「狼の挽歌」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

狼の挽歌の紹介:1970年製作のイタリアのサスペンスアクション映画で、マカロニウェスタンを代表する映画監督セルジオ・ソリーマがメガホンを取った。実生活で夫婦関係にあったチャールズ・ブロンソンとジル・アイアランドは劇中で愛憎うずまく複雑な恋人関係を熱演した。

この映画を無料で観る

狼の挽歌の主な出演者

ジェフ(チャールズ・ブロンソン)、ヴァネッサ(ジル・アイアランド)、ウェーバー(テリー・サヴァラス)、キレイン(ミシェル・コンスタンタン)、スティーヴ(ウンベルト・オルシーニ)

狼の挽歌のネタバレあらすじ

【起】- 狼の挽歌のあらすじ1

殺し屋のジェフは若く美しい恋人ヴァネッサとともにヴァージン諸島にバカンスに訪れていました。ところが、到着して間もなくジェフたちの車は不審な車に追いかけまわされることに。ジェフは猛スピードで車を走らせますが、謎の車は執拗に追いかけてきます。ジェフは途中でヴァネッサを下ろし単身カーチェイスに臨もうとしますが、その矢先に友人のクーガンがジェフの前に現れました。ジェフは友人の登場に安堵の表情を浮かべますが、その直後クーガンに撃たれてしまいます。重傷を負いながらもジェフは謎の車の男たちをすべて射殺、そしてそのまま気を失うのでした。

目を覚ましたジェフは友人で弁護士のスティーヴと面会しました。ジェフはあくまでも正当防衛と主張し、ヴァネッサは事件と無関係と繰り返すのでした。ジェフは留置所に戻り、クーガンのことを思い出していました。クーガンとは仕事で取引があり、先日クーガンの叔父を殺したばかりでした。そのとき、ジェフは普段なら気にもしない標的の目を見てしまっていました。留置所で一緒になった仕事仲間の男にその話を聞かせると、女と出会ったせいとジェフは男に指摘されてしまいます。しかし、ジェフはその言葉をかたくなに否定するのでした。 この映画を無料で観る

【承】- 狼の挽歌のあらすじ2

ヴァージン諸島での事件から二年、ジェフは刑期を終えニューオーリンズに戻っていました。ジェフは殺し屋から足を洗い、友人の情報屋のキレインにクーガンとヴァネッサの居所を調べるよう依頼します。ジェフは二人への復讐を果たそうと考えていました。事件当時、ジェフは撃たれた直後にクーガンがヴァネッサとともに車で逃亡していく姿を目撃していたのです。

ジェフはクーガンがカーレースの大会に出場するという情報を得て、早速会場のミシガン州へと向かいました。ジェフはレースを展望できる小高い丘の草むらに隠れながら、クーガンの車の狙撃準備を開始します。小型テレビでレース中継に注意しながら、慎重に的を狙うジェフ。そしてついにジェフはクーガンの車を射程に捕らえました。クーガンの車はジェフの銃弾を受け、制御を失い炎上。復讐すべき相手は元恋人のヴァネッサ一人となりました。キレインはヴァネッサのことを忘れ復讐をやめるよう諭してきましたが、ジェフはその言葉を決して受け入れようとはしませんでした。そして、ついにジェフはヴァネッサとの再会を果たすのでした。

【転】- 狼の挽歌のあらすじ3

自分はクーガンの女であり、クーガンがジェフを殺そうとするのは止めようもなかったと言い訳するヴァネッサに、ジェフは激しい暴力を加えます。しかし、ジェフは結局ヴァネッサと再び恋人関係を結ぶことを選択しました。そんなある日、ジェフの元に差出人不明の封筒が届きます。中には、クーガン狙撃に向かうジェフの姿を写した写真が入っていました。ジェフは再び狙撃現場の周辺を訪れ、現場証拠から撮影した犯人を割り出しました。犯人は、カーレースに向かう直前、ジェフに車を売った男でした。ジェフは男を痛めつけ黒幕を吐かせようとしますが、そこに犯罪組織ウェーバーファミリー配下の男たちが現れました。ジェフは男たちの求めに応じてウェーバーの屋敷に向かうのでした。

ウェーバーはジェフの仕事ぶりを高く評価しており、ファミリーに加わって欲しいと考えていました。もしファミリーに入るなら、写真とネガを引き渡すといいます。ウェーバーはジェフを説得するために自らが経営する病院やビルを見せて回りますが、ジェフはどうしても乗り気になりません。再び屋敷に戻ると、ジェフは屋敷にヴァネッサが住んでいることに気づきます。ヴァネッサはウェーバーの妻となっていたのです。ジェフはファミリーの弁護士であるスティーヴに事情を尋ねると、ジェフの受刑中にヴァネッサとウェーバーは結ばれたといいます。

二度目の裏切りを受けたジェフは、ヴァネッサの隠れ家へと向かいました。二人の思い出の品を焼き、ヴァネッサを犯し始めるジェフ。そして、その後ジェフはヴァネッサを連れ出し森に狩りに出かけました。ジェフは狩りの途中でヴァネッサを射殺しようと考えていましたが、ヴァネッサはそんなジェフの思惑に気づいていました。ヴァネッサは恐怖の表情を浮かべながら「苦しませないで」とジェフに懇願しました。一発で確実に仕留めて欲しい、それがヴァネッサの最後の望みでした。しかし、ジェフはヴァネッサを殺すことができず、二人は隠れ家へと戻っていくのでした。

【結】- 狼の挽歌のあらすじ4

ヴァネッサはウェーバーと結婚に至った経緯を語り始めました。ヴァージン諸島での事件の影響で、ヴァネッサは殺し屋の恋人としてゴシップに取り上げられそうになっていましたが、その窮地を救ったのがウェーバーでした。その代償として結婚したものの、ヴァネッサはウェーバーにまったく愛情を感じていないといいます。その話の最中、ジェフは窓から殺気を感じ取り、即座に暗殺者を殺害。犯人の正体はキレインでした。ジェフはことの黒幕がウェーバーと確信します。

ウェーバーはヴァネッサ暗殺に成功したと思い喜びに沸いていました。ウェーバーは組織を乗っ取ろうと画策するヴァネッサの動きを懸念し暗殺を命じていたのです。ところが、目の前にヴァネッサがジェフとともに現れると、その表情は一変。ウェーバーはジェフに銃で脅され、ヴァネッサにネガを燃やされてしまいます。ヴァネッサが先に部屋を出て行くと、ウェーバーはヴァネッサがクーガン狙撃の証拠写真もひそかに持ち去って行ったことを伝えてきました。ヴァネッサは危険な女と最後までウェーバーは忠告し続けましたが、最終的にジェフはウェーバーを射殺。しかし、ジェフの心の中ではヴァネッサへの不信感が生まれ始めていました。そして、その予感は的中します。ヴァネッサとの待ち合わせ場所に警察が駆けつけていたのです。ジェフはやむなく逃亡の旅に出ることになってしまいます。

それから日数が絶ち、ヴァネッサはスティーヴと行動をともにしていました。ヴァネッサから引き取った証拠写真を警察に通報したのはスティーヴで、一連の事件はファミリーを乗っ取るためにスティーヴが仕組んだものだったのです。有頂天になるスティーヴをヴァネッサは手厳しく批判します。ヴァネッサは勇猛果敢なジェフに今も愛情を感じており、自ら手を汚そうとしないスティーヴを嫌悪していました。

二人はウェーバーの後継者としてビルの重役会に出発しますが、エレベーターの中で何発もの銃弾がスティーヴを襲ってきました。狙撃したのはジェフでした。絶命するスティーヴを見て、ヴァネッサは死を覚悟し「苦しませないで」とジェフに語り掛けました。その言葉に呼応するかのように銃弾はヴァネッサの脳天に直撃、ヴァネッサは即死します。殺しを終えビルの屋上に座り込むジェフの元に、銃声の通報を受けた新米警察官が現れました。ジェフは自分を撃つよう警察官に命令しますが、警察官は怯え切っていました。しかし、ジェフが銃を向けようとすると、警察官は発砲。何発もの銃弾がジェフの体を貫いていきます。ジェフは空を仰ぎながら、その命を終えるのでした。

関連する映画

サスペンス映画

みんなの感想

ライターの感想

アクションシーンが非常に丁寧に描かれており、緊迫感と臨場感に満ちた映像に仕上がっています。また、主演二人の淡白な表情の中に見え隠れする感情表現にも注目です。特に、ヴァネッサを演じたジル・アイアランドはまさに冷たい美女という表現がぴったりのルックスですが、随所で見せる悲しげな表情からは葛藤に苦しむ感情が感じられ、作品に強い印象を与えています。

映画の感想を投稿する

映画「狼の挽歌」の商品はこちら