「海と毒薬」のネタバレあらすじ結末

海と毒薬の紹介:1986年公開の日本映画。遠藤周作の同名小説を映画化。太平洋戦争末期に実際にあった、米軍捕虜への臨床実験(生体実験)「九州大学生体解剖事件」における若き医師の葛藤を描いた作品。その作品の内容が原因で出資者探しが難航し、映画化したのは17年後。舞台は架空の大学の医療機関「九州のF帝大」と設定、モノクロで撮られている。

この映画を無料で観る

予告動画

海と毒薬の主な出演者

勝呂(奥田瑛二)、戸田(渡辺謙)、橋本教授(田村高廣)、大場看護婦長(岸田今日子)、上田看護婦(根岸季衣)、柴田助教授(成田三樹夫)、浅井助手(西田健)、ハットリ調査官(岡田眞澄)、権藤教授(神山繁)、田中軍医(草野裕)、村井大尉(辻萬長)、宮坂中尉(津嘉山正種)、おばはん(千石規子)、田部夫人(黒木優美)、田部の母(戸川暁子)、田部の姉(大石真理子)、ヒルダ〔橋本夫人〕(ワタナベ・マリア)、米軍捕虜(ギャリー・イーグル)、ナレーター(平光淳之助)

海と毒薬のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①太平洋戦争末期、F帝大医学部に米軍捕虜8名の人体実験の話が持ち込まれる。当時の政府軍の命令は絶対で、拒否できなかった。医学部の研究生・勝呂(すぐろ)は同僚の戸田の言葉「病院で死なない奴は空襲で死ぬ」や、目の前で次々に死ぬ患者を見て死に無感覚になっていく。 ②人体実験がおこなわれた。勝呂はおじけづいて何もすることなくオペ室で棒立ち、他のメンバーで右肺全摘、左肺上葉切除の後、心停止後のマッサージによる蘇生措置も実験された。

【起】- 海と毒薬のあらすじ1

第二次世界大戦後、留置所に入れられた勝呂(すぐろ)医師を取り調べるハットリ調査官は、事件があった当時のことを詳しく話せと要求します。
勝呂は促されて、少しずつ当時のことを話します…。
…昭和20年5月、日本は敗戦の色が濃く漂っていました。
勝呂は九州のF帝大の医学部第1外科研究生として病室に詰めながら、短期現役(陸軍懲兵制度の特例。現役期間を2年に限り懲兵する制度のこと。本来は医者は貴重なので前線に立つことはなかったのだが、敗戦間際は医者の数も足らず、期間限定で徴兵された)を待つ身でした。
その頃になると九州のF市には、毎夜のように空襲が繰り返されています。病院には物資も薬品も少なく、できることは限られていました。
F帝大医学部には勝呂と戸田という対照的な研究生がいました。勝呂は医療に対して真摯で、できるだけ患者のために尽力しようという気持ちです。対照的に戸田は敗戦の色が濃い大衆の多くの意見「病院で死なない奴は、空襲で死ぬ」という、諦観の入った気持ちでいました。
F帝大医学部では1か月前に大杉医学部長が亡くなり、「医学部長」の椅子の取り合いが始まります。
候補として挙がっているのは第1外科の橋本教授と、第2外科の権藤教授でした。
権藤教授はもし自分が医学部長になったら、傷痍軍人(戦傷を負った軍人)を病院に連れてきて手厚く治療をすると政府軍に言い、点数を稼いでいます。
橋本教授は焦りました。医学部長になれるような大きな功績を上げたいと考えます。
勝呂と戸田も所属する橋本教授の第1外科では、肺結核の治療が本分でした。当時は結核で死ぬ者が大勢いました(結核が治る病気になったのは昭和30年代以降で、それまではかかると致死率が高かった)。
肺結核の重度の患者・おばはんは「手術ばすると、うちは助かりますじゃろか」と手術を頼んでおり、柴田助教授が執刀する予定でした。
おばはんは手術しても両肺摘出で95%の確率で殺してしまい、オペをしなくても半年以内に衰弱死すると決まっています。
どうせ死ぬのなら、後学のためにいわば人体実験もかねて…というもくろみで手術が決まっていたのですが、医学部長の椅子取り合戦で、おばはんの手術は取りやめになります。「オペして死者を出す」とまずいからです。
柴田助教授は「心臓が弱っているので、オペを中止したい」と言いました。
そして代わりにまだ病気が進んでおらず、手術すれば確実に治りそうな患者・田部夫人を手術に選びました。田部夫人は有力人物の親戚で、手術で成功させるとその一族に恩も売れるし、第1外科の成績も上げられるというわけです。 この映画を無料で観る

【承】- 海と毒薬のあらすじ2

おばはんは見捨てられ、田部夫人の手術が決定しました。
研究生になって初めて間近に接した患者がおばはんだったこともあり、勝呂(すぐろ)はおばはんにひとかたならぬ情を抱いていました。
手術が中止になったと聞いて嘆くおばはんを、勝呂は慰めます。
田部夫人の手術は、念入りな予備検査の後に行なわれました。成績稼ぎのため、橋本教授自らが執刀します。
ところが成功率が高い筈の手術が、失敗してしまいます。オペの序盤は順調だったのですが、途中で大量出血を起こしてしまいました。ガーゼで拭い、輸血もおこないますが、患者・田部夫人は亡くなります。
橋本教授は考えました。オペは成功した振りをして、明朝6時に容体が急変して死んだということにしようと言います。手術中の死亡ではなく手術後の死亡にするということで、隠蔽工作です。
既に死んでいる田部夫人の家族には「手術は無事に終わった」と説明し、しかしまだ容体は楽観視できないので明後日まで面会は禁止だと言い渡しました。
胸中複雑な勝呂に対し、戸田は「コメディやった」と関西弁で語ります。オペ中に死んだら先生のせいで、オペ後は先生のせいにはならず、選挙でも言い訳が立つというわけです。
病院の汚い部分を見ながら、勝呂は「これが医者というものか、これが医学というものか」と悩みました。しかし勝呂自身も続く戦争で疲れており、考えても答えが出そうにないことを考えるのが嫌になります。
勝呂は徐々に、考えることをやめました。言われたまま、病院での業務をこなすことだけに専念します。
その頃、アメリカ軍が沖縄全土を支配したというニュースが入ってきました。勝呂はおばはんのために、薬用ブドウ糖(角砂糖に似ていて甘い)のかけらを削って差し入れします。
その日の夜、空襲で避難するためにおばはんを迎えに行った勝呂は、おばはんがブドウ糖を握ったまま息絶えているのを見て、やりきれない思いを抱きます。おばはんの死に顔は安らかでした。
おばはんの遺体は、翌日、棺に入れられてリヤカーで運ばれていきます。どんどん死んでいく人の中で、死なせまいとした唯一の人物・おばはんが亡くなったことで、勝呂はもうどうでもいい気分になりました。
橋本教授の医学部長推薦の道はなくなり、敗北は決定的になります。
そんな頃、橋本教授が呼ばれてある極秘の計画を耳打ちされました。橋本教授はそれを受けると、柴田助教授、浅井助手、勝呂と戸田を呼びます。
第2外科では既にその計画に参加が決まっており、第1外科も参加します。その内容とは、アメリカ人の捕虜8名を生体解剖するというものでした。

【転】- 海と毒薬のあらすじ3

アメリカのB-29戦闘機が撃墜され、生き残った9名のうち取り調べに必要な機長1名を除く8名は、現地で処分(実質的には処刑)しろという知らせが東京の司令部から入ります。
本来は銃殺刑なのですが、どうせ殺すのなら医学の情報収集措置として有用に利用しろという思惑もありました。「エーテル(麻酔)かけるから安らかに眠れていい」と、上部は圧力をかけました。
当時、政府軍の命令は絶対でした。
それでも健康な人間にメスを入れて人体実験するなどということが許されるのかと、勝呂(すぐろ)は苦悩します。抵抗も感じます。ただ、それ以上考えることに疲れていました。
戸田はというと、自分の出世と上司の顔色を窺うのが上手で、「みんな死ぬ世の中だから」と死に慣れ過ぎており、全く抵抗はありません。むしろ悩む勝呂に発破をかけます。
悩んでも仕方のないことでした。勝呂も戸田も手術に参加させられます。
ただ極秘裏に行なわないとならない手術ですので、メンバーも限られます。看護婦として白羽の矢が立ったのは、橋本教授に献身的に尽くす大場看護婦長と、上田看護婦でした。
実は上田看護婦は田部夫人の手術の失敗を知ってしまい、口止めも兼ねて浅井助手と肉体関係を持った女性でした。上田看護婦は夫に満州で捨てられ、その時に妊娠していた子は腹の中で死に、子宮も摘出しています。
その後都合が悪いからと休職扱いにされていた上田看護婦でしたが、今回の計画のために呼ばれました。半ば自暴自棄になっている上田看護婦は引き受けます。
上田看護婦が引き受けたのは浅井助手のためではなく、ヒルダこと橋本夫人への対抗心からでした。
ある時上田看護婦は指示されて、苦しむ患者を安楽死させようとして、ヒルダに咎められたことがあったのです。「死ぬことがきまっても、殺す権利はだれもありませんよ。神さまがこわくないのですか。あなたは神さまの罰を信じないのですか」と言われた上田看護婦は、ヒルダの言い分が正論だと分かっていながらも、割り切れない思いを抱いていたのです。
「橋本教授は人体実験のことを妻に話したのだろうか、白人の肌は切りにくいだろうか」などと考えながら、上田看護婦は引き受けました。
手術は前日に知らされました。初日は第1外科が行ないます。
当日の午後2時半過ぎ、軍部の人たちは軽い感じで写真を撮ろうかと言ったり、その後に開かれる宴会の話題で盛り上がっていました。捕虜には「大分の病院へ連れる前の体格検査」という名目にしてあります。
カリフォルニア出身の米軍捕虜が入ってきた折に、心臓も調べるので横になってと指示し、不穏な空気を察して暴れ出した米軍捕虜に、4人がかりで無理やり酸素マスクを鼻と口にかぶせます。

【結】- 海と毒薬のあらすじ4

勝呂(すぐろ)はここへきておじけづきました。「断るならもっと前にチャンスがあった筈。ここまできたらもう半分通り過ぎてる」と戸田が言いますが、以後も手術の間、勝呂はオペ室で突っ立ったきりで、何も手伝いません。
第1外科の生体解剖の主たる目的は「肺の切除がどの程度まで可能なのか」「心肺停止後の蘇生措置は可能か」でした。右肺を全摘した後、左肺の上葉部を切除することと、心臓を停止した後、マッサージで生き返るかという内容です。
手術は午後3時8分から開始されました。軍部が写真撮影を開始します。
右肺を摘出した後、少しだけ捕虜がうめきます。コカインを使うか否かで論議がなされますが「使わなくていい。こいつは患者じゃない」という橋本教授の決断で、見送られました。
左肺の上葉の摘出も済みますが、捕虜は生きていました。続いて、心臓を停止させた後に蘇生措置をおこなう実験が始まります。
心臓へのびる血管をつまみ、血流をとめて心停止の状態に追いやりました。その後、心臓を直接マッサージする方法で蘇生措置をおこないます。
結果、蘇生は成功し、自発呼吸も戻りました。捕虜のうめき声が聞こえ、おぞましさに勝呂は頭を抱えます。
再び左肺の切除が始まりました。今までの医学では、左肺を半分以上摘出すれば即死と言われています。
その通りで、半分まで切ったところで捕虜の瞳孔反応がなくなりました。午後4時28分、手術を開始して1時間20分で捕虜は死亡しました。
手術室を真っ先に出た勝呂は廊下を走り、やがてよたよたと部屋に戻って空を見ます。
会議室では軍部が盛り上がっていました。この後に宴会をするのですが、田中軍医は橋本教授に「捕虜の肝臓をくれ」と頼みます。要望通り肝臓は切除され、戸田が軍部に持っていきました。
(注:肝臓の行方は劇中では明らかにされていない。原作では「アルコール漬けにして記念にとっておく」というセリフでのみ語られ、戦後の風評では「軍部が宴会で食べた」とセンセーショナルに書きたてられたが、のちに冤罪だと判明している)
戸田は勝呂に「捕虜の命のおかげで、何千人もの命を救える」と言いますが、勝呂は「いつか罰を受ける」と返します。
「罰って、世間の罰か」と戸田は聞きますが、勝呂が考えていたのはもっと別なこと(人間が他者の命を勝手に左右していいのか)でした。勝呂と戸田では、考えの根本から違っていました。
翌日は第2外科が執刀し、8人の捕虜は全員生体解剖に処されました。
した。
〝極東国際軍事裁判において、生体解剖関係者25名は絞首刑5名を含む有罪判決を受けた。しかしその後彼らは朝鮮戦争をはじめとする、国際情勢の急激な変化にともない、全て釈放された。〟

みんなの感想

ライターの感想

この作品は心して見ないとならない。映画紹介でも触れたが、その内容ゆえに映像化まで17年の歳月を必要としたからだ。
原作内容については「史実をもとにしたフィクション」だが、ほぼ史実。特にF帝大医学部(九州大学なんですけどね)の人体実験の話は本当。
これについては戦後に聴取や裁判なども行なわれているので、もし興味があれば調べてみるといいかもしれない。
遠藤周作の『海と毒薬』は戦後に気胸で医院に通う「私」が、勝呂医師の過去を知った…という展開になっているが、映画ではダイレクトに勝呂と戸田の話に絞られている。
内容はほぼ原作どおり。戸田が関西弁に変化してるくらいか。
手術のシーンは、心臓なんかも見せる…ので、耐性のある人じゃないと駄目かも。
バブル絶頂期に作られていながら、モノクロにしているのもうなずけると思う。これがカラーだったら耐えられないかも…というくらい見せてる。
しかも。モノクロだけど「劇中の手術シーンで流れる血は本物(スタッフの献血でまかなわれた)」
「蘇生措置で出てくる心臓も本物(保健所で保護された犬の心臓を使ったことで、後に映画自体がまた論議を呼んだ)」なのだ。
カテゴリーをサスペンスに入れたが、「ひー」と声を上げたいくらいリアリティがあって、グロい。しかし映画の本質はそこではない。
死とは何か、人体実験の是非、安楽死の是非、そういったことを広く世に問うもの。だから監督自身、問題を提示するだけで答えを出してはいない。

映画の感想を投稿する

映画「海と毒薬」の商品はこちら