「葛城事件」のネタバレあらすじ結末

葛城事件の紹介:2016年公開の日本映画。劇作家で監督デビュー作となった『その夜の侍』が国内外で高い評価を受けた赤堀雅秋が、自作の舞台を三浦友和主演で映画化。次男が無差別殺人を起こして死刑囚となってしまったことで運命が狂い出した、ある家族の行く末を見つめる。

予告動画

葛城事件の主な出演者

葛城清(三浦友和)、葛城伸子(南果歩)、葛城保(新井浩文)、葛城稔(若葉竜也)、星野順子(田中麗奈)

葛城事件のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①亭主関白な父、気弱な母、優等生で内気な長男、飽きっぽく無為に生きる次男。どこにでもいそうな家族なのだが、内部から崩壊。長男が勤め先をリストラされ再就職が決まらず自殺。母は精神を病んで施設に入り、弟は自暴自棄に。 ②連続殺傷事件を起こした次男は死刑の執行を強く望む。次男を立ち直らせようと順子が獄中結婚するが、意識改革はできず。死刑は執行され、父だけが家に残った。

【起】- 葛城事件のあらすじ1

(この映画は時系列がばらばらで描かれています。分かりやすさ重視にするため、時系列であらすじを記載します。そのため映画の順番どおりになりません、ご了承ください。
ちなみに映画の冒頭は、父・葛城清が自宅の壁に描かれた落書きを消すシーンから始まります)

東京都。
葛城清は妻・伸子となんの変哲もない、ごく平凡な家庭を築いているつもりでした。
息子は2人います。長男・保は内気だけど優秀で、二男・稔は飽きっぽい性格でした。
父の代から受け継いだ金物店を経営する清は、若い頃から一戸建て住宅を購入し、妻子を育てていることに誇りを持っていました。
そのせいもあって、傲慢な一面もあります。
まだ子どもが幼い頃から同僚や友人を家に呼んでは、一戸建て住宅を自慢し、相手に説教します。弁の立つ清は、嘘はつかないものの尊大な態度で相手に接します。
長男・保は父・清の期待に応えるように、必死で努力しました。そのおかげで成績も優秀で、清の自慢の息子です。
ところが次男の稔は父・清に反発して育ちました。父・清も稔のことを「勉強を教えてやっても、さぼってすぐにへらへら遊ぶ。我慢を知らない」と悪しざまに言い、「同じ兄弟でも、こうも違うと愕然とする」と口にします。
妻・伸子は気弱なため、夫の清に口答えなどしません。ただ内側に不満を溜め込んでいました。
こうした親子関係は、どこにもあるものかもしれません。清と稔の父子の不和も、そう際立ったものでもありません。
そして皮肉なことですが、父・清と反発する息子・稔は非常によく似ていました。周囲の人物に偉そうに振る舞うところも、口だけは人一倍達者なところも酷似しています。
対照的に、母・伸子と長男・保も似ていました。言いたいことを癒えずに胸のうちにしまってしまうところや、清や稔のように我の強い相手には折れてしまうところなどは、そっくりです。
葛城家では「父・清と次男・稔」「母・伸子と長男・保」という似た者同士のグループがあり、しかし父・清が評価をしたのは自分に似ている稔ではなく、長男の保のほうだったのです。自分に似て尊大な稔を近親憎悪したのでしょうか…いえ、恐らく清は自分の欠点は見えていなかったように感じられます。
とにもかくにも、父・清は息子たちが学生時代の頃から「長男・保を可愛がり、次男・稔のことは見放す」という態度を取りました。見放されたほうの稔も父を憎み、母・伸子には理解を示すものの自堕落な生活を送ります。

息子たちも大人になりました。兄弟ともに成人します。
表立って夫に刃向かいはしないものの、内側に不満を溜め込んでいった妻・伸子は、徐々に精神不安定になっていきます。
その変化は料理に顕著に表れていました。息子たちが成人すると伸子は料理を作らず、ピザや店屋物ですべて済ませるようにしています。
また夫・清と一緒に出かけることもありません。

長男・保は結婚し、家庭を持つ一児の父となっています。妻は2人目を妊娠していました。
保と妻、妻の両親と中華料理店で会食をする時にも、保の側は父・清だけで、母・伸子は来ませんでした。
20年通う馴染みの中華料理屋に行き、麻婆豆腐が辛かったと味つけについて高飛車に店員に叱る清は、傍目から見ても一種異様な光景です。
息子・保は委縮しますが、父に声をかけられません。妻の両親も眉をひそめるほどですが、遠慮して何も言いませんでした。
客という上位に立って、店長ではなく店員に上からの物言いをする面が、清にあったことは否めません。
ひとしきり店員を怒った後、保の妻が妊婦であるにもかかわらず断りもなく煙草を吸い始めた清は、長男・保に家を建てろと言います。「お前の年にはもう、俺は一国一城の主だった」と叱咤します。それが保を追いこむなどとは、思ってもみません。
帰宅すると、預けていた保たちの息子(清にとっては孫)が目の横にケガを負っていました。伸子は最初、追いかけっこをしていたら机の角でぶつかってケガをしたと言いますが、本当は稔がケガを負わせていました。
稔は声優になりたいから喉を大事にしているとかで、筆談で「おれがなぐった」と書いて示します。兄・保は戸惑って、弟にかけた言葉は結局「お前、早く仕事見つけな」という見当違いのものでした。稔は「そのガキ、お前の目とそっくり。人のこと見下してんじゃねーよ」と言って2階の自室にこもります。
父・清は母・伸子を平手打ちして責めました。

【承】- 葛城事件のあらすじ2

次男・稔は高校卒業後も定職につかず、ふらふらと過ごしていました。高校を出てすぐの頃は「私立の大学も視野に入れていて」と言い訳をし、祖父の稼業を継いで金物店をする父親のことをバカにして「あの人(父)にどうこう言われる筋合いはない」と言います。「いつか一発逆転しますから」というのが口癖で、バイトをしても続かず、いわばニートの生活を続けています。
父親が家族以外の人間に対して多弁なように、稔も「できないこと」への言い訳と自己弁護には長けていました。
清は稔をとうの昔に見放していました。ですから、特に期待もしていません。

順調にいっていたかにみえた長男・保ですが、従業員を削減する会社に解雇されました。営業の仕事をしていた保は、真面目すぎて成績が振るわなかったのです。
妻に言えない保は内緒で就職活動をしますが、焦燥感ばかりが募りました。面接で自分の名を名乗れないほど緊張し、当然面接に落ちます。
妻は2人目を出産したばかりで育児で忙しく、気持ちのゆとりがありませんでした。保の変化にも気づかず、赤ん坊の世話に忙殺されます。
保は普段通り会社に通勤している振りを装って就職活動を続けますが、だんだん気持ちが弱ってきます。

近所の中年主婦にゴミ出しを注意された稔は、「母に言ってくれ」と言いました。しかし中年主婦に蔑みの目で見られます。
深夜にゴミ捨て場に軽くボヤを起こした稔を目撃した清は、注意しようとしますが、稔はさっさと2階へ行きました。
(注:すぐ消えそうなほど小さな炎だったように見えるが、あまりよく見えずなので見間違いだったらごめんなさい)
むかっ腹を立てた清は妻・伸子に手を伸ばしますが、拒絶されます。
「私、あなたのこと大嫌い。最初からあなたのこと好きじゃなかった」と言った伸子は、その次の日、稔と2人で家を出て内緒でアパートを借りて暮らします。
清は長男・保に電話して、母親を探すよう命じました。両親のはざまに立たされて困りますが、保にとっては父の言うことは絶対命令なので、従います。
保は母と弟の行方を探しました。弟・稔のあとを尾行すると、すぐにアパートは見つかります。
その頃、保は再就職活動にも疲れていました。父・清の金物店に行き、さりげなく「俺この店継ごうかな」と言いますが、清は「駄目だよ。駄目」と拒否します。
恐らく清としては「大学も出た優秀な自慢の息子に、ただの金物店を継がせるなんて、とんでもない(畏れ多い)」という意味だったのでしょう。しかしこの言葉は気持ちが弱った保の、最後の希望の糸を断ち切るものでした。

保は清に母の居場所を言います。いっぽうで、母・伸子と弟・稔がいるアパートへ駆け込み、これから父が来るという情報を流します。
一見矛盾する行動のように見えるかもしれませんが、これが保の精一杯です。父にも母にも誠実であろうとするための行動でした。
保は母・伸子に実家へ逃げるよう言いますが、伸子はその気力すらありません。入ってきた保にカップラーメンでも食べろと言ってやかんで湯を沸かし、最後の晩餐に何を食べるかという話を始めます。
母・伸子は最後の晩餐にちらしずしを食べたいと言いました。子どもの頃、ひな祭りの時のちらしずしを見て綺麗だと思ったからです。
保は「知らないよ」と答え、稔は「じゃあ、うな重で」と答えます。母・伸子はもっと意外なメニューを聞きたかったようです。
唐揚げとか焼きそばとかトンカツとか…とメニューを挙げた母・伸子、長男・保、次男・稔の会話は、穏やかです。この3人だけだと、兄弟の確執があるにせよ、やっていけそうです。あれこれメニューを述べた後、稔は「歯、悪いから、やっぱうな重でいいよ」と答えました。
カップラーメン用の湯も沸くと共に、父・清が部屋に入ってきます。一瞬にして場が凍りつきました。
清は伸子と稔が住むアパートの悪口を吐いた後、稔を足蹴にします。殴ったあと、「お前はもう駄目だ」と言って稔の首を絞めようとします。
伸子が制止すると父・清は包丁を持ってきて、稔を凝視しました(本気の殺意があるわけではありません。癇癪を起こして、おさまりがつかなくなった勢いで包丁を握っているといった感じです)。

【転】- 葛城事件のあらすじ3

母・伸子が「家に帰るから、もうやめて」と言うと、癇癪を起こした清の怒りは解けたようで、清は座って「腹減った。何か作ってくれ。出前でもいいから」と言います。
稔は兄・保に「残念?」と質問し「お前、俺が死んでもいいと思ってたろ」と言葉を重ねました。「まあ俺は別に死んでもよかったんだけど」とも言います。
稔の言葉は、この当時はまだ半分強がりで、半分は本音でしょう。とにかく、伸子と稔はアパートから自宅へ戻ることになりました。

朝、いつものように出勤の振りを装った保は、すでに居場所となっていた公園に行き、やめたはずの煙草を吸います。
三口吸ってポイ捨てしますが、戻ってきて吸殻を拾います。律儀な人間なのです。
その後、保は以前勤務していた会社の近くのビルで、投身自殺を図りました…。

通夜の席、給湯室でこそこそと「会社辞めてたことを妻に言えなかったらしい」と噂する女性2人に、父・清は事故だと主張して「余計な波風を立てないでくださいよ」と責めます。
弟・稔はひっそりと座っています。
母・伸子は精神の均衡を保とうと、必死で関係のない話をしていました。黄色のカナブンが見知らぬ女性のワンピースの背中に止まっていたという脈絡のない話をして、高笑いをする母の姿は、通夜の席にそぐいません。伸子の精神状態は限界でした。
妻とその両親は斎場の人から、保を入れる棺桶が打ち合わせの後、父・清によって勝手に24万6千円の高額なものに変更されたことを聞かされました。しかし保の生前から清の暴君ぶりは見てきているので(例:中華料理屋での一件)、黙って受け入れます。
「保君の遺書です」とコンビニのレシートを渡された清は、レシートの裏に「申し訳ない」という文字を見て「捨ててください」と言いました。
母・伸子は保の妻に「あなたの責任よ」と詰め寄ります。しかし妻も「うそつき。どうしてこうなったか本当は分かってるんでしょ」と言い返します。切り返された母・伸子は、口をつぐみました。
弟・稔は「だっせえ死に方。一発逆転するから、俺は」と微笑みながら呟きます。
葬儀の後、妻は2人の子どもを連れて実家に戻りました。それ以降は実母に子どもを預けてパートに出て、それなりに幸福に暮らしています。

「一発逆転」と言いながら、稔も現状打破をする方法が分かりません。生来飽きっぽく長続きしない稔は、負の方向へ気持ちが向きます。
通信販売で刃渡り20cmのサバイバルナイフを取り寄せた稔は、ある夏の日に長袖を着てリュックを背負って外出しました。
ハンバーガーと飲み物を買って食事をした後、地下へ続く階段を降りながらナイフを取り出します。
そして地下道にいる高校生3人組の1人を刺したのを皮切りに、次々と通行人を襲い始めました。白昼堂々の、無差別の人物を対象とした犯行でした。

稔は逮捕され、凶悪重大事案として死刑が宣告されます。死刑求刑の瞬間、稔は振り返って父・清に向かって笑いかけました。
妻・伸子は精神を病み、施設に入ります。
清の家はばらばらになり、住むのは清だけになりました。
家の壁には、連日、「人殺し」「バカ」「死ね」「ゴミクズ」などの落書きがされるようになりました。清はそれを『バラが咲いた』という歌を口ずさみながら、ひたすら消します。

ここで、新たな人物が現れます。星野順子という若い女性です。
順子は「死刑制度反対派」の人間でした。順子は順子自身の正義にのっとって「本当の家族を築けるよう」、死刑が求刑された稔と獄中結婚します。
順子の理論はある種、単純でした。「今まで稔は他人の痛みが分かる育てられ方をしなかったに相違ない。稔は今まで思いやりを持とうとする相手と出会っていないに違いない。だから自分が結婚して妻になることで支えとなり、稔の人間性、人間らしさを作ろう。愛することを知れば、稔も罪の重さを知り、悔いるに違いない」と考えています。
しかしこの考えも非常に偏ったもので、かつ大いなる矛盾を抱えています。
結果、順子は自分の両親を失った(縁を切られたのだろうと思われます)のですが、そのことに関して順子は一顧だにしません。またラストシーンで矛盾が出てきます(後述します)。

【結】- 葛城事件のあらすじ4

獄中結婚したことを、順子は稔の父・清に報告しました。理解できない清は「新興宗教か」と言いますが、順子は否定します。順子は、稔へ惜しみない愛を注ぐのは正しいことであって、すばらしいことだと盲信していました。多分にそこには自己満足が入っています。
そんな状態ですから、稔も順子の名前を覚えません。
順子が差し入れしたワッフルを冷たい目で見た稔は「これからは現金で頼むわ」と一蹴し、月に最低6万、しょっぱいものを要求します。缶コーヒーだけは甘いものをと付け足します。
順子は母・伸子にも会いにいきました。施設で暮らす伸子はすっかり正気を失っており、つけていない扇風機を切ってくれと順子に言います。
順子は稔の父・清から稔の話を聞こうとしました。清は馴染みのスナックへ行って泥酔し、他の客に対して「俺だって被害者なんだよ。俺が一体何をした! 奴を裁けるのは国だけだ!」と声高に言い、「脳みそは実験材料に、内臓は移植に提供して、どうかそのあたりでご容赦願えないだろうか」とわざと卑屈に言います。
スナックのママは清に出入り禁止を言い渡し、「知らない土地で余生を送れ」と親切心で言いました。もう誰もあの家には戻らないとも付け加えます。
帰り道、父・清は順子に「やっぱり死刑にしないでくれ」と言いました。父親としての情が湧いてきたわけではありません。このままだと稔の思うつぼだというのです。
確かにその通りでした。稔は死刑を望んでおり、順子に死刑早期執行の申し立てをしてくれと頼みます。
順子は何度も会いに行きますが、稔の心を変えることはできません。
ある時は夫婦なのだから乳を見せろと言い、ある時は面会に意味があるのか問います。
気を変えようと、順子がある時「独居房は暑いですか?」と質問した後、自分のことを騙り始めました。暑いのが苦手だとひとしきり語った順子ですが、稔はぽつりと「俺、そもそも謝罪する気ないから。罪の意識ないから。俺が起こしたのは事故。暴走したイノシシみたいなもんだ」と言います。
人間だって生きている以上、足元にいる虫を踏み潰していることを挙げ、誰しも罪は犯しているのだと告げた稔は、「20代をだらだらと過ごした若者が、30歳を手前にして発狂して、人生を謳歌する若者たちに嫉みを覚え、道連れにした。それでいいじゃない。そうしとけば安心だろ、おたくらも」と答えます。
稔のように動機が不明な犯人がいると、外の世界の人間は怖くてたまらない…分かりやすい理由や動機づけを示したほうが、「理解できて安心できる」…そう稔は示したいわけです。

死刑を求刑されてから1年ほど経過した頃。稔の死刑が執行されました。順子はそれを、自宅を訪問した拘置所の人から聞かされます。
結局、順子は稔に何も響くものを残せませんでした。それでも順子は「もう少し時間があったら」と言います。
順子は清に報告に行きました。清は散らかった部屋で、買ってきたコンビニの蕎麦を食べていました。
清は息子が死刑になったことを聞くと「もうこれで、稔との関係はおしまいか」と聞き、順子を押し倒して「今度は俺の家族になってくれないか」と言います。
「3人、人を殺したら俺と結婚するか」と叫ぶ清に、順子は「あなた、それでも人間ですか!」と言って去りました。
(これも大いなる矛盾のひとつ。本当に愛情を注ぐことで人を立ち直せると順子が考えているのならば、清の要求を受け入れるべきです。…もっとも、それを容認したいわけではありません。指摘したまでです…)
清の自宅の庭には、ミカンの木がありました。それは一軒家を建てた時に、まだ幼い保と稔の成長を願って植えたものでした。
順子が去った後、清は掃除機のコードを持って移動し、『バラが咲いた』を口ずさみながらミカンの木にコードを巻きつけて、首吊り自殺を図ろうとします。
ところが清の重みに耐えかねて、枝が折れました。
首吊り自殺に失敗した清は、自殺する気も失せて部屋に戻り、食べかけの蕎麦を啜り始めます…。
(本当に救いのない映画。こいつが悪人というものを明確に示したものではない。
むしろ「一昔前にいそうな亭主関白の父親」「気弱な母親」「父の期待に応えようとする長男」「目的もなく無為に生きる次男」と、どこにでもいそうな人たちを描いている。
一歩間違うと誰でも連続殺人をおかす危険性をはらんでいることを示唆している)

みんなの感想

ライターの感想

ほんとにディープな映画。明確な悪人がいないのが、つらさの一因か。
確かにこのなかでは父親・清がいちばん悪い人に見えなくもない。しかしこの父親にしても、ひと昔前にはごろごろいた感じの人間。
決して貧しい家庭ではない。何がという理由や背景があるわけでもない。
終盤で稔がいう言葉が刺さる。外の世界の人間は「こういう事情、原因があったから殺人を犯したんでしょ」という理由を欲しがる。
その理由が明らかになることによって安心する。だから、稔のように特に背景も動機もなく殺害をおこなう者というのが恐ろしくてならないのだ。
それを見せつけられるぶん、精神的にしんどい映画。

映画の感想を投稿する

映画「葛城事件」の商品はこちら