「私の奴隷になりなさい」のネタバレあらすじ結末

私の奴隷になりなさいの紹介:2012年制作の日本映画。サタミシュウのSM青春小説を原作に、壇蜜を主演に迎えて映画化。既婚のOLがSMにはまり、別の男性の奴隷となる様子がある青年の目線で描かれる。壇蜜のフルヌード披露など過激な描写も多い。

予告動画

私の奴隷になりなさいの主な出演者

佐々木香奈(壇蜜)、『僕』(真山明大)、『センセイ』(板尾創路)、ミドリ(西条美咲)、純子(菜葉菜)

私の奴隷になりなさいのネタバレあらすじ

【起】- 私の奴隷になりなさいのあらすじ1

「僕」はそこそこモテる男性です。ミドリという彼女がいながら、飲みに行った時に友人・ヨシユキの彼女・純子にアタックし、すぐセックスできる程度にはモテます。
「僕」は絵描きになるのが夢ですが、絵だけで食べていくのは難しいので出版社に転職しました。
広告の仕事に就いた「僕」は、職場の先輩女性・香奈にひとめぼれします。香奈はセクシーで魅力的な女性でした。
職場での飲み会で早速香奈を口説きにかかった「僕」は、他の同僚から香奈が既婚者だと知らされました。また、いくらアタックしても、今までの手口は香奈には一切通用せず、脈がないどころか「今度そんな態度見せたらそれなりの対応をする」と香奈に脅されます。 この映画を無料で観る

【承】- 私の奴隷になりなさいのあらすじ2

諦めかけた「僕」に信じられない出来事が起こります。あんなにつれなかった香奈が、いきなり「今夜、セックスしましょう」とメールを送信してきたのです。
突然の出来事に、狐につままれた気分の「僕」ですが、香奈の誘いに応じてホテルに行きました。
ホテルで香奈は「僕」にビデオカメラを渡し、「撮影しながら(セックス)して」と言います。「僕」は緊張のため、早くイッてしまいました。
有頂天になった「僕」は香奈にまた会いたいと告げますが、「その時は私から言うから」と返されました。
冷たくなったと思ったら突然やってきてフェラチオしたり、セーラー服姿で現れたり、香奈は「僕」にとって意味不明の存在です。

【転】- 私の奴隷になりなさいのあらすじ3

次第に「僕」は香奈のとりことなり、香奈以外の女性は考えられなくなりました。
「僕」の誕生日に香奈は自宅へ呼び出しておきながら、「僕」を置いて大阪の夫の元へ行きます。留守の香奈宅を任せられた「僕」は謎のDVDを発見し、パソコンで視聴しました。
そこには香奈の秘密が隠されていました。
香奈はセンセイと呼ばれる男性によって、SMプレイを教わっていました。亀甲縛りされたり、セーラー服姿でローターを入れられたまま外出したり、裸にコート姿で雨の中放置されたり…。
ショックを受けた「僕」は思わず香奈の家を飛び出します。しかしそれでも「僕」は香奈のことを忘れられませんでした。
「僕」にセンセイが接近します。 この映画を無料で観る

【結】- 私の奴隷になりなさいのあらすじ4

絶対的な主従関係が女性の美しさを生むという考えのセンセイは、香奈を調教することで美しさを引き出していました。
センセイと香奈との関係は病んでいると思いながらも、「僕」は香奈のことを忘れられません。
とうとうある日「僕」はセンセイの元を訪れ、香奈を解放すると言いました。それはセンセイの望みでもありました。
センセイ自身も香奈が特別な存在となってしまっており、そこから抜け出すには第三者…つまり「僕」の力が必要だったのです。
センセイは去り、香奈は泣きながら「夫もいて、恋人でもない男に抱かれてた私を、それでも好きなの?」と訊きました。
頷いた「僕」に香奈は言いました。「じゃあ、私の奴隷になりなさい」

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「私の奴隷になりなさい」の商品はこちら