「瞳の奥の秘密」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

瞳の奥の秘密の紹介:判事補佐を引退したベンハミンは25年前に起こった忘れられない殺人事件のことを小説に書く決意をするが、事件の裏には深い謎が隠されていた。2009年アルゼンチン。監督:ファン・ホセ・カンパネラ。第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞。

予告動画

瞳の奥の秘密の主な出演者

ベンハミン・エスポシト(リカルド・ダリン)、イレーネ・メネンデス・ヘイスティングス(ソレダ・ビジャミル)、リカルド・モラレス(パブロ・ラゴ)、イシドロ・ゴメス(ハビエル・ゴディーノ)、リリアナ・コロト(カルラ・ケベド)、パブロ・サンドバル(ギレルモ・フランチェラ)

瞳の奥の秘密のネタバレあらすじ

【起】- 瞳の奥の秘密のあらすじ1

1999年。刑事裁判所の判事補佐を引退したベンハミンは25年前の殺人事件のことを小説に書こうと思い立ち、昔の上司イレーネを訪ねます。
1974年、ブエノスアイレスで若く美しい新婚の妻リリアナが自宅でレイプされ無惨な死体で見つかりました。
ベンハミンが捜査を始めた矢先、狡猾な同僚のロマーノが手柄を横取りしようと無実の男を拷問して自白させます。
怒ったベンハミンはロマーノを糾弾し、ロマーノは地方へ飛ばされます。
被害者の夫にアルバムを見せてもらったベンハミンは、複数の写真に被害者をじっと見つめる不審な男が写っているのに気付きます。
イシドロ・ゴメスというリリアナの幼馴染みで、故郷の町から事件が起こる少し前にブエノスアイレスに出て来て、事件後に姿を消しました。
ゴメスの実家の家宅捜索の許可が下りなかったベンハミンは、同僚のパブロと忍び込んでゴメスが母親に宛てた手紙を盗み出しますが、手がかりはつかめませんでした。

【承】- 瞳の奥の秘密のあらすじ2

1年後、リリアナの事件は捜査終了となっていましたが、夫のモラレスが毎日仕事の後に駅を回ってゴメスを捜し続けているのを知ったベンハミンは捜査を続行しようと決意します。
モラレスは「犯人には生きて苦しんでほしい」と終身刑を強く望んでいました。
同僚のパブロはアルコール依存症でしたが、ゴメスの手紙を粘り強く調べてゴメスがサッカーチームのラシンの熱狂的なファンであることを突き止めます。
ラシンの試合が行われるスタジアムを捜索したベンハミンとパブロは、ゴメスを見つけて逮捕します。
ゴメスは一見内気でひ弱な男でしたが、取り調べに当たったイレーネはその瞳の奥に凶暴な光を見て、わざとゴメスを侮辱して挑発しリリアナ殺しを自供させます。
ゴメスは終身刑になり、事件は終わったかに見えました。
しかしゴメスは刑務所内で密告屋となって政治犯の捜査に協力し、ロマーノの部下になります。ロマーノはベンハミンへの腹いせで殺人犯を釈放させたのです。

【転】- 瞳の奥の秘密のあらすじ3

権力を得たゴメスは殺し屋をベンハミンの家に差し向けますが、偶然ベンハミンの家にいたパブロが身代わりになって殺されます。
イレーネはベンハミンをゴメスから守るために地方へと転勤させます。
ベンハミンとイレーネは互いに惹かれ合っていましたが、職場の階級や家柄の違いから想いを打ち明けることができませんでした。
ベンハミンが乗った列車が動き出すとイレーネは後を追いかけ、2人は窓ガラス越しに手の平を合わせますが、列車はイレーネを置いて走り去りました。
そして20年以上の月日が流れました。イレーネは結婚して2人の子供を持つ判事となり、ベンハミンも結婚しましたがイレーネが忘れられず離婚していました。
ベンハミンはリリアナの事件の小説を完成させましたが「この事件はまだ終わっていない」と強く感じました。
ゴメスの行方を調べましたが見つからず、モラレスは田舎に引っ越していることがわかったので訪ねて行きます。

【結】- 瞳の奥の秘密のあらすじ4

突然来たベンハミンをモラレスは戸惑いながらも迎え入れますが、その様子にベンハミンは違和感を覚えます。
1年もの間駅に通って妻を殺した犯人を捜して、今でもゴメスが野放しになっているのに、淡々としているのです。
「どうやってこの25年を耐えたのか?」と聞くベンハミンに、モラレスは「25年が経ったんです。忘れるべきです」と言います。
それでも納得しないベンハミンに、モラレスは「密かにゴメスを拉致して殺した」と打ち明けます。
それを聞いたベンハミンはモラレスの家を去りますが、ある疑惑に駆られて再び戻って家を見張ります。
モラレスが食事を持って離れの小屋に行くのを見たベンハミンは、その中で檻に監禁され老いてやつれたゴメスを見ます。
モラレスは自らの手でゴメスに終身刑を科したのでした。
ブエノスアイレスに戻ったベンハミンはパブロの墓に花を供え、イレーネに自分の想いを伝えます。
「簡単じゃないわよ」と言いながらも、イレーネの心もベンハミンと同じでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「瞳の奥の秘密」の商品はこちら