「金田一少年の事件簿上海魚人伝説」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

金田一少年の事件簿 上海魚人伝説の紹介:美雪の文通相手で上海に住むレイリーの父が殺され、助けを求められて上海に渡ったはじめと美雪は中国雑技団を舞台に繰り広げられる連続殺人事件に挑む。1997年公開。監督:堤幸彦。同名漫画を原作とする初代TVドラマシリーズの完結編として制作・劇場公開された。実際に上海ロケを行い制作されたが、中国の警察が日本の探偵に負けるという内容だったため、香港以外の中国では上映禁止となった。

この映画を無料で観る

金田一少年の事件簿上海魚人伝説の主な出演者

金田一一[はじめ](堂本剛)、七瀬美雪(ともさかりえ)、剣持勇(古尾谷雅人)、楊蕾麗[ヤン・レイリー](水川あさみ)、楊小龍[ヤン・シャオロン](陳子強)、藤堂壮介(中尾彬)、マルチナ(アダ・マウロ)、西村志保(佐貫真希子)、幸田裕司(橋本さとし)、李波児[リー・ポール]刑事(修健)、楊達仁[ヤン・ターレン](何子嵐)、葉四蘭[ヨウ・スーラン](翠玲)、小林哲治(穂積ぺぺ)、真壁誠(佐野瑞樹)、佐木竜太(原知宏)

金田一少年の事件簿上海魚人伝説のネタバレあらすじ

【起】- 金田一少年の事件簿上海魚人伝説のあらすじ1

美雪ははじめを連れて文通相手のレイリーの住む上海へ行きます。
雑技団の団長をしているレイリーの父がデリンジャー銃で撃たれて片耳を切り取られ仮面を被った死体となって発見されて、犯行時刻に唯一アリバイがなかったレイリーの兄シャオロンが容疑者となっていました。
レイリーははじめに兄を助けてと頼みますが、日本人が嫌いなシャオロンははじめに反発します。
レイリーも団員の1人で、日本に公演に来た時美雪と知り合いました。
雑技団の看板の出し物は「魚人遊戯」という演目で、舞台上の水槽で魚人に囚われた姫が春夏秋冬の4つの衣装と仮面を水中早変わりするというものです。
団長の死体に被せられていたのは春の仮面でした。
それを見た団員のチャン老人は「スーランが戻って来たんじゃ」と言います。
スーランとはかつて魚人遊戯で姫を演じていた花形女優でしたが、6年前何者かに化粧水に硫酸を入れられて顔に酷い火傷を負い、呪いの詩を残して自殺しました。
スーランを祀る祭壇にあった残りの夏・秋・冬の仮面も消えていました。
劇団にはプロデューサーの藤堂、留学生の西村志保、カメラマンの幸田の3人の日本人がいました。

【承】- 金田一少年の事件簿上海魚人伝説のあらすじ2

事件を担当するリー・ポール刑事は劇場と横を流れる河で凶器を捜索させますが見つかりません。
翌日、劇場に「春の次には夏が来る」と次の犯行を予告する紙が貼られます。
はじめは楽屋にいた曲芸用の熊にエサをやろうとして、レイリーに「エサを与えると芸をしなくなる。それにその熊は私からしかエサを食べない」と言われます。
その夜、公安が団員と観客全員に身体検査で凶器の所持を調べてから公演が始まります。
魚人遊戯でスーランの後釜で姫を演じている藤堂の愛人のマルチナがいなくなり、レイリーが代役をやることになりますが、舞台が暗転して明かりが点いた瞬間、水槽の中には額を銃で撃ち抜かれたマルチナの死体が浮かんでいました。
夏の仮面を被り、呪いの詩の通り舌を切られています。
凶器は団長と同じデリンジャー銃でしたが今回も発見できません。
今回もアリバイがないのはシャオロンだけで、シャオロンは逮捕されますがはじめの手引きで逃げ出します。

【転】- 金田一少年の事件簿上海魚人伝説のあらすじ3

はじめとシャオロンは、シャオロンの父の郷里の家へ逃げます。
父の部屋の柱時計の中から大金を見つけたシャオロンは、お手伝いのメイから父が藤堂と組んで日本で盗んだ物を雑技団の船で運んでいたと知らされます。
その部屋で7年前に日本で起きたトラック運転手が轢き逃げされた事件の新聞の切り抜きを見たはじめは、日本の剣持警部に電話して事件を調べてもらいます。
はじめは犯人には右手の甲に蛇の刺青があると聞いて、藤堂に同じ刺青があったのを思い出します。
はじめはシャオロンに誓います。
「必ず俺が真犯人の正体を暴いてやる。ジッチャンの名にかけて!」
しかしはじめとシャオロンが劇場に戻った途端、藤堂が右眼を撃たれ秋の仮面を被った死体となって発見され、はじめは魚人の仮面を付けた犯人に襲われ熊の檻の前に追いつめられますが、なぜか魚人ははじめを撃たずに去って行きます。
シャオロンは逮捕され、はじめは美雪と日本から来たばかりの剣持警部と共に国外退去になり空港へ連行されますが、そこで凶器の隠し場所が解って犯人の正体が閃きます。
「謎はすべて解けた!」 この映画を無料で観る

【結】- 金田一少年の事件簿上海魚人伝説のあらすじ4

凶器の隠し場所は熊の腹の中でした。
犯行後にデリンジャー銃を肉に挟んで熊に食べさせ、翌日排泄物の中から回収してまた使っていたのです。
それが可能なのは、熊にエサを与えられるレイリーだけです。
レイリーは、本当は日本人でした。
7年前のクリスマス・イブの夜、藤堂とマルチナはレイリーの父の運転するトラックを盗んで父を轢き殺しましたが、トラックの荷台には幼いレイリーが隠れていました。
中国に運ばれたトラックからレイリーを見つけたヤン団長は、密かに自分の娘として育てたのです。
団長は藤堂に盗みの共犯に巻き込まれたことを悔いて自殺しました。
それを発見したレイリーはとっさに他殺に見せかけ、スーランの復讐を装いマルチナと藤堂を殺し、最後は自殺を偽装して本当の自分に戻って日本に帰るつもりでした。
レイリーはナイフで自殺しようとしますが、止めようとしたシャオロンが代わりに刺されます。
シャオロンはレイリーに「ずっと、好きだった」と告白しました。
日本に帰った美雪は、はじめに父の転勤で引っ越すことになったと告げます。
「はじめちゃんのこと、ずっと好きでした」
イヤホンで音楽を聞くはじめにそう言って立ち去る美雪に、後ろからはじめが声をかけました。
「俺もだ」

関連する映画

サスペンス映画

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「金田一少年の事件簿上海魚人伝説」の商品はこちら