ出し、ある助言を授けます。「刑事は点数」、「そのためには裏社会に飛び込め」…その言葉の通り、諸星は刑事としての点数を稼ぐべく、裏社会のありとあらゆる人々に自分の名刺を渡し、犯罪の情報を集めることに徹します。それが功を奏し、諸星は麻薬と拳銃を所持する暴力団員を逮捕することに成功。この逮捕をきっかけに、諸星は裏社会のパイプを通じて検挙数を順調に上げていきます。

そして、村井の仲介で知り合ったホステスの由貴とは恋仲に発展。激しいセックスを交わしながら、「日本で一番の刑事になるんで!」と諸星は由貴に誓いを立てるのでした。

【承】- 日本で一番悪い奴らのあらすじ2

村井の言葉通り裏社会に飛び込むことに成功した諸星は、3人のスパイを得ていました。暴力団幹部の黒岩、麻薬運び屋の太郎、パキスタン人盗難車バイヤーのラシードです。スパイたちの協力により、諸星はでっちあげややらせ捜査にも手を染めていきます。

署内での評価を高めた諸星は、銃犯罪担当部署に異動することに。異動先で諸星の悪徳捜査はエスカレートします。当時は警察庁からの強い要請により銃犯罪撲滅が全国の警察に重くのし掛かっていた時代。銃器検挙率を上げたい上司の意向により、諸星はロシア、内地の暴力団から違法に銃を手配することに。しかし、ロシアでの取引は不調に終わり、暴力団からの調達は警視庁に露見、結果的に警視庁の手柄となってしまいます。この失敗で諸星たちは銃器調達の資金難に陥ることになりますが、そこで黒岩が麻薬を精製、販売することを提案。瞬く間に大金を手にし、諸星は再び検挙率を上げます。

しかし好調は長く続かず、警視庁と連携した暴力団への潜入捜査では失態をさらしてしまいます。そして、さらなる悲劇が諸星を襲います。恋人の由貴が麻薬中毒になっていたのです。

【転】- 日本で一番悪い奴らのあらすじ3

麻薬を強く嫌悪する諸星は、自ら由貴を刑務所に送ります。恋人の不幸に呆然とする諸星に、黒岩が特ダネを仕入れてきました。それは、香港から函館に200丁の拳銃が密輸されるというもの。諸星は上層部と函館税関に泳がせ捜査を提案。拳銃が密輸される前に、香港からは関東の暴力団向けの麻薬が密輸される手はずになっていますが、諸星の提案はこちらを信用させるために麻薬密輸は見逃すというものでした。当初この違法捜査に渋っていた上層部と函館税関でしたが、麻薬の密輸量は少ないという諸星の説得に結局泳がせ捜査を決定します。

麻薬が密輸される当日、諸星は新人とともに港で張り込みを行っていました。刑事になった理由を「公共の安全のため」と答え、新人は違法捜査に拒否感を示していました。その言葉に諸星はかつての自分を一瞬思い出すも、泳がせ捜査を続行。事前情報とは異なり大量の麻薬を確認します。諸星は麻薬の暴力団への運搬を黒岩に託しますが、黒岩は麻薬を持ち逃げしてしまいます。この結果、諸星は関東の暴力団に手ひどく痛めつけられ、泳がせ捜査の継続も不可能になってしまいます。

【結】- 日本で一番悪い奴らのあらすじ4

残る二人のスパイ、太郎とラシードは諸星の名誉挽回のために拳銃探しに奔走しますが、現状に絶望した諸星は麻薬に手を出してしまいます。太郎たちの努力もむなしく、諸星は夕張警察署に左遷、チームは解散することに。

諸星は夕張でさえない警官となり果て、麻薬漬けとなっていました。そこに、銃犯罪担当時代の同僚の岸谷が現れます。太郎に泳がせ捜査の件を告発すると脅され、諸星の助けが欲しいというのです。脅しをやめるよう諸星は太郎を説得しますが、生活に困窮していた太郎は拒否、二人は喧嘩別れしてしまいます。太郎は諸星たちと麻薬販売をしていた頃に結婚していましたが、すでに離婚、子どもと離れ離れになっていました。太郎は岸谷への脅しで大金を得て再起を図ろうとしていました。そんな中、子どもの元へ赴き再会に心躍らせる太郎でしたが、妻の手により引き離されてしまいます。自暴自棄になった太郎は、麻薬を携えて警察に出頭し、これまでの違法捜査を証言しました。その直後、岸谷は自殺し、太郎も拘置所内で命を絶ってしまいます。

太郎の証言で逮捕された諸星はかつての仲間たちが自殺したとは知らないまま、弁護士と面会。一連の違法捜査はあくまでも自分一人の犯行と繰り返し、道警をかばい続けていました。しかし、二人の死を知ると諸星は態度を急変、道警の組織犯罪を認める証言をするも、有罪となったのは諸星ただ一人でした。判決文は一言も組織犯罪について触れることはありませんでした。

関連する映画

サスペンス映画

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「日本で一番悪い奴ら」の商品はこちら