「砂の器」のネタバレあらすじ結末

砂の器の紹介:昭和46年、蒲田の操車場で男の他殺死体が見つかった。手がかりは男が喋っていた東北弁と「カメダ」という言葉だけ。事件は迷宮入りになるかと思われたが、ベテラン刑事今西は執念の捜査を続け、ついに真実に迫る。そこには重い宿命に翻弄された父と子の姿があった。松本清張原作の長編推理小説の映画化作品。劇中のクライマックスで演奏されるピアノ協奏曲「宿命」は菅野光亮により作曲・演奏された。1974年公開。脚本:橋本忍・山田洋次、監督:野村芳太郎、音楽監督:芥川也寸志・菅野光亮。

この映画を無料で観る

砂の器の主な出演者

今西栄太郎(丹波哲郎)、吉村弘(森田健作)、和賀英良(加藤剛)、三木謙一(緒形拳)、本浦千代吉(加藤嘉)、高木理恵子(島田陽子)、田所佐知子(山口果林)、田所重喜(佐分利信)、警視庁捜査一課長(内藤武敏)、桐原小十郎(笠智衆)、映画館の支配人(渥美清)

砂の器のネタバレあらすじ

【起】- 砂の器のあらすじ1

昭和46年6月24日早朝、東京国鉄蒲田操車場で男性の撲殺死体が発見されます。推定年齢50~60歳で身元不詳でしたが、死ぬ数時間前に近くのバーで若い男と一緒にいて、その時被害者は東北弁訛りで「カメダ」という言葉を何度も言っていた事が判明しました。
警察は「カメダ」という人名・地名を調べ、ベテラン刑事の今西と若手刑事の吉村は秋田の亀田という土地に調査に行きましたが、手がかりは見つかりません。
その後も捜査は難航し、捜査本部は解散になり継続捜査に縮小されました。
吉村刑事は被害者と一緒にいた男が白いスポーツシャツを着ていたという証言を聞き、そのシャツに返り血がついたのなら処分したはずだと考えていました。
ある日新聞のコラムで中央線の列車の窓から白い紙吹雪を撒いていた女の話を読んだ吉村は、その紙切れとは布だったのではないかと思い、新聞社に問い合わせるとその女が銀座のバーのホステスだと教えられます。 この映画を無料で観る

【承】- 砂の器のあらすじ2

吉村がバーを訪ねると、そのホステス高木理恵子はコラムの女であることを否定し姿を消します。そのバーには新進気鋭の天才ピアニストで作曲家の和賀英良と婚約者で前大蔵大臣田所重喜の娘の佐知子の姿がありました。
8月9日被害者の身元が判明します。岡山の雑貨商の三木謙一で、お伊勢参りに行くと言って旅に出たきり連絡がないので家族が捜索願を出したのです。ところが三木の養子の息子は、三木は温厚な人柄で人の恨みを買うようなことはなく、東北弁を使わないし「カメダ」という言葉にも心当たりがないと言います。
万策尽きた今西が言語学者に相談すると、出雲地方には東北弁によく似たズーズー弁で喋る地域があることがわかりました。
今西は出雲地方の亀嵩(かめだけ)という土地で三木が以前巡査として勤務していたことを突き止め、調査に向かいます。しかし亀嵩の三木を知る人々は口をそろえて、三木は正義感の強い人情家の警官でみんなから慕われていたと証言しました。

【転】- 砂の器のあらすじ3

その頃吉村は、独りで中央線の線路を徹底的に捜索して白い布切れを見つけます。鑑識で調べた結果、被害者と同じO型の血液が付着していました。
警察は高木理恵子を緊急手配しますが見つかりません。理恵子は和賀英良の愛人で和賀の子を妊娠していましたが、流産のため路上で倒れて死亡し身元不明の行き倒れとして処理されていました。
三木の足取りを追う今西は自費で伊勢に調査に行きます。旅館で三木が2日続けて同じ映画館に行ったことを知った今西は、その映画館で和賀英良の写真が壁に飾ってあるのを見つけます。
その頃和賀は新作のピアノ協奏曲「宿命」の創作に全身全霊を傾けて打ち込んでいました。
今西は亀嵩で三木が乞食の父子を助けた話を聞いたのを思い出し、その乞食本浦千代吉の故郷の石川県を訪ねます。そこで親族から千代吉が昭和17年に妻と別れ6歳の息子秀夫を連れて村を出た事情を聞きます。
和賀英良が本浦千代吉の息子秀夫で三木謙一殺しの犯人だと確証を得た今西は、10月2日警視庁の合同捜査会議で報告を始めます。

【結】- 砂の器のあらすじ4

同日、交響曲「宿命」を発表する演奏会で指揮をしながらピアノを弾く和賀の脳裏に、幼い頃の記憶が鮮明に蘇ります。
29年前、本浦千代吉は故郷の村から幼い秀夫を連れてお遍路の旅に出ました。千代吉が当時は不治の病だったハンセン氏病に罹ったためです。父子は野宿で飢えと寒さに震え、行く先々で病気に対する偏見から迫害を受けます。
亀嵩に辿り着いた時には、千代吉は衰弱して動けなくなっていました。三木巡査は千代吉を入院させた後秀夫を自分の子として育てようとしましたが、秀夫は逃げて行方不明となりました。
伊勢の映画館で和賀の写真を見た三木は、それが秀夫だと気付き上京しました。三木は和賀の過去を他人に口外するような人間ではありませんでしたが、余命幾ばくもない父親に会いに行くよう強硬に主張したため殺されたのです。三木は秀夫がいなくなってから現在に至るまで、千代吉と文通を続けて必ず秀夫を捜し出して千代吉に会わせると約束していました。
今西が療養所の千代吉を訪ねて和賀の写真を見せると、千代吉は号泣します。しかし、秀夫を庇って「こんな人、知らねえ!」と息子と認めませんでした。
逮捕状を持ち演奏会場の舞台の袖に立つ今西は吉村に言います。
「今、彼は父親に会っている。彼はもう音楽の中でしか父親に会えないんだ」
演奏を終えた秀夫は、万雷の拍手を浴びて微笑みました。

みんなの感想

    アローカさんの感想

    日本の最高の映画だと思っています。
    日本中を二人で旅しているシーンは
    忘れません。

    あいさんの感想

    はるか昔、原作を読んで泣きました。

    映画を見たら、また大泣きし、善良な三木元巡査と、栄光をつかんで、もう2度と過去には戻りたくない和賀と、わが子に逢いたい気持ちを抑えて子を想う和賀の父親、追い詰める今西刑事と誰一人悪い人がいないことが切なかったのです。

    もし、父が業病にかからなかったら、あの和賀ではなく、もっと平凡な人生を送っていたかもしれません。

    あの親子のつらい旅路は泣けます。・・・・

    しらすさんの感想

    最近SMAPの解散もあり、亡き父と二人で最後に見たドラマで思い入れもありレンタルして見ました。
    中居君の演技力もですが、宿命とは・・・と自分に置き換えて見たり、年を取ったせいか涙が止まらなくて親と子供の絆の強さも改めて考えさせられた。
    とても良いドラマです。再放送をして下さい。

映画の感想を投稿する

映画「砂の器」の商品はこちら