「殺人の追憶」のネタバレあらすじ結末

殺人の追憶の紹介:韓国で実際に起きた未解決事件”華城連続殺人事件”をベースにした戯曲「私に会いにきてよ」の映画化作品で、2003年に公開された韓国のサスペンス映画です。韓国の農村地帯を舞台に、叩き上げの田舎刑事と都会育ちの若手刑事が反撥しながらも懸命に事件を追う人間ドラマとしても見ごたえのある作品です。監督・脚本は「グエムル -漢江の怪物-」「スノーピアサー」のポン・ジュノ。

この映画を無料で観る

予告動画

殺人の追憶の主な出演者

パク刑事(ソン・ガンホ)、ソ刑事(キム・サンギョン)、チョ刑事(キム・レハ)、シン課長(ソン・ジェホ)、前任のク課長(ピョン・ヒボン)、女性刑事ギオク(コ・ソヒ)、クァンホ(パク・ノシク)、パクの恋人ソリョン(チョン・ミソン)、変態ビョンスン(リュ・テホ)、ヒョンギュ(パク・ヘイル)など。

殺人の追憶のネタバレあらすじ

【起】- 殺人の追憶のあらすじ1

1986年10月、韓国の農村地帯華城。広大な稲田の側溝で若い女性ポヒの遺体が発見され、地元警察のク課長とパク刑事とチョ刑事が捜査に当たります。地元育ちで勘が頼りの無骨なパク刑事と直情型のチョ刑事はめぼしい男を訊問しますが捜査は進まず、2か月後、線路脇の稲田でヒャンスクの遺体が発見されます。どちらも赤い服の若い女性で、被害者の下着で拘束し強姦、絞殺する手口から同一犯とされ、パク刑事は恋人ソリョンの情報から焼肉屋の知的障害の息子クァンホを拘留します。
そこへソウル市警の若手で理論派のソ刑事が赴任してきますが、クァンホを犯人と決めつけたパク刑事とチョ刑事は証拠をねつ造、暴行して自白を強要しますが、同時期警察の拷問による自白強要が問題化、ク課長は解任、新任のシン課長は、手が不自由なクァンホに犯行は不可能というソ刑事の主張を支持、彼は釈放されます。 この映画を無料で観る

【承】- 殺人の追憶のあらすじ2

また彼は、殺害日が雨と指摘、行方不明のヒョンスン殺害を示唆し遺体が発見されます。厳戒態勢が敷かれ、女性刑事ギオクのおとり捜査などが続く中、女子中学生ナムジュから”便所の男”と”泣く女”の噂を聞きます。
一方、村のセメント工場には様々な人々が転入。ある雨の晩、作業員の妻ミンジャが工場脇の葦原で殺害され森に遺棄される事件が発生。けれど犯人の体毛すら見つからず、パク刑事は無毛症の男を探し霊能者に頼ります。またギオクの証言で犯行日のラジオ番組に必ず”憂鬱な手紙”をリクエストする”テリョン村の寂しい男”が浮上、けれど葉書は見つかりません。
遺棄現場の森で3人は、自慰に耽る男を目撃、中年男ビョンスンを捕えます。再び暴力に訴えるパク刑事とチョ刑事でしたが、彼の証言に例の噂が出たためソ刑事は中学校のナムジュを訪ね”泣く女”が校舎裏の農家の女性で、同様の手口で強姦されたものの殺害を逃れ、犯人の手が柔らかかったと知ります。

【転】- 殺人の追憶のあらすじ3

署に戻った彼はビョンスンの手を見て容疑を否定、パク刑事と乱闘になります。が、おりしも外は雨、ラジオから”憂鬱な手紙”が流れ、対応にあわてる刑事らをよそに、アン・ミンソが殺害され、陰部から桃の切れ端が見つかります。刑事らがその異常さに震撼し猛省する中、リクエスト葉書が見つかります。
差出人はテリョン村に住む工場事務の優男ヒョンギュで、彼が勤め始めた翌月から事件が始まっています。尋問され葉書は認めたものの事件との関係は否認、ソ刑事が詳細に状況を語り追い詰めますが、もう一息のところでチェ刑事が暴力を振るい失敗、シン課長は激昂、ソ刑事までもが半殺しにして吐かせると言い出します。が、2人で話すうち、クァンホが目撃者だと気づき確保に向かいますが、焼肉屋で泥酔したチョ刑事が暴れ、クァンホがクギ板で負傷させ逃げ出します。クァンホは目撃の事実を話しましたが、列車に撥ねられ亡くなります。一方、遺留品から精液が発見され、FBIに鑑定依頼をします。

【結】- 殺人の追憶のあらすじ4

その後チョ刑事は傷が悪化し片足切断、パク刑事はソリョンから刑事を辞めたら?と言われます。一方、ヒョンギュの監視に就いたソ刑事のわずかな隙にヒョンギュが逃亡、被害者は中学生ナムジュで、無惨な遺体から弁当のスプーンが発見されます。
激昂しヒョンギュを追ったソ刑事は、彼を激しく殴り拳銃を向け自白を迫ります。止めたのはFBIの回答を持ったパク刑事でしたがDNAは不一致。愕然とするソ刑事。ヒョンギュを見つめるパク刑事は、俺はもうわからない、飯は食ってるのか?と言い解放します。

2003年。スーツ姿のパク元刑事は妻ソリョンと2人の子と朝食をとり営業へ。ふと立ち寄ったのは第一現場の側溝。彼に少女が声を掛けます。この前も同じことをした男がいて「自分がしたことを思い出して来たみた」と言い、普通の顔だったと語ります。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「殺人の追憶」の商品はこちら