「羅生門(1950年)」のネタバレあらすじ結末

羅生門(1950年)の紹介:1950年公開の日本映画。芥川龍之介の短編小説 『藪の中』と『羅生門』を原作に、黒澤明がメガホンを取った。ある殺人事件の目撃者や関係者が食い違った証言をする姿をそれぞれの視点から描き、人間のエゴイズムを追及した。

予告動画

羅生門(1950年)の主な出演者

多襄丸(三船敏郎)、金沢武弘(森雅之)、真砂(京マチ子)、杣売り(志村喬)、旅法師(千秋実)、下人(上田吉二郎)、巫女(本間文子)、放免(加東大介)

羅生門(1950年)のネタバレあらすじ

【起】- 羅生門(1950年)のあらすじ1

平安時代。戦乱や伝染病の流行で、世間は荒れていました。
京都・羅生門の前で雨宿りする杣売りと旅法師のところへ、下人もやってきます。時間つぶしに下人は、杣売りと旅法師が関わった事件を聞きました。
…とある藪の中で殺人事件が起きます。
侍夫婦・金沢武弘と真砂が通りかかったのに目をつけた盗賊・多襄丸は、妻が欲しくなりました。多襄丸は夫・武弘をだまして縛り、妻・真砂を目の前で強姦します。
その後、現場には夫・武弘の死体があり、妻・真砂と多襄丸の姿、武弘の刀と真砂の担当がありませんでした。

【承】- 羅生門(1950年)のあらすじ2

役所による裁きが開かれ、多襄丸、真砂、巫女(死んだ侍の霊)、目撃者の杣売りと旅法師らが呼ばれますが、証言が食い違います。
多襄丸は「真砂が生き残った方についていくと言うから武弘と決闘して武弘を倒した。しかし真砂は逃げた」と言いました。
真砂は「多襄丸が去った後、夫・武弘が自分を軽蔑の眼で見るので殺してくれと嘆願し、気絶している間に夫は死んでいた」と証言します。
巫女により、死んだ侍・武弘の霊が呼ばれ「多襄丸に武弘を殺せと真砂がそそのかしているのを聞き、自殺した。誰かが胸から短刀を引き抜いた」と言いました。

【転】- 羅生門(1950年)のあらすじ3

真相はどれも異なりました。目撃者の杣売りが一部始終を見ていて、知っていたのです。
真砂を強姦した後、多襄丸は真砂に妻になってくれと土下座しました。真砂は断って武弘の縄を解きます。
しかし武弘が自分を軽蔑の眼で見るのに立腹した真砂は、多襄丸と武弘をけしかけて決闘させます。
多襄丸と武弘は戦いますが、2人とも慣れないのでへっぴり腰の情けない姿です。
やがて決着がつき、多襄丸の勝利に終わりますが、真砂は決闘の隙に逃げていました。
それぞれの証言は、みな自分にとって都合のよい言い分だったのです。

【結】- 羅生門(1950年)のあらすじ4

…しかし、武弘の刀と短刀がなくなったことの説明がない、と、話を聞き終えた下人が追及しました。
一部始終を目撃し、事件のあとこっそり短刀を盗んだのは、目撃者である杣売りでした。下人はそれを指摘します。
結局だれの言うことも信じられないと立腹した下人は、羅生門のそばに捨てられた赤ん坊の衣服を盗むと、去っていきました。
杣売りはその赤ん坊を抱き上げると、引き取って育てると言います。
旅法師はそんな杣売りの行為を見て、まだ人間は捨てたものじゃないと希望を見出すのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「羅生門(1950年)」の商品はこちら