「野性の証明」のネタバレあらすじ結末

野性の証明の紹介:1978年公開の日本映画。森村誠一の同名小説の映画化。特殊能力を持つ生き残りの少女と、東北虐殺事件現場に居合わせた自衛隊員が、国家の陰謀に巻き込まれる様子を描いた作品。

この映画を無料で観る

予告動画

野性の証明の主な出演者

味沢岳史一等陸曹(高倉健)、越智朋子(中野良子)、越智美佐子(中野良子 一人二役)、北野刑事(夏木勲)、長井頼子(薬師丸ひろ子)、大場成明(舘ひろし)、井崎昭夫(梅宮辰夫)、渡会登(原田大二郎)、和田陸将(丹波哲郎)、皆川二等陸佐(松方弘樹)、大場一成(三國連太郎)

野性の証明のネタバレあらすじ

【起】- 野性の証明のあらすじ1

味沢岳史は自衛隊内の特殊工作隊で優秀な成績を収める隊員でした。特殊工作隊は非常時に備え、秘密裏で過酷な練習をする部隊です。
東北山中で訓練中の味沢は、越智美佐子という女性と出会いました。弱った味沢を見て助けを呼びに、美佐子は集落に降りていきます。
そこで惨劇が起きました。12名の人間が殺され、犠牲者の中に美佐子もいました。
集落で唯一の生存者は13歳の少女・長井頼子ですが、頼子は事件のショックで記憶喪失になり「青い服を着た男」とだけ言います。事件を担当したのは北野刑事でした。
…1年後。
味沢は除隊して福島県羽代市で保険の外交員をしながら、頼子を養女にして育てていました。 この映画を無料で観る

【承】- 野性の証明のあらすじ2

ダムに水没した車が引き上げられ、車中から羽代新報の記者・立川の遺体が見つかりました。警察はホステス・明美と同乗した立川の飲酒運転の事故とみなします。
しかし立川の同僚・越智朋子は殺人だと思いました。立川は羽代市のある調査をしていたからです。
味沢も現場に来ました。ホステス・明美の夫・井崎が、明美に6000万円の保険金をかける契約を交わした直後だったからです。
現場で朋子を見た味沢は驚きました。1年前、東北山中で出会った女性・美佐子とそっくりだからです。それもそのはず、朋子は美佐子の妹でした。
羽代市の実権を牛耳るのは、大場総業会長・大場一成です。立川はその不正を暴くネタを握り殺されました。

【転】- 野性の証明のあらすじ3

立川の死に不審を抱いた朋子は調査を始め、暴走族に襲われます。味沢が助け、朋子と味沢は惹かれ合いました。
大場総業は中戸組と通じており、暴走族のボスは大場一成の息子・成明です。彼らは羽代市の警察、メディア、権力を牛耳っていました。
その頃、北野刑事は東北の大量殺人事件の捜査で味沢を疑います。この事件は、頼子の父が錯乱して起こしたものとして片付けられていました。
頼子に特殊な予知能力が生まれます。頼子を専門医に診せた味沢は、頼子の深層心理に味沢への憎悪があると知らされました。
味沢には秘密がありました。頼子の父・孫市を殺したのは味沢でした。しかしそれは錯乱した孫市が娘・頼子を殺そうとしたからです。

【結】- 野性の証明のあらすじ4

東北の大量殺人事件の犯人は孫市で間違いなく、味沢は孫市を咄嗟に殺しただけです。しかし罪悪感から味沢は頼子を引き取るため、除隊しました。味沢は朋子に全てを語ります。
頼子が朋子の死を予言して味沢は急ぎますが、朋子は大場一族に殺された後でした。大場の一派が襲いかかり、味沢は単独で退けました。北野刑事は味沢を逮捕します。
しかしまだ味沢を狙う者がいました。特殊工作隊・渡会です。国家機密・特殊工作隊の存在を知る味沢を殺す司令が、下されていました。
自衛隊は演習名目で味沢、頼子、北野を囲みます。頼子が死に、北野刑事は戦車に車で立ち向かって自爆し、死んだ頼子を背負った味沢は、戦車の群れに向かいました。

みんなの感想

    としさんの感想

    いまテレビで最後の所だけ見てます。このあらすじ役立つました。ありがとうございます。

    けーけーさんの感想

    大好きな映画でした。高倉健さんがかっこよすぎます。
    途中からでしたので忘れかけていたあらすじ助かりました。

映画の感想を投稿する

映画「野性の証明」の商品はこちら