ウィンターズ・ボーン

「ウィンターズ・ボーン」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

ウィンターズ・ボーンの紹介:ダニエル・ウッドレル原作。サンダンス映画祭グランプリ、アカデミー賞主要4部門ノミネートなど、多くの映画賞に輝いた作品。小さな村で必死に生きる17歳の少女。心を病んだ母親と妹、弟を背負って生きる力強さに心を揺さぶられます。

映画「ウィンターズ・ボーン」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「ウィンターズ・ボーン」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

ウィンターズ・ボーンの主な出演者

リー・ドリー(ジェニファー・ローレンス)、ティアドロップ・ドリー(ジョン・ホークス)、リトル・アーサー(ケヴィン・ブレズナーン)

ウィンターズ・ボーンのネタバレあらすじ

【起】- ウィンターズ・ボーンのあらすじ1

アメリカ中部、オザーク高地の村に住む17歳のリー。リーはこの閉鎖的で周りは皆親戚と言ってしまっても良いくらい孤立した小さな村で、幼い弟と妹をかいがいしく面倒を見て、心を病んだ母親の世話もして暮らしている。長らく不在だった父親はドラッグの密造で逮捕され、保釈後行方不明になってしまっている。

【承】- ウィンターズ・ボーンのあらすじ2

ある日保安官がリーの所に来て、「父親は保釈金の担保として家と土地を当てており、父親が裁判に出廷しなければ家も土地も失い、家族は住む場所が無くなる」ことを告げる。リーはどこに居るか分からない父親を当てもなく捜し始める。その中で、叔父にあたるティアドロップを訪ねるが、冷たく突き放されてしまう。それ以外にも街の人々に聞いて回るが、皆父親の失踪には口を閉ざし、何か隠しているような素振りがあった。

【転】- ウィンターズ・ボーンのあらすじ3

裁判当日、父親は出廷しなかった。その結果リーは一週間以内に立ち退くように告げられる。そんな折、ティアドロップはリーに父親はもう死んでいるというようなことをほのめかす。リーはもし父親が死んでいれば、その証拠を提出することで立ち退きしなくても良いということを知り、必死に父親の行方を、何か事件に巻き込まれたのではないかという情報を元に再び捜し始める。

【結】- ウィンターズ・ボーンのあらすじ4

父親は村の掟に背いたという理由で殺されていることを突き止めるが、それはリーに対しても同じく厳しい処罰がくだされ、リンチを受ける。しかし、ティアドロップが助け出し、ついに凍り付く湖に連れて行く。そしてリーは湖に沈んでいた父親の一部を、自らチェーンソーで切り取り、証拠として提出する。結果リーたちは立ち退くことは免れた。リーの目の前では、父親の形見として渡された楽器で弟が遊んでいる。

関連する映画

サスペンス映画

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ウィンターズ・ボーン」の商品はこちら

ウィンターズ・ボーン スペシャル・プライス [DVD]