「薄氷の殺人」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

薄氷の殺人の紹介:2014年製作の中国・香港合作映画。中国北部を舞台に起こった、ある女性に接近する者が次々にバラバラにされた死体として発見される、猟奇的な連続殺人事件を描いたクライム・サスペンス。

予告動画

薄氷の殺人の主な出演者

ジャン・ズーリー(リャオ・ファン)、ウー・ジージェン(グイ・ルンメイ)、リアン・ジージュン(ワン・シュエビン)、ロン・ロン(ワン・ジンチュン)、ワン(ユー・アイレイ)

薄氷の殺人のネタバレあらすじ

【起】- 薄氷の殺人のあらすじ1

1999年。
刑事警察のジャン・ズーリー刑事は妻と最後にホテルのベッドでトランプをした後に抱き合い、正式に離婚しました。
未練が残るジャンは元妻を抱きしめて列車のホームに押し倒しますが、元妻は怒り狂ってジャンを罵り、列車に飛び乗ります。
去っていく列車を、ジャンはホームに座ったまま見送りました…。
同年、中国の6都市15か所の石炭工場で、1人の男性のバラバラ死体が相次いで発見されました。男の死体は石炭と共にトラックで運ばれて、1日のうちに清遠(チンユエン)や白水(バイシュイ)など、100km以上離れた15か所に散ったのでした。
遺体の身元はバラバラ死体と共に発見された身分証明書から、石炭工場の計量部で働く男リアン・ジージュンとされました。妻に死が知らされ、妻・ウーは泣き崩れます。
犯人はトラックの運転手リウ・ファーインと目されました。事件が発覚する2日前に辞めていたからです。
リウが十数か所にのぼる工場へ運んだのではないかと考えた刑事たちは、理髪店にいたリウを拘束しました。ジャン刑事もリウ拘束の場に立ち会います。
しかし所持していた上着を調べる隙に、リウ容疑者が隠し持った銃を発砲しました。同僚は次々に倒れ、ジャン刑事はリウ容疑者を撃ちますが、撃ち返されてジャンも負傷します。
リウ容疑者は死亡し、同僚のシュエイー刑事とチアンジュン刑事も亡くなりました。入院したジャン刑事は2人の葬儀に参加できず、旦那の遺骨を木の根元に埋めるチアンジュンの妻を見ました…。
…2004年。
ジャンは刑事警察から生活安全警察に回され、今は石炭工場の保安課の仕事をしています。毎日二日酔いのまま出勤して、実質的な仕事内容は、工場の警備員でした。
同僚のワン刑事は今も刑事警察で活躍しています。
ある日、張り込みをする車中のワン刑事を見つけたジャンは、車に乗り込んでワン刑事に話を訊きました。ワン刑事は2001年から続く殺人事件を追っていると話します。
バラバラ死体となって中国各地で見つかる殺人事件は、1999年の殺人事件と手口が酷似していました。

【承】- 薄氷の殺人のあらすじ2

被害者はいずれも男性で、野外スケート場で被害に遭ったことが判明しています。
そして1999年の事件の被害者リアン・ジージュンの妻・ウーに関わった男たちが、殺されているということも浮上しました。
ワン刑事たちはウーの勤務するロンロン・クリーニング店を、張り込みしていました。
「彼女に関わると死ぬ」というワン刑事の言葉に興味を抱いたジャンは、クリーニング店に革のズボンを出しに行き、ウーを観察します。
ウーはまだ若くて美しい女性でした。痩せた身体の割に胸が大きくスタイルのよい彼女は、タートルネックのセーターを好んで着用しています。ぴたっと張りつくセーターが身体のラインを強調していました。
ジャンは店を出て帰宅するウーを尾行します。刑事警察を外されて閑職に追われたジャンは酒浸りの日々でしたが、ワン刑事に事件のことを聞かされて、久々に目標ができました。
ジャンはウーを調査することに生きがいを見出します。そしてそれは、いつしかウー自身への興味にも変わっていました。
クリーニングの店主ロン・ロンに聞き込みすると、ウーが店員として働き始めたのは1999年からです。
ウーが勤め始めて早々に、客の1人と揉めました。革の上着のクリーニングをミスしたウーは、その客に2万元(約40万円弱)を弁償しろと言われて付きまとわれましたが、いつしかその客は来なくなりました。
直後にウーの夫が亡くなったこともあり、ロンはウーを雇い続けます。「同情で」と店主ロンは言いますが、美しいウーを手に入れたいのはみえみえでした。
ジャンはたびたびクリーニング店に顔を出しました。ロンが作業中のウーに後ろから抱きついてセクハラ行為をした時に店を訪れ、指をやけどしたウーに薬局で買った薬を渡します。
ジャンは「今度野外スケートに行こう」とウーを誘いました。
ワン刑事に「禁酒を成功させるためか」「それ以上首を突っ込むな」と警告されながらも、ジャンはウーに接近します。ジャン自身、やりたいことを模索しているようでした。
ジャンとウーは夜の野外スケート場に行きます。ワン刑事も尾行します。

【転】- 薄氷の殺人のあらすじ3

華麗に滑るウーは、ジャンをひとけのない場所まで導きました。雪に倒れ込んだウーは、ジャンを誘っているように見えます。スケート場の人が靴を返してないと、遠くから2人に注意しました。
ジャンとウーはデートを重ね、ジャンはウーにどんどん惹かれていきます。2人が3D映画を見に行った時、ワン刑事は2人の乗るタクシーを尾行するトラックを発見し、ナンバー「KF295」を控えました。
トラックの運転手はスケート靴を持つ男で、ワン刑事は男を容疑者として逮捕しますが、同僚のリー刑事に連絡した後、男にスケート靴で撲殺されました。
同じ頃、ジャンも自分を付け狙う男がいると知ります。同じバスに乗り合わせた男はスケート靴を肩に提げ、食堂にもついてきて、ジャンがぶらりと入ったダンスホールにまで尾行してきました。ジャンは男を警戒します。
別の日、男を逆に尾行したジャンは、ビニールシートを積んでどこかへ行く男のトラックを追いました。男はシートに包んだ何かを鉄橋の上で広げ、貨物列車の上に少しずつ落とします。
男がスケート場に行ったのを尾行したジャンは、鎌をかけるつもりでスケート場の場内放送でリアン・ジージュンの呼び出しをかけました。男がスケート場から逃げたのを追いながら、ジャンは確信を持ちました。
トラックのナンバーはワン刑事の見間違いで、「KF」ではなく「KE」です。男が鉄橋の上でばらまいたのは、ジャンの同僚・ワン刑事のバラバラにした遺体でした。
ジャンはウーに警察だと打ち明けて、自供を促します。ウーは素直に白状しました。
1999年、夫・リアンは強盗をはかって人を殺した罪を隠すために自分が死んだことにして、死人と入れ替わりました。警察を騙したリアンは潜伏し、ウーを監視してウーに近寄る男を片っ端から殺していきました。
99年当時はDNA捜査が普及していなかった(注意:映画でそう言われる)ため、身分証明書だけで死体がリアンだと警察は判断しました。
ジャンはウーを説得し、リアン逮捕に協力させます。
ウーはリアンをホテルに呼び出しました。タバコを買いに行ったリアンは店に警官を見つけて逃走し、発砲されて倒れます。リアンは死亡しました。

【結】- 薄氷の殺人のあらすじ4

ワン刑事の葬儀がおこなわれ、別室で聴取を受けて帰宅するウーを追いかけたジャンは「君を助けたい」と言います。
まだ不明な点が残っていました。5年前(99年)のバラバラ死体の身元です。刑事警察が遺骨を確認したいとウーを訪れますが、ウーは遺骨は川に捨てたと言いました。ジャンはそれを聞きながら、昔チアンジュン刑事の遺骨を木の根元に埋める妻の姿を思い出します。
ウーが勤務し始めてすぐに弁償しろと揉め、いつしか来なくなった客の革の上着を店主・ロンから買い取ったジャンは、中に「華龍貿易会社 ジャオ・ジエンピン」の名刺を見つけました。
ジャオは健在で、現在はネット関係の仕事をしていました。ジャオに名刺を渡した相手を訊き、ジャンは捜査します。
99年のバラバラ死体は、ナイトクラブ〝白昼の花火〟のオーナー女性の夫リー・リエンチェンでした。オーナー女性は99年6月末に愛人が会いに来て以来、夫・リーは失踪したと言います。
遊園地にウーを誘ったジャンは観覧車に乗り〝白昼の花火〟のネオンを指して「今のうちに自分から話せ」と言いました。ジャンはウーに観覧車の中でキスをし、そのまま関係を持ちます。
翌日、肉まんとおかゆの朝食をとりながら、ウーはジャンと夜また会う約束をしました。
ジャンは刑事警察に告げ、ウーは逮捕されます。リーを殺したのはウーでした。クリーニング代を支払えず、リーに肉体関係を何度も強要されて殺したのでした。ウーの夫・リアンはバラバラ死体を捨てるのに協力しただけです。
ウーを刑事警察に売ったジャンは、ダンスホールで下手な踊りを踊ります。ぐるぐる回転するだけです。
後日、手錠をつけたウーを連れての現場検証が行なわれました。99年当時にウーとリアンが住んだアパートの部屋で、現在住む住人たちを同席させながら、刑事たちは現場を確認します。
現場検証を終えて立ち去る一同の車のそばに、ロケット花火が打ち込まれ、さらにロケット花火は空に何度も打ち上げられます。それを見ながらウーはかすかに頬笑みました。
ウーが去った後も酔っ払い(ジャン)によるロケット花火は乱発され、消防車が来る騒動になります。入口にもロケット花火を打ち込むので屋上から入れず、消防の高所作業車がこっそりのぼっていきました。
(99年のリー殺害の主犯はウーで、リアンは死体遺棄容疑。2001年以降の事件については詳細不明。
ウーがリアンに監視されていたのは事実だが、ウーがそれをどう捉えていたかは不明。
窮屈に感じ、リアンから解放してくれる男性を探していた可能性もあり。自分に引き寄せられる男性を惑わせて楽しんだ可能性もあり。
ジャンがウーを逮捕させたのは「犯罪を重ねるウーを『助けたい』」願望と「ウーの逮捕で、自分以外の男が近寄る可能性を減らしたい」独占欲、両方あったのではないか。
冒頭に元妻をホームに押し倒すところからも分かる通り、ジャンは女性への愛情表現が下手なので「真昼のロケット花火(白昼の花火)」はジャンなりのウーへの愛情表現だろう)

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「薄氷の殺人」の商品はこちら