「私は貝になりたい(2008年)」のネタバレあらすじ結末

私は貝になりたい(2008年)の紹介:2008年公開の日本映画。元陸軍中尉・加藤哲太郎の手記『狂える戦犯死刑囚』の遺言部分をもとに、橋本忍の脚本で制作された映画である。

この映画を無料で観る

予告動画

私は貝になりたい(2008年)の主な出演者

清水豊松(中居正広)、清水房江(仲間由紀恵)、清水健一(加藤翼)、清水直子(西乃ノ和)、根本(西村雅彦)、竹内(武田鉄矢)、立石上等兵(六平直政)、滝田二等兵(荒川良々)、大西三郎(草彅剛 SMAP)、小宮教誨師(上川隆也)、西沢卓次(笑福亭鶴瓶)、矢野中将(石坂浩二)

私は貝になりたい(2008年)のネタバレあらすじ

【起】- 私は貝になりたい(2008年)のあらすじ1

昭和19年、土佐(高知県)の海沿いの町で、清水豊松と房江夫婦は小さな理髪店を経営していました。豊松と房江は違う店の理髪師で、房江の働いている店に豊松が客として髪を切りにきたのがきっかけで愛し合うようになります。しかし店同士の確執もあり、駆け落ちのような形で豊松と房江は勤務先から出て、海沿いの町までたどりついて結婚し店を構えました。息子・健一もできてつつましやかではあるものの、幸せに暮らしていた豊松にも、赤紙(戦争への召集令状)が届きます。豊松は左足が少し不自由でしたが、それでも召集されたのでした。豊松は二等兵として本土(本州)防衛の中部隊に配属されます。

【承】- 私は貝になりたい(2008年)のあらすじ2

ある日、住宅街を襲って撃墜されたB29戦闘機の米軍パイロットを捕まえた部隊は、上官・矢野中将の命「しかるべき処置をせよ」に基づきパイロットを処刑しました。処刑の命は豊松と滝田に下されます。人を殺す恐怖に駆られながら、豊松は息絶え絶えの米兵に銃刀を向けました。しかし実際は、刀は米兵の腕をかすっただけで、米兵ははりつけにされた状態で気づいたら亡くなっていました。終戦後、豊松は土佐へ戻り店を再開します。房江のお腹には二人目もできて、これからというとき、豊松は逮捕されました。逮捕の理由は戦犯容疑で、戦時中に捕虜を殺害したことが占領軍の怒りを買い、関係者全員が逮捕されたのです。

【転】- 私は貝になりたい(2008年)のあらすじ3

軍事裁判の結果、実行犯である豊松に絞首刑が言い渡されました。豊松は納得がいきません。上官の命令を実行しただけで、当時の日本では上官の命令に背くことは許されませんし、何よりも自分が殺したわけではありません(米兵は気づいたら亡くなっていたのですから)。豊松は巣鴨プリズンに収容され死刑判決が出た仲間と暮らします。最初に同室となった大西は死を受け入れており、豊松が収容された翌日絞首刑になりました。次に同室となった英語の達者な西沢は、大統領へ直筆の嘆願文を書いていました。 この映画を無料で観る

【結】- 私は貝になりたい(2008年)のあらすじ4

上官・矢野中将は「全ての非は自分にあり、自分の処刑をもって他の関係者は減一等もしくは無罪に」と主張して絞首刑となります。豊松の死刑を知らされた房江が、健一と豊松が獄中にいる間に生まれた直子を連れて、はるばる土佐から上京してきます。房江は豊松の減刑のために故郷で200人の嘆願書を集めていました。しかし豊松の処刑の日がやってきました。豊松は妻・房江に手紙をしたためます。そこには「生まれ変わったら、私は貝になりたい。人と争う戦争というものを知らない、海の底で誰にも知られずひっそりと生きる貝になりたい」と書かれていました。

みんなの感想

ライターの感想

人の命を簡単に奪ってしまう戦争の裏の部分まで描いていると感じました。戦争で命を落とした人がたくさんいることは語り継がれていますが、あり得ない罪に問われ、それにより命を奪われることもある戦争の恐ろしさを目の当たりにしました。それを支える家族も描かれているだけに、目を背けたくなるラストでしたが、これが現実なのだと思うと、戦争の無意味さを痛感しました。
力でねじ伏せ、家族から引き離し、命まで奪ってしまう恐ろしさを見事なタッチで描いていると思います。

    へっぽこ侍さんの感想

    ノンフィクションみたいな触れ込みの映画ですが、本当は手記を書いた加藤哲太郎中尉は処刑されず、後に釈放されています。また、史実では加藤中尉のような一兵卒が処刑されたという記録もありません。題材が題材なだけにそこを改変してノンフィクションという触れ込みは微妙な感じが…。

映画の感想を投稿する

映画「私は貝になりたい(2008年)」の商品はこちら

私は貝になりたい スタンダード・エディション [DVD]