「激突!2015」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

激突!2015の紹介:当時25歳のスティーブン・スピルバーグ監督が1971年に製作した「激突!」。本作はその影響が強く感じられる2015年のサスペンス映画で、謎のレッカー車が旅行中の女性たちが運転する車に執拗に襲い掛かる。

激突!2015の主な出演者

エミリー(アンナ・ハッチソン)、レズリー(アンドレア・ウィットバーン)

激突!2015のネタバレあらすじ

【起】- 激突!2015のあらすじ1

人気のない荒れ地の道で、ある夫婦が車のエンストで立ち往生していました。目の前の道には「悪魔の道」という標識がかかっており、夫はその道に強い興味を引かれました。
舞台は変わって、二人の美女が遠方の友人の家に向かうために車を走らせていました。助手席に座るレズリーは酒を飲み煙草を吸い、すでにハイテンションな様子。ハンドルを握るエミリーは、つい最近彼氏に浮気されたばかりでした。そんなエミリーを元気づけるためにレズリーが旅を企画したのです。
道は次第に車通りの少ない荒れ地となり、電波が通じなくなります。そこに見えてきたのは「悪魔の道」の標識。冒険心から「悪魔の道」を選択した二人でしたが、やがて前方に低速で走るレッカー車が見えてきました。レッカー車は物語冒頭に登場した夫婦の車を牽引していました。レッカー車の排気ガスに耐えかねたエミリーは早々とレッカー車を抜き去り、その先のスタンドで給油することに。まもなくあのレッカー車もスタンドに到着。二人はレッカー車より早くスタンドを出発し、快調に飛ばしていましたが、突然レッカー車が現れ、二人の車を抜き去っていきました。 この映画を無料で観る

【承】- 激突!2015のあらすじ2

二人の車を抜き去ったかと思うと、レッカー車はまたも低速走行。レッカー車の運転手は窓から腕を出し、「抜け」の合図を送ります。二人は困惑していましたが、その合図通りレッカー車を抜こうとします。ところが実際には対抗車が迫っており、抜き去ろうとした二人はあわや事故という場面に。二人はレッカー車を抜き去ることに成功しますが、その後もレッカー車により追い抜かれてしまいます。これに怒ったエミリーは無理な運転を行い、危うく子供を牽きかける場面もありました。レッカー車の異常な運転に、二人は恐怖心を抱き始めていました。
レッカー車をやり過ごし、二人はドライブインで休憩を取ることに。しかし、二人はまたも駐車場にあのレッカー車の姿を見つけます。二人は運転手を突き止めようとしますが、それは叶わずレッカー車はドライブインを出発してしまいます。
そして、車道でまたしてもレッカー車と再会するはめに。レッカー車は追い越すのではなく、その車体を激突させようとしてきたのです。必死に逃げる二人ですが、車のタイヤが破損するという事態になり、二人は車を降りて走って逃げることを選択。ところが、レッカー車はそのまま走り去ってしまったのです。

【転】- 激突!2015のあらすじ3

二人が車のタイヤ交換を行っていると、再びレッカー車が現れます。二人は車道脇の野原の中を走って逃げますが、エミリーは転倒し気を失ってしまいます。目を覚ますとレズリーの姿はなく、車道にはレッカー車が停車していました。レッカー車の運転手がレズリーを誘拐したと確信したエミリーは、再度レッカー車との高速運転による追走劇を演じます。
その最中、一台のパトカーが現れ、レッカー車はいつの間にか姿を消していました。エミリーは警察官に助けを求めようとしますが、その警察官は突然現れたレッカー車によって牽き殺されてしまいます。この悲劇を知らせようにもパトカーの無線は繋がらず、エミリーは運転を継続せざるをえなくなりました。
レッカー車はその後しばらく現れなかったものの、緊張状態が続いていたエミリーはやっとスタンドと公衆電話を発見し、安堵の表情を浮かべます。給油している間に警察に電話をしていると、そこにあのレッカー車が現れ、公衆電話目掛けて激突。間一髪危険を逃れたエミリーは急いで乗車、再びレッカー車との追いかけっこが始まりました。 この映画を無料で観る

【結】- 激突!2015のあらすじ4

エミリーはレッカー車からなんとか逃れることに成功しますが、車は限界に達していました。エミリーがその状況に絶望していると、レッカー車が目の前に迫っていました。覚悟を決めたエミリーはレッカー車と対峙、両車は全速力で激突し合おうとします。しかし、エミリーは激突する直前、脇道にそれて激突を回避します。反対にレッカー車は野原の中に突っ込み、崖から落下する寸前にまで追い詰められます。
エミリーがレズリーの所在を運転手に問い詰める中、レズリーの携帯の着信音がその場に鳴り響きます。音はエミリーの車のトランクから聞こえてきました。恐る恐るトランクを開けると、そこには目を覆いたくなるような姿になったレズリーがいました。エミリーがレズリーに謝罪を繰り返す一方で、レッカー車はなんとか動こうと四苦八苦していました。それを見たエミリーは車を全速力でぶつけ、レッカー車を突き落とすことに成功します。落下し、大破したレッカー車を確認したエミリーは、その場をすぐ立ち去っていきました。
しかし、その後あのレッカー車は修理工場で息を吹き返していました。悪夢はまだ終わっていなかったのです。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「激突!2015」の商品はこちら