「相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソンの紹介:2008年公開の日本映画。警視庁特命係の個性派刑事コンビの活躍を描く人気ドラマ『相棒』の劇場版第1弾。特命係の名コンビが、首都を震撼させる未曾有の事件に挑む!

この映画を無料で観る

相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソンの主な出演者

杉下右京(水谷豊)、亀山薫(寺脇康文)、亀山美和子(鈴木砂羽)、宮部たまき(益戸育江)、伊丹憲一(川原和久)米沢守(六角精児)、大木長十郎(志水正義)、片山雛子(木村佳乃)、御厨紀實彦(平幹二朗)、守村やよい(本仮屋ユイカ)、塩谷和範(柏原崇)、木佐原芳信(西田敏行)

相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソンのネタバレあらすじ

【起】- 相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソンのあらすじ1

元キャスター・仲島孝臣の絞殺死体が電波塔に吊るされる事件が発生し、現場には「f6」という記号が残されました。
警視庁・特命係の杉下右京と亀山薫は、衆議院議員・片山雛子を警護する仕事を任せられます。雛子の亡き父は、外務大臣を務めた大物の議員でした。
雛子の警護中に小爆弾事件が発生し、右京はそこに「d4」の記号を見つけます。
記号がチェスの棋譜と見抜いた右京は連続殺人事件と断定し、それ以前に「e4」の記号が残る事件(来生憲昭・東京高裁判事)があると探し、正体不明のSNSサイト「人民法廷」に行きあたりました。
更に安永美容クリニックの経営者・安永が殺され、現場に「g5」の記号が残されます。 この映画を無料で観る

【承】- 相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソンのあらすじ2

次の手を解いた右京は犯人のメールに「Qh5♯(♯はチェックメイトの意)」と送り、犯人と60分制限の対局をしました。そのチェスの投了図は、東京ビッグシティマラソンのコースに酷似しています。
右京は次の犯行のターゲットが、3万人のランナーと15万人の観客にあるとみます。
4人(注:雛子は生きています)が狙われる前、20歳前後の女性が接触していました。この女性・守村やよいに辿り着いた右京と薫は、やよいが5年前のある事件に関わっていたことを知ります。
やよいの兄・木佐原渡はNPOのボランティアで南米エルドビア共和国の難民救済活動中にゲリラに拉致され、人質として日本政府は多額の身代金を要求されました。

【転】- 相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソンのあらすじ3

退去勧告を無視して留まった渡が悪いと世論は中傷、バッシングをし、渡は処刑されます。4人の被害者はいずれも当時、テレビや新聞で渡を避難した人物でした。
事件後に名を守村やよいと変えた木佐原康江と父・芳信は、渡の先輩・塩谷が報復で犯行を重ねていると思い、止めようとしました。
マラソン当日、右京は間違いの手2つ(第1給水所と芝公園)と使わなかったマス(臨海大橋)を警備しますが全部ダミーで、ゴール近くに塩谷のアジトを発見します。そこで塩谷は青酸をあおり死ぬ寸前で、3分を切った時限爆弾があり爆発しますが、右京とやよいは助かりました。
塩谷は単なる実行犯で、真犯人は別にいると右京は見抜きます。

【結】- 相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソンのあらすじ4

表彰式で銃を持つ父・芳信を逮捕しました。木佐原の目的は、息子・渡の事件に関する外務省の極秘ファイル・Sファイルの存在を明らかにすることで、マラソンのランナーや観客を狙いませんでした。銃の中身は空です。
芳信はスキルス(進行)性ガンにかかっており、余命半年です。芳信は逮捕されるのも想定し、裁判でSファイルを言及するつもりでした。
芳信の狙いを知った外務省が時間稼ぎで送検を見送り、別件逮捕を繰り返します。
雛子がSファイルを明らかにする会見を開き、渡は退去勧告を受けないまま拉致されており、当時の政府の見解は誤りだと認めます。
息子の汚名を晴らした芳信とやよいは、喜びの涙を流しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン」の商品はこちら

「相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン」と同じカテゴリの映画