「裏切りのサーカス」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

裏切りのサーカスの紹介:2011年公開。イギリス諜報部に潜伏する2重スパイを探し出すため、引退していたベテランスパイが捜査に乗り出して活躍する姿を描いた作品。ジョン・ル・カレの小説が原作。監督は「ぼくのエリ 200歳の少女」のトーマス・アルフレッドソン。豪華な出演者には「ドラキュラ」のゲイリー・オールドマン、「英国王のスピーチ」のコリン・ファース、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のトム・ハーディ、「エレファント・マン」のジョン・ハートなど。

予告動画

裏切りのサーカスの主な出演者

ジョージ・スマイリー(ゲイリー・オールドマン)、ビル・ヘイドン(コリン・ファース)、リッキー・ター(トム・ハーディ)、コントロール(ジョン・ハート)、パーシー・アレリン(トビー・ジョーンズ)、ジム・プリドー(マーク・ストロング)、ピーター・ギラム(ベネディクト・カンバーバッチ)、コニー・サックス(キャシー・バーク)、トビー・エスタヘイス(デヴィッド・デンシック)、ジェリー・ウェスタビー(スティーヴン・グレアム)、ロイ・ブランド(キーラン・ㇵインズ)、オリヴァー・レイコン(サイモン・マクバーニー)、イリーナ(スヴェトラーナ・コドチェンコワ)

裏切りのサーカスのネタバレあらすじ

【起】- 裏切りのサーカスのあらすじ1

東西冷戦下、イギリス諜報部「サーカス」の長官のコントロールは、部下のジム・プリドーをハンガリーに送り込みます。
任務はハンガリーの将軍を亡命させることでした。しかし、真の目的は「サーカス」内部に潜伏する2重スパイの「もぐら」をあぶり出すことです。
将軍の側近と接近して、カフェしているプリドーでした。ウェイターに扮した暗殺者に撃たれてしまいます。
その後、引退に追いやられたコントロールは何者かに殺されます。そしてサーカスの幹部達は、レイコン次官に「隠れ家」の出費をお願いします。
レイコン次官に緊急の電話がかかってきます。「もぐら」を察知した工作官のリッキー・ターからでした。
コントロールの右腕で引退していたジョージ・スマイリーに、レイコン次官は「もぐら」のあぶり出しを依頼します。
ジョージはサーカスの中堅幹部のギラムなど人材を確保します。コントロールの自室に向かうと、チェスにサーカス幹部達の写真が貼ってあるのを発見します。
コントロールは幹部達に愛称をつけていました。テイラー、ティンカー、ソルジャー、プアマン、ベガマンの5人が「もぐら」の容疑者です。
以前、「ティンカー」ことパーシー・アレリンは「ウィッチクラフト」と呼ばれる極秘重要人物から、ソ連の軍事機密を手に入れていました。
その人物は政府によって極秘にされます。サーカスの幹部達も誰かは分からなくなっています。

【承】- 裏切りのサーカスのあらすじ2

ギラムは記録保管庫に調べに行くようにジョージから指示されます。そしてコントロール達が引退してから解雇された人物を見つけます。
ジョージは解雇された分析官のコニーに話しを聞きます。コニーはソ連大使館のポリヤコフを疑って解雇されたのです。
当時、ソ連のカーラが秘密部隊を作っている噂がありました。ポリヤコフが軍人たちといる映像をコニーは察知したのです。
ジョージはリッキー・ターの居場所を見つけます。彼から事情を聞くと、任務でボリスという男を調べていました。
ボリスの妻のイリーナと出会って、リッキーは恋に落ちてしまいます。イリーナは実はソ連の情報部にいて、「もぐら」に関する重要な情報を持っていました。
リッキーに情報を喋った翌日、彼女は連れ去られて船に乗せられます。リッキーは彼女を救うことができず、身の危険を感じて逃げていました。そしてレイコン次官に電話をして現在に至ります。
アレリンは電話を盗聴していました。保管室に調べに行ったギラムが呼び出されます。リッキーについて白状を迫られます。
隠し通すギラムに、アレリンはリッキーが裏切り者だと吹き込みます。動転しているギラムはジョージの潜伏先に向かいます。
リッキーがいて怒りをあらわにします。しかし、冷静なジョージが「もぐら」によって、リッキーを裏切り者に仕立て上げていると論じます。

【転】- 裏切りのサーカスのあらすじ3

ジョージはギラムに、昔カーラに会った時の話しをします。1度しか会ってなく、顔は分からないと言います。
その後、ジョージは昔の事を思い出します。妻のアンがテイラーことビル・ヘイドンと不倫している時の事です。
次にジョージはプリドーが殺された日の事を、当直だったジェリーに話しを聞きに行きます。ジェリーはコントロールに指示を仰ぎに行きますが、放心状態で困り果てます。
緊急連絡先のジョージの自宅に電話をしますが、アンからベルリンにいると答えられます。その後、ビルが駆け付けて指示をもらいます。プリドーの関係性を全て消すことにしたのです。
ビルは電信機で知ったと言いますが、その時間に動いているはずがありません。ギラムはビルを疑います。
しかし、ビルはアンのいる家にいたから分かったのです。ジョージが出張している間に、愛人のビルは家にきていたのです。
なぜか死んだはずのプリドーの口座に送金が行われていました。実はプリドーは生きていたのです。ジョージが会いに行って事情を聞きます。
捕まって拷問にかけられたプリドーは全てを話したと言います。コントロールがどこまで「もぐら」について知ってるかも聞かれてしまったのです。
プリドーは拷問で時間稼ぎをして、仲間を逃がそうとしました。しかし、全員捕まりました。しかも、プリドーが情報を売ったためと仲間には言われました。

【結】- 裏切りのサーカスのあらすじ4

その後、プリドーは「プアマン」ことトビー・エスタヘイスから金をもらって逃がされます。そして現在は子供達の教師をしていました。
ジョージはレイコン次官と大臣に真実を話します。出資している隠れ家で、ウィッチクラフトとアレリン達が密会していることを話します。
ウィッチクラフトはソ連のポリヤコフだったのです。ポリヤコフは情報を提供すると見せかけて、「もぐら」から情報を受け取り、カーラに渡すことを目的としています。
イギリスはアメリカ情報部とも提携を決めていました。アメリカの情報入手のために、カーラがサーカスを利用していたのです。
コントロールはウィッチクラフトを信じませんでした。大臣達が彼を追いやった事が事態を招いたのです。
エスタへイスを呼び出したジョージは、彼を送還しようと脅します。嫌がるエスタへイスは隠れ家の住所を吐きます。
リッキーがサーカスに重要な情報があるとメッセージを送ります。「もぐら」が動いて、カーラと接触を図ります。
隠れ家に潜んでいたジョージが見たのは、「もぐら」ことビル・ヘイドンでした。
逮捕されたビルは移送準備で拘留されます。ジョージが面会に行くと、アンへの手紙とジョージへの口止め料を渡してきます。
プリドーはライフルでビルを射殺します。ジョージはアンに手紙を渡して、サーカスの長官として就任します。

関連する映画

サスペンス映画

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、奥の深いストーリーが見所です。登場人物も多くて難しく感じると思います。何度か見ることをお勧めします。
逆に言うと、それは何度でも見て楽しめる完成度の高い作品とも言えます。様々な海外の賞を受賞した作品で、興行収入は8000万ドルを超えるヒットになりました。
作品のヒットを促したのは、ストーリーだけでなく豪華キャスト達の素晴らしい演技の数々だと思います。全員が主役だと感じてしまうほどの圧巻の演技をどうぞ御覧ください。
「ポール・スミス」がファッションにおいて協力をしています。その衣装を見ることができるのも今作の魅力です。
渋いスパイもののサスペンス映画を観たい時はコレに決まりです。

映画の感想を投稿する

映画「裏切りのサーカス」の商品はこちら